スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第13節 vsFCmm 東京ドームスポーツセンター東久留米

第16回関東フットサルリーグ(1部)13節

10/18(土)東京ドームスポーツセンター東久留米で関東リーグ1部13節が行われました。


開催日2 0 1 4 年 1 0 月 1 8 日
試合開始 1 2 : 5 5 開始
観客数 104人
会場東久留米スポーツセンター

主審 住岡弘士
第2審判 浅井啓一
第3審判 川村勝治
タイムキーパー 松田統



前節柏に勝利して2位との差を拡げることに成功したファイル。
残留争いのために負けられないFCmmとの対戦。

ファイル
GK 12大平優紀、13安藤真之
FP 2瀬戸真司、3平山保彦、4工藤敦史、6佐藤雅啓、7徳嶽裕太、8山本真太郎、10小原聖士郎、14丸紘生、15長尾龍、16江良祐哉、18西川智也、21田辺凌

FCmm
GK 1安藤雅弘、25沼田次広
FP 5小出隆弘、7河井徹也、9千葉一貴、10船橋範人、11田野彰大、13平翔伍、17須崎公太、18目良拓磨、19大貫秀彰、23吉原亮、34田中雅也

今節プレーイングマネージャーの吉成先生は学校行事の運動会の為不在。
前節は累積で出場停止だったので2試合連続で監督不在。
替わってファーストセットに入ったのは21田辺!
練習の段階では15長尾が入る可能性もあったと聞くが最終的にチャンスを掴んだのは田辺。


スターティング5
ファイル
GK:13安藤 FP:2瀬戸、6佐藤、7徳嶽、21田辺
mm
GK:1安藤 FP:5小出、13平、17須崎、34田中

ファイルボールでキックオフ。


開始からアグレッシブに攻めるファイル。


2nd
18西川 14丸 3平山 15長尾

二分半くらいでセカンドセットへ交代。

そして得点が生まれる!

03'06"
右サイド14丸が短いドリブルからゴール前へ絶妙なパス!
これを走り込だ3平山がしっかり流し込む!

FCmm 0-1 ファイル


05'42"
右サイド角度がない所から34田中が強烈なシュートを突き刺す!

FCmm 1-1 ファイル


3rd
10小原 16江良 4工藤 8山本


10'39"
左サイド2瀬戸がボールを持ちながらゴール前へドリブル。
ゴール前に敵味方のかなりの人数がいた中
中を向きパスを匂わせながらトゥーでニアサイドへ速いシュート。
上から見ていても一瞬度肝を抜かれるクレバーなプレー。

FCmm 1-2 ファイル

16'42"
ペナルティエリア内の右サイド7河井が中央にヒールで落とすと走り込んだ19大貫がファイルDFともつれながらもゴールに押し込む!

FCmm 2-2 ファイル

17'01"
左角侵入した7徳嶽がGKを外した絶妙な折り返し!
これを中央で待ってた21田辺が落ち着いて無人のゴールへシュート!

FCmm 2-3 ファイル

再びファイルがリード。
前期の対決は6-1でファイルが勝っていたが、
取って取られてのシーソーゲーム!


17'37" タイムアウト  mm
前半のうちになんとかもう一度追い付きたいmm。
このまま前半を終わらせたいファイル。

それぞれの思いが前半終了間際の攻防に見える。

そしてこのまま前半終了
FCmm 2-3 ファイルフォックス府中


mmボールで後半開始。


20'22"
左CK。キッカー2瀬戸からファー21田辺へパス。受けた田辺が角度がない所から流し込む!
FCmm 2-4 ファイル

後半開始早々で追加点。
まだファイルの勢いが止まらない。

20'55"
攻め込むmm。自陣に押し込まれ守るファイル。
そこからボールを奪って空いたスペースに山なりのボールが出る。
カウンターで走る6佐藤。ボールを受けたままスピードを落とさずに一気にゴール前へ進む。
1対1の形になり、飛び出すmmゴレイロ。ペナルティエリアぎりぎりのところで迎え撃つ!
6佐藤がシュートが打つもゴレイロがブロック。
そのこぼれ球を追いかけてきた21田辺がPA外やや右からゴレイロの頭上を抜くループシュート。
ボールがゴールに吸い込まれる瞬間にシュートを打った勢いでゴレイロと入れ替わっていた6佐藤が
触りゴール!
得点ランキング2位の6佐藤がちゃっかりゴールを稼ぐ!
まさにごっちゃんゴール!

FCmm 2-5 ファイル

後半早い時間にリードを3点まで拡げたファイル。

しかしまだまだファイルの勢いは止まらない。
リードしているにも関わらず前からのプレスを緩めない。
徐々に押されて足が止まってくるmm。

ショートカウンターを仕掛けるファイル。
その姿勢が実を結ぶ。

サードセットからファーストセットへの交代。
佐藤、徳嶽、田辺がピッチに入るが、
10小原がなかなか2瀬戸と交代せずに引っ張る。

相手のキックインにも積極的にプレスを仕掛ける。

27'38"
10小原が相手ゴール前、FCmm底辺のFPに積極的にプレス!
ボールを奪うと豪快にゴール右上にシュートを突き刺す!
ついに関東リーグ初ゴール!

FCmm 2-6 ファイル

昨年ファイルに入団した10小原聖士郎。
台所事情が厳しかった昨年のファイルの中でも期待されて、
開幕からベンチ入りしていた聖士郎。
ピッチに立つも緊張からか練習やトレーニングマッチのような活躍ができないまま、
迎えた夏に半月板の損傷から手術。
リハビリをして復帰を果たすもゴールを生まれず。

今年に入って、成立の後輩の丸をはじめ、新入団の選手も続々とゴールを決める中、
聖士郎のゴールは遠かった。
西川が復帰するまでは
ベンチに入っている選手の中で、ゴールがないのはゴレイロと聖士郎だけという状況。
いくつもの惜しいシュートがある中、またぎのドリブルも対応されてきて、
ついには柏戦ではベンチ外に。

そしてベンチ入りを果たした今節。
ついに聖士郎のゴールが決まった!
待ちに待った聖士郎の初ゴール!

ベンチが、サポーター席のサポも選手もみんなが自分のことのように喜ぶ。
本当におめでとう聖士郎!


28'45" タイムアウト mm
4点差を追いかけるmm。
残留を争うリガーレは第一試合で勝利している。
負けることはできない気持ちは、優勝を争うファイルも残留に望みを掛けるmmも同じ。


34'19"
PA内での接触がファールとなりFCmmがPK獲得。
これを9千葉がしっかり決める。

FCmm 3-6 ファイル


35'25"
相手陣内でボールを奪った6佐藤。
ドリブルでPAに侵入するも、DFに上手くコースを切られて左へ流れてゴールラインを割るかに見えた。
角度のないところからのループシュート。誰もが?の中、一瞬時が止まった。
ゴールに吸い込まれるボール!
これが見事に決まって追加点。

絶対無理かと思って、サポ席も「切り替え」と叫ぼうと切り替えていたために一瞬何が起こったかわからないw

FCmm 3-7 ファイル

36'47"
左サイドで7徳嶽がボールを奪うと、そのままドリブル。
GKとの一対一をしっかり制しゴール!

FCmm 3-8 ファイル

久々のキャプテン徳嶽のゴール!
このゴールの後、
12大平優紀がピッチへ。

今期始まってからアルティスタから移籍してきた大平。
8月末に選手登録をした大平がついにファイルでデビュー!

緊張からかやや落ち着かないながらも
しっかりコースを切ってゴールを守る。

しかしながらmmは最後の気力を振り絞って攻めてくる。
若いセットはバタバタ気味。

その流れを変えるべく動くベンチ。

39'12" タイムアウト ファイル

残り一分を切って
最後の最後でやることを確認。

そしてそのまま
試合終了


FCmm 3-8 ファイルフォックス府中

終わってみれば、7月の対戦時と同じ5点差。
お互いが2点ずつ成長しての対戦という結果。

FCmmは関東1部昇格した直後は、
迷いや悩みあったのか、
前に速いフットサルの面白さに陰りが見えた時期がありましたが、
連勝して対戦した今回は非常に強くて上手いチームでした。
結果的に点差は開きましたが、危ない場面もたくさんつくられ、
若手主体のファイルは厳しい試合となりました。
しかしながら、最後まで気持ちを切らさずに
勝っているとは思えないほどの気迫でゲームを進める彼らが
本当にたくましくてうれしくなりました。

11吉成圭監督不在の中、
開始22秒の3平山保彦のゴールから始まった今節。
何といっても10小原聖士郎の初ゴールが嬉しかったです。
12大平優紀の初出場に、
得点ランキングを狙う6佐藤雅啓と2瀬戸真司のゴールもあり、
久々のキャプテン7徳嶽裕太のゴール。
そしてゴールを盗まれた21田辺凌のほぼハットトリックもあり、
非常にいい形で中断期間に入りました。

次節は11/29(土)滝野川体育館でのゾット早稲田戦。
ここのところ調子を落としているゾット。
NOVOに5-4で勝利して、少し上向いた状態で中断期間に入りました。

お互いにいい形で中断期間を迎え、
リーグ再開が待ち遠しいです。

とりあえず、これから1ヵ月は首位キープが決まりました。

しっかり休んでいい準備をしてリーグ再開を迎えましょう!
スポンサーサイト
[ 2014/10/21 18:24 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

今週は近いぞ!東久留米で熱い闘いを見よ! vsFCmm at東久留米スポーツセンター(東京都)

今週は近いぞ!東久留米で熱い闘いを見よ! vsFCmm at東久留米スポーツセンター(東京都)

第16回関東フットサルリーグ1部 第13節

10月18日(土)、東久留米スポーツセンター(東京都)にて、
関東フットサルリーグ1部13節開催です。

栃木県南体育館での第12節。
ファイルフォックス府中は柏TORに勝利。
首位固めに成功。
目の前の1試合1試合を勝ち進んでいけば結果として優勝が手にできるところへ来ました。

しかし1つ負けると、今年の関東は混戦。
優勝は結果的に付いてくるものとして、まずは目の前の試合に集中です。


次節はFCmmと対戦。
勝ち点13で7位という順位ですが、
ここ2試合で2連勝して、遂にリガーレと勝ち点並んで7位タイに浮上しました。

FCmmの対戦成績

○5-3vsリガーレ東京
●2-3vsカフリンガ東久留米
●2-3vsバルドラール浦安セグンド
●1-6vsファイル
○4-3vsNOVO
△3-3vsブラックショーツ
●7-8vsゾット早稲田
●4-5vs柏TOR
●0-2vsリガーレ
○5-1vsカフリンガ東久留米
○4-2vsバルドラール浦安セグンド

前回の対戦では6-1と勝利していますが、
油断はできない相手です。

2部のMVPゴレイロの稲垣が開幕から怪我明けで調子が上がらず苦しんでいましたが
稲垣の復調と呼応するようにチームも調子を上げてきています。

FCmmのカウンターは縦に早くボールを入れて手数を掛けずにシュートまで持っていく。
このスピード感は見ごたえがあります。
ディフェンスが見劣りする分を補って余りある素早いカウンターの面白さ。
これがFCmmの見どころです。

昔のカフリンガや柏もカウンターが早かったですが、
両チームはドリブルの速さ。
mmの速さは、走り込んだ選手へのロングボールの速さが面白いと個人的に思います。
多少状態が悪くても縦に早くすることで、数的有利を作りだす。
この攻撃がはまったmmは怖い存在です。

首位固めをしたいファイル。
残留の為には順位を上げたいmm。
お互い負けられない一戦。



今週は東久留米と都内での開催。
ぜひ応援に来てください。
絶対に面白い闘いが見れます。
そしてファイルの試合、選手の試合に掛ける熱さを見に来てください。

どのチームもファイルとの試合では気持ちを出してきます。
相手をも熱くさせるチーム。
それが今年のファイルフォックスの魅力です。
全試合が名勝負です。

ファイル以外の試合も熱いです。
優勝争いを狙うチームはここから一つも落とせない状況。
まさにサバイバルゲーム。
本当に目が離せません。


[第16回 関東フットサルリーグ1部 第12節]
日程:10月18日(土)
会場:東久留米スポーツセンター(東京都)

[第1試合]
11:00 リガーレ東京 vs 柏トーア’82
[第2試合]
12:50 FCmm MENTE vs ファイルフォックス府中
[第3試合]
14:40 NOVO vs ゾット早稲田
[第4試合]
16:30 バルドラール浦安セグンド vs カフリンガ東久留米

オフィシャルの日程が変更されていませんが、
13節はカフリンガのホームゲームです。
第3試合と第4試合の順番が当初の予定と入れ替わっていますので
お気をつけください。

※入場無料。
※室内履きが必要です。
※公共の交通機関をご利用ください。

[東久留米スポーツセンター]
〒203-0011 東京都東久留米市大門町2-14-37
042-470-7900
東久留米スポーツセンター
http://www.shisetsu.jp/city.higashikurume_sc/

<東久留米スポーツセンターへのアクセス>
西武池袋線 東久留米駅下車 徒歩15分




北口出てバス通りをまっすぐ進む。



朝日新聞の販売店のある交差点を右折。
しばらく進むと左側に体育館が見えてきます。
車用の体育館左折の看板を無視して進むと、歩行者用の看板が見えてきますので、その小道を入ると体育館の裏口になりますので、表に回ると入り口があります。





タオルマフラー。
まだ在庫ありますので、会場にもっていきます。
ご希望の方は1200円で販売いたしますのでお声掛けください。

oc0522d (3)

オーシャンカップの入場時にアンセアムに合わせて
タオルマフラーを掲げました。
選手にも力になったと言ってもらえました。
ぜひ、選手の力になるようにサポーター席でお待ちしています。
[ 2014/10/17 12:58 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

第12節 vs柏TOR’82 栃木県南体育館

第16回関東フットサルリーグ(1部)12節

開催日 2 0 1 4 年 1 0 月 1 2 日
試合開始 1 4 : 4 6  開始
観客数 109 人
会場 栃木県立南体育館
マッチコミッショナー 谷上
会場責任者 露木
主審 田畑隆之
第2審判 櫻井伸也
第3審判 増田健太郎
タイムキーパー 橋本 隆
記録員 鰐淵

前節リガーレに勝利して首位に立ったファイル。
しかし2位タイの柏との直接対決。
ここで負けると順位が入れ替わる。
絶対負けられない闘い。

ファイル
GK 12大平優紀、13安藤真之
FP 2瀬戸真司、3平山保彦、4工藤敦史、6佐藤雅啓、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9小又祐孝、11吉成圭、14丸紘生、15長尾龍、18西川智也、21田辺凌

柏TOR'82
GK 12渡邊良太、20半田淳一
FP 2大森茂晴、4久保研二、5国本崇志、6西形章浩、8若林優汰、11青沼広己、14高橋凱人、16篠原一朗、18高村輝、19馬場和也、36中田典宏


関東フットサルリーグ1部12節。ファイルは柏と対戦。

スターティング5
ファイル
GK:13安藤 FP:2瀬戸、6佐藤、7徳嶽、11吉成

GK:20半田 FP:2大森、5国本、16篠原、19馬場

ファイルボールでキックオフ。

開始からアグレッシブに攻めるファイル。

00'45"
右サイド7徳嶽がボール奪うと左サイド前方6佐藤へパス。
巧みなコントロールからPA内へシュート性の折り返しを2瀬戸が落ち着いて蹴り込む!

柏トーア 0-1 ファイル


開始45秒で瀬戸の先制弾。
さらに攻めるファイル。
前からプレスを掛けて柏にペースを渡さない。

01'42"
右コーナーキック。
11吉成がファーに走り込んだ2瀬戸へライナー性のボール。
腰くらいの高さのボールを丁寧にインサイドで合わせてゴール!

柏トーア 0-2 ファイル

開始2分で瀬戸が2ゴール!
勢いがつくファイルベンチ!

セカンドセット
9小又 21田辺 3平山 15長尾

サードセット
18西川 14丸 4工藤 8山本


11'27"
ファイルペースで進む試合に、
流れを変えるべく柏がタイムアウト。

しかし、ファイルの攻勢は止まらない。

16'16"
今度はファイルがタイムアウト。
前半残り3分44秒をどう終えるかの意思の統一か。

16'54"
前半残り3:06
左CKからファーへループパス。
これを15長尾がボレーでミドルシュート。
低い弾道のボールにファーで21田辺が合わせてゴール!

柏トーア 0-3 ファイル

大きい追加点。


残り1分強、
柏トーアが19馬場をゴレイロにパワープレー!

まさかのタイミングでバタつくファイル。
既にタイムアウトを取っているため、このまま凌ぐしかない!
しかし、運よくファイルのセットはファーストセット。
柏のまさかのパワープレーにばたつきながらもこのまま前半終了。


前半は早い時間に瀬戸の2ゴールでペースを握り、
前プレも見事にはまりファイルがゲームを支配。
追加点で3点差にした後、
終了間際のパワープレーは予想外だったが、3-0で終えた。


後半スタメン
ファイル
GK:13安藤 FP:2瀬戸、6佐藤、7徳嶽、11吉成
柏柏トーア
GK20:半田、FP:2大森 、5国本、18高村、36中田

後半開始。

03'33"
後半残り16:27
後半になり柏が積極的に攻める。
前からプレスも掛けてくる。
ゴレイロ12安藤からのリスタート。

プレスが掛かっているため、投げところに迷いつつも
この日のファイルはプレス回避もしっかりはまっている。
近場につける。

柏が積極的に前プレ。
ファイルの回避が上手くいかない。
ハーフを越させずに右サイドでボールを奪った柏19馬場。
ショートカウンターで一気に中央へ切れ込む。
安藤が出るに出れない絶妙な距離でミドルシュート。
これが決まって1点返す柏。

柏トーア 1-3 ファイル


ここからは柏がペースを握る。
盛り上がる柏ベンチ。
逆に声がなくなるファイルベンチ。

長い時間柏ペースが続くがなんとか凌ぎきるファイル。
セカンドセット、サードセットを我慢強く使い続ける吉成監督。
この試練を乗り切った若手は絶対に成長する。
しかしながらベンチからの声がなくなるのは気になる。


残り6分53秒くらいから柏が19馬場をゴレイロにパワープレー。

セットをセカンドからファーストセットに戻すファイル。
そして相手のパワープレーを見て、
吉成と佐藤が、長尾、平山と交代。
守備固め。

35'01"
後半残り4:59
ファイル、タイムアウト

しかしながら柏ペースは変わらない。

なんとかボールを奪って攻めるファイル。
いい形で攻められそうもない時は無理せず相手陣内でキープ。
時間を使うことを優先しているようにも見える。

そしていい形でない柏には前プレでパワープレーをさせない。

しっかりボールを奪って柏ゴールへ攻める、


後半残り4:49

柏陣内へ攻め込んだファイルだが、悪い形でボールを奪われる。
柏カウンター。3対1で数的不利。
ここで、パワープレーに行くか一瞬で判断。
そのまま攻める柏。
中央からボールを受けた左サイド16篠原がしっかり決める!

柏トーア 2-3 ファイル

パワープレーではなくカウンターで失点。

その後、5ファールとなるファイル。
絶対絶命。

この状況を守ってこそファイル。
チーラする度に吼えて、守備でリズムを作る。

柏の反撃もここまで。苦しみながらも最後まで守り切りファイルが勝利。


瀬戸選手のブログにあるように、
今年のファイルのベンチ争いは熾烈。

今年初めてベンチを外れた選手。
もう一息な選手。
怪我をしてしまった選手。

ファイルは毎試合、ベンチに入れなかった選手のユニを持って写真を撮っている。
全員の場合とそうでない場合があるが、これってすごくいいなと思う。

一緒に闘おう。

そうベンチ外の選手に語りかけているように感じる。

今日の後半のベンチを見ると柏がすごく声が出ていた。
しかしファイルのベンチ外の選手はしっかり声を出して全力で戦っていた。
ベンチも観客席で見ることしかできない選手も、サポーターも全員で闘っての勝利だと思う。

次も勝っていこう!
[ 2014/10/17 12:23 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

首位ファイル!目指せこのまま頂点へ! 栃木県立県南体育館(栃木県)

首位ファイル!目指せこのまま頂点へ! 栃木県立県南体育館(栃木県)

第16回関東フットサルリーグ1部 第12節

10月12日(日)、県南体育館(栃木県)にて、
関東フットサルリーグ1部12節開催です。

館山運動公園体育館での第11節。
ファイルフォックス府中はリガーレ東京に勝利。
ついに首位に立ちました。

1位20点から5位16点までの勝ち点の差1点ずつでつけています。
5位まで勝ち点4と混戦です。

次節カフリンガは運営のため試合がありません。
この機に乗じて一気に2位との勝ち点を拡げたいところ。

そしてカフリンガと勝ち点18で並んでいる柏との対決。
ここで負けると1週間で首位が交代してしまいます。

お互い負けられない一戦。

柏との対戦はに昇格してからの対戦成績は
2011年には2分け。
2012年、2013年は負けなし。
今期の1回目の対戦も勝利。
しかしながらピヴォチャンでは敗北しているので油断は禁物です。

今期の柏は序盤こそ、勝って負けての繰り返しからここ3試合は
カフリンガを含む3連勝。調子を上げてきています。

●2-8vsカフリンガ東久留米
○5-1vsNOVO
●2-8vsファイル
○4-0vsリガーレ
●1-2vsブラックショーツ
○5-2vsバルドラール浦安セグンド
●3-6vsゾット早稲田
○6-5vsFCmm
○5-4vsカフリンガ東久留米
○5-2vsNOVO

今週も栃木と遠いですが、絶対に見逃せない一戦。

ファイルと柏だけではなく
優勝争いを狙うチームはここから一つも落とせない状況。
まさにサバイバルゲーム。
本当に目が離せません。


[第16回 関東フットサルリーグ1部 第12節]
日程:10月12日(日)
会場:栃木県立県南体育館(栃木県)

[第1試合]
11:00 リガーレ東京 vs ゾット早稲田
[第2試合]
12:50 NOVO MENTE vs ブラックショーツ
[第3試合]
14:40 柏トーア’82 vs ファイルフォックス府中
[第4試合]
16:30 FCmm vs バルドラール浦安セグンド

※入場無料。
※室内履きが必要です。
※公共の交通機関をご利用ください。

[栃木県立南体育館(栃木県)]
栃木県小山市外城371番地1
0285-21-0021
栃木県立南体育館
http://www.pref.tochigi.lg.jp/m07/education/sports/shisetsu/kennantaiikukan.html

<アクセス>
JR小山駅西口から小山市コミュニティバス(愛称:おーバス)で10分(「温水プール館前」停留所下車)

JR小山駅西口からタクシーで10分
[ 2014/10/09 12:17 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

第11節 vsリガーレ東京 館山運動公園体育館

第16回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 4 年 1 0 月 0 4 日
試合開始 1 6 : 3 5  開始

会場 館山運動公園体育館

主審 中出隼人
第2審判 板並勝
第3審判 石岡マルシオ
タイムキーパー 木村拓


16'40" リガーレ タイムアウト
32'48" ファイル タイムアウト
36'31" リガーレ タイムアウト





館山で開催された関東フットサルリーグ。

第一試合で8位のmmが首位カフリンガを5-1で破るジャイアントキリング!

第二試合はセグンドがOGで失点。
セグンドは上手いのだが後ろやサイドで球を回し怖いところでの勝負はショーツが体を張り守り切る。
OGが決勝点となりショーツが勝利。

第三試合、序盤は柏がペースを握りリードを奪う。
後半NOVOが怒涛の攻めを見せるも半田が好セーブを連発。
反撃を許さず柏が勝利!

この結果、ファイルは今日勝てばカフリンガを抜いて首位に立つという条件が揃った。

第四試合、ファイルvsリガーレ。
ファイルボールでキックオフ。

第四試合、ファイルvsリガーレ
吉成監督は累積で出場停止。ベンチ外の選手とともにサポーター席での観戦。
前期に続き西野監督とのプレイングマネージャー対決はお預け。
ファイルは監督代行で松村栄寿。

ファイル
GK 12大平優紀、13安藤真之
FP 2瀬戸真司、3平山保彦、4工藤敦史、6佐藤雅啓、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9小又祐孝、10小原聖士郎、14丸紘生、15長尾龍、18西川智也、21田辺凌

リガーレ
GK 21山本一春、53柴田健司
FP 4碓井孝一郎、5田嶋健一、7西野宏太郎、8永谷知里、9岩澤輝、10松浦英、11高橋政之、12小山浩史、15武田 潤、20大澤周平、28古屋慧


累積の11吉成の代わりにベンチに入ったのは、18西川智也!開幕前のトレーニングマッチで負傷し、ずっとリハビリを続けていた。
8月に入って練習復帰。しかしその初日にまたしても負傷。ようやくベンチ入りを果たした。本当に長かった。
そして、シーズン途中に加入したゴレイロ12大平がこの日初めてベンチ入り。

ファイル先発
GK:13安藤、FP:2瀬戸 6佐藤 15長尾 7徳嶽
リガーレ先発
GK:53柴田、FP:10松浦 4碓井 12小山 11高橋

リガーレが昨年一部に昇格してからの3戦はいずれも引分け。
お互い決着をつけようと気合が入る。
ファイルボールでキックオフ。

開始一分もしないうちに10松浦がチーラ。
ファイルのお株を奪うように吼える!

この気合に触発されたか、
リガーレの選手が気合の入ったプレーで球際の勝負が熱くなる。

累積の吉成の代わりにチャンスを掴んだのが、怪我から復帰した西川!
前半サードセットで関東一部デビュー!

先制したのはファイル。

前半7:52。
左サイド2瀬戸から中央の6佐藤へ絶妙なパス。
これを合わせてゴールを揺らす。

ファイル 1-0 リガーレ

均衡が破れたことにより、両チームともによりプレーが熱くなる。
プレーも荒くなってくる。そこはヒートアップしないで欲しい。
熱くなって欲しいが荒くはなってほしくない。

両チームともにアグレッシブに行く。
リガーレのカウンター。
田辺が止める。
サポーター席からは見えなかったが、21田辺に警告が出る。

09'21" 21田辺凌 C1反スポーツ

そしてその直後得点が生まれる。

2点目もファイル。
09'59"
3平山のシュートのこぼれを14丸が蹴り込む。

ファイル2-0 リガーレ


更にヒートアップする両チーム。
接触プレーも増え一触即発。

そんな中、残念なプレーも
タッチラインを割ったボール。
リガーレボールのキックインで再開のところを平山がボールを外に蹴りだす。
このプレーが遅延行為と取られ警告。

16'34" 3 平山 保彦 C5 遅延行為

残念すぎるイエローカード。
こんなイエローカードはいらない。

綺麗ごとかもしれないが、
両チームが正々堂々と戦う試合がみたい。

それはマリーシアではない。
ウィキペディアで調べるとマリーシアという言葉は
「ずる賢い」という意味ではなく「機転が気く」「知性」という意味がある。

本来、「駆引きを行い試合を優位に運ぶ」行為を指し、
「ルールの裏をかく」といった反スポーツ的な意味合いはない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

本当に猛省してもらいたい。
これで大事な試合に累積で出れないとかは本当に残念すぎる。

そしてそのまま
前半を2-0で終える。

前期の試合では先制しながらも追いつかれ逆転された。
まだまだ気が抜けない点差。



後半はリガーレボールでキックオフ。

時間が立つに連れヒートアップする両チーム。
熱くなるのはいいがゲームが荒くなってくるのは本望じゃない。
ファールが貯まる。

先に5ファールになったのはリガーレ。

そして第二PK。
7徳嶽が蹴るも53柴田が弾く。
こぼれに詰める両チームだがリガーレがチーラ!

36'31"
残り3分半。リガーレタイムアウト。

10松浦をゴレイロにパワープレー開始。
ファイルもファーストセットに戻し守りを固める。
ボールが動くたびにサボらずに寄せる。
これを繰り返してチャンスを作らせない。

13安藤がキャッチ。
パワープレー返しを狙うも15武田が果敢にコースに飛び込む。

これがファール。
一瞬ゴレイロのリスタートを妨害と取られたのかと思ったら、
どうやらハンドを取られたらしい。

37'59"
残り2:01。
2回目の第二PKは3平山が蹴る。
これが豪快にネットに突き刺さり追加点!

ファイル 3-0 リガーレ


なおもリガーレのパワープレーは続く。
熱くなり過ぎたゲームで負傷者が続出したリガーレ。
パワープレーもキレがない。
しかしながら勝ちたい気持ちはすごく出て気合の入り方はファイルに負けてないリガーレ。
吼える声の大きさは終盤になっても互角。

パワープレーからボールを奪ったファイル。
反撃しようするファイルを今度はリガーレがカット。
ファイルボール自陣左サイドでキックイン。
リガーレの戻りが間に合わないほど早いリスタートでキックイン。

38'16"
残り1:44。
キックインからのチョンドンならぬチョンループ。
瀬戸がロングのループシュート。
これが決まって

ファイル 4-0 リガーレ

マイボールになっても投げ捨てるファイル。
時間を削る。
やることははっきり。
一点もやらない!

残り数秒。
ボールを奪った瀬戸がパワープレー返しを丁寧にグラウンダーのシュート。
転がる途中でブザー。
ブザーが鳴り終えてからゴールイン。
ファイル 5-0 リガーレ

ブザービートでゲームセット!
ファイル5-0で勝利。

本当に熱い試合だった。
リガーレが気持ちを見せて序盤のペースを持って行かれた。
ベテラン選手が気持ちを見せてる。
リガーレがチームとしてまとまった攻撃を見せてる。
正直セカンドセット、サードセットの選手たちは心配だった。
しかし吉成監督が信頼してピッチに送り込んだ選手たち。

気持ちでは絶対に負けない。
球際でも強さを見せてボールを奪う。
気持ちの強い方の前にボールは転がる。
そして攻撃でもピッチで様々なアイデアを見せてくれる。
呑まれていない!
今期ゴールのない小原も、初出場の西川も惜しい場面を作り出す。
丸が田辺が山本が工藤が、瞬時に判断してアイデアを仕掛ける

勝ち点20に伸ばし、ファイルは一試合少ない状態でも堂々の首位!
次節カフリンガは運営でお休み。
ファイルが勝てば更に勝ち点差を引き離せるチャンス!
次節も気持ち入れて頑張りましょう!

本当に素晴らしい試合。

本当にハラハラしたし、ワクワクしたし、感動した。
両チームの選手、スタッフ、サポーター。
全員が気持ちの入ったことで、作り上げられた素晴らしい試合。

試合が始まる前に豊さんが、
観客席に呼び掛ける。
そして観客席が一体となる。

リガーレサポーターが教えてくれた。
一部のサポーターだけでなく、
リガーレに関わる全ての人の気持ちを一つにしていた。
素晴らしい。

サポーターの自分たちはプレーに直接関与できない。
ただひたすらにチームに声を届けるだけ。
そして気持ちを送る。
届け俺達の歌声!

ファイルはディフェンスのチーム。
チーラしたら吼える。
サポーター席も太鼓を叩き吼える!
ドンドンパフパフ!

相手チームがパスミスをする。
ゴレイロにボールを戻す。
相手がパスミスをしたことに拍手するのではない。
相手がミスをするほどいいプレスを掛ける選手に拍手するのだ。

常にポジティブに、少しでもいプレーをして欲しいから、
俺達は声を出し、太鼓をたたく。

相手のプレーを遮るのではない。
むしろ相手にも全力を出してもらい、
ファイルも全力を出してもらい、
その上で上を行き勝ちきって欲しい。

常に望むのはファイルの選手が全力でのプレーの後押しをすること。
相手チームの足を引っ張るとかは考えない。
我々は小さい存在。数も少なく、声も小さい。
そんなアウエイの雰囲気を出すほどのサポーターではないから。
ただ、ひたすら、届け俺達の声。
ファイルの選手へ。

館山へ向かうアクアラインの海ほたる。
吉成監督の車に乗る5人と一緒になった。
仲良く並んでご飯を食べる5人。

umihotaru.jpg

そして帰りは、ゴレイロ安藤君の車と一緒になり、
一緒に食事を食べることに。
その店でゴレイロ高橋の車とも一緒になり、みんなで勝利飯。

一緒に食べることで本当に一体感が増す。

「同じ釜の飯を食う。」

自分の合気道の先輩が鏡開きでお汁粉を食べる時に毎年言っていた言葉。

今年のファイルは、みんなですた丼を食べる。
サポーターもみんなですた丼を食べる。

試合の日には自分がかつ丼を食べてツイートする。
そうすると、選手もかつ丼を食べて試合に臨んでくれたりする。

同じ釜ではないが、同じものを食べてつながる感じがする。
ソーシャルの時代の同じ釜。

本当にいい雰囲気です。

ホームゲームデーでOBの岩田選手の言葉。

「上手くいったシーズンはみんなでスタ丼に行くことが多かった年です!
 これは本当に!
 みんなで食べて力をだしました!」

うん、同じ釜の飯を食べることは重要。


関東リーグ最高です。
[ 2014/10/08 14:49 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

後半戦開幕!いくぞ館山!勝つぞファイル! 館山運動公園体育館

後半戦開幕!いくぞ館山 館山運動公園体育館

第16回関東フットサルリーグ1部 第11節

10月4日(土)、館山運動公園体育館(千葉県)にて、
関東フットサルリーグ1部11節開催です。

前節立川泉体育館での第10節。ファイルフォックス府中は運営でお休みでしたが
首位カフリンガが柏に、3位のゾットがブラックショーツに敗れるという展開でした。
カフリンガの首位は変わらなかったものの、ゾットは大きく後退。
1位18点から6位14点までの勝ち点の差が4と混戦となってきました。

次節のファイルの対戦相手
7位のリガーレも6位に2点差でつけており、ここが踏ん張りどころとなっています。

リガーレが1部に昇格してからの対戦成績は
3分けとまったくの五分です。

そろそろ決着をつけたいところ。
今期のリガーレは、開幕でのmm戦でまさかの敗北。

●3-5vsFCmm
△1-1vsファイル
●2-3vsゾット
●4-0vs柏

4節までは1分3敗と苦戦していましたが、
首位カフリンガを2-0で破ってからは上向きに

○2-0vsカフリンガ
○3-0vsNOVOMENTE
△2-2vsブラックショーツ
△2-2vs浦安セグンド
○2-0vsFCmm

と現在3勝3敗3分、勝ち点12、得失点0となっています。


前節は残り31秒で追い付かれ惜しくも勝利ならなかったファイル。

どちらも上り調子の両チーム。
会場は館山と遠いですが、絶対に見逃せない一戦。

ファイルとリガーレだけではなく
優勝争いを狙うチームはここから一つも落とせない状況。
本当に目が離せません。


[第16回 関東フットサルリーグ1部 第11節]
日程:10月4日(土)
会場:館山運動公園体育館(千葉県)

[第1試合]
11:00 カフリンガ東久留米 vs FCmm
[第2試合]
12:50 ブラックショーツ vs バルドラール浦安セグンド
[第3試合]
14:40 NOVO MENTE vs 柏トーア’82
[第4試合]
16:30 リガーレ東京 vs ファイルフォックス府中

※入場無料。
※室内履きが必要です。
※公共の交通機関をご利用ください。

[館山運動公園体育館]
千葉県館山市藤原300
0470-28-1340
館山運動公園体育館
http://www.cue-net.or.jp/kouen/tateyama/annai/gymnasium.html

<館山運動公園体育館へのアクセス>
■お車でお越しの方
東京・千葉方面から
東関東自動車道、アクアライン、京葉道路を経由し、館山自動車道、富津富浦道路終点「富浦IC」から国道127号線を左折し、そのまま道なりで約11km。
鴨川方面から
国道127号線「南総文化ホール前」交差点を左折し、そのまま道なりで約5km。

■交通機関でお越しの方
JR館山駅からJRバス関東「安房神戸経由白浜行き」に乗車、「県立館山運動公園前」で下車し徒歩5分

JRバス関東WEBサイト
http://www.jrbuskanto.co.jp/bus_etc/timetable.html#list04
館山発
http://www.jrbuskanto.co.jp/bus_etc/cntimep01.cfm?pa=1&pb=1&pc=j0420023&pd=0&st=1
県立館山運動公園前発
http://www.jrbuskanto.co.jp/bus_etc/cntimep01.cfm?pa=1&pb=1&pc=j0420024&pd=0&st=1

東京駅からの高速バスで館山まで
http://time.jrbuskanto.co.jp/bk040440.html
[ 2014/10/01 17:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
 
       >    
順位 チーム 勝ち点 得失点 試合数
1 FIREFOX 26 +29 12
2 BlackShorts 23 +11 12
3 ZOTT 21 +3 12
4 LIGARE 19 0 13
5 CAFURINGA 19 +7 12
6 柏TOR 18 -7 13
7 浦安セグンド 17 -3 12
8 FCmm 16 -5 13
9 NOVO MENTE 1 -35 13
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。