スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第18節 フウガすみだ戦 駒沢体育館

関東フットサルリーグ1部最終節

第15回関東フットサルリーグ(1部)18節
開催日 2 0 1 3 年 1 2 月 2 8 日
試合開始 1 6 : 3 0 開始
観客数 813 人
会場 駒沢体育館
主審 板並勝
第2審判 河村賢
第3審判 小野寺祐
タイムキーパー 中村弥

フウガ 須賀雄大
19'20" タイムアウト
37'15" タイムアウト

ファイルフォックス 吉成圭
17'13" タイムアウト

警告・退場
時間 番号 選手名 理由
15'08" 2 瀬戸 真司 C2 ラフ
34'20" 4 岩田 雅人 C2 ラフ

得点経過
時間 チーム No. 得点選手  
06'03" ファイルフォックス府中 6 田村佳翔
11'43" ファイルフォックス府中 23 杉本聖和
27'28" フウガすみだ 8 太見寿人
28'16" ファイルフォックス府中 9 藤本豊
35'30" ファイルフォックス府中 18 三木一将
39'47" フウガすみだ 6 宮崎曉

フウガ
GK:1揚石創、12大黒章太郎
FP:3金川武司、4諸江剣語、5山上康平、6宮崎曉、7杉尾浩平、8太見寿人、9神尾佳祐、10中村歩、16岡山和馬、17外川海斗、18荻窪孝、20内田淳二
ファイル

ファイルフォックス
GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:2瀬戸真司、4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、18三木一将、19原田直、20細野洋平、23杉本聖和


フウガの関東リーグ最後の試合。

フウガが円陣。久しぶりに見る円陣。
そしてファイルも円陣。
いつものブラジルを叩くと太鼓のバチが折れて飛んでいく。
不吉だ…。
サンバの太鼓はバチでリムを叩くからどうしてもバチが削られていく。
しかし誰にも悟られていはいけない。
知らんぷりして叩き続ける。

今日はファイルサポーター席にもたくさんの人が集まってくれている。
サンバに合わせて手拍子をしてくれている。
みんなの気持ちを合わせて選手の後押し!

大阪からノブが!新潟から龍が!そしてマーシーが!
元ファイルも全国から駆けつけてくれて

16:30キックオフ

コイントスでコートチェンジ。
No4岩田をゴレイロとしてパワープレーをするにはそのままの陣地がいい。
ファイルのパワープレーを警戒してフウガがコートチェンジをしたのかとサポーター席は騒然とした。
須賀ちゃんがファイルのパワープレーを怖がってる?
しかし、キックオフはフウガボール。

後から聞いたら岩田が水曜の練習で怪我をしたため違う選手をゴレイロにパワープレーをする予定だったらしい。
結局パワープレーをする展開にならなかったけど。

ファーストセット
フウガ 7番杉尾、10番中村、16番岡山、18番外川、ゴレイロ大黒
ファイル 2番瀬戸、7番徳嶽、11番吉成、18番三木、ゴレイロ三浦

フウガがファーストセットを若いセットで入ってくる。
舐められてる?
しかしこのセットも普通に戦えるセット。
ファイルは前プレ。掛けていく!

このセットにはやらせない!
気持ちを見せたファイルがいい立ち上がりでフウガを押し込む。

セカンドセットへ
フウガ 20番内田、18番荻窪、5番山上、9番神尾
ファイル 4番岩田、6番田村、9番藤本、23番杉本

このセットもいつものファーストセットではない。
いつものセカンドとサードセットの混合。

ファイルの勢いは止まらない。
前からプレス。奪ってNo6田村が仕掛ける。

06'03"
中央左No6田村がドリブルで仕掛ける。奥まで進んで中へ。一人交わして二人に囲まれるもルーレットで交わして中央へ切れ込む。
もう一人につかれてるから反転シュートは無理かと思ったらヒールでシュート。
予想に反したヒールで隙をつかれたフウガ。
コロコロとしたボールがゴールへ転がる。

フウガ 0-1 ファイル

ファイル先制!
待望の先制点!

7分
ここでフウガはNo3金川、No4諸江、No6宮崎、No8太見のファーストセット。
フウガに押し戻される。

11'43"
No6田村からゴール前にスルーパス。走りこんだNo23杉本が左に交わしてゴレイロ大黒を交わして左足シュート。これが決まる。

フウガ 0-2 ファイル

ファイルの勢いが止まらない。
No18三木がNo11吉成が、フウガのゴールに迫る。

しかしフウガもいつものファーストセットが入ってくるとペースを持っていかれる。
ファイルは気持ちのディフェンスで弾き返す。
N
o1三浦が素晴らしい反応でボールを掻き出す。

17'13"
たまらずファイルがタイムアウト。
前半の終わり方を確認したか。
シンプルにボールを弾き返すファイル。

ラスト40秒。フウガのコーナーキック。

19'20"
フウガ、タイムアウト

セットプレーで仕掛けてくるかと思ったが、ファイルが集中した守備でなにもさせない。

このまま前半終了

フウガ 0-2 ファイル

後半に入る前に、みんなにキットカットを配る。きっと勝つ!
そしてカツサンドも追加投入。

後半 
両チームゴレイロ交代
フウガはゴレイロ揚石、ファイルは石渡へ

後半立ち上がり、フウガはいつものファーストセット。
押し込まれるファイル。しかし集中した守備でやらせないファイル。


27'28"
フウガ左奥からのキックイン。中に入れたボール。ゴレイロ石渡弾いたところ、No8太見がダイレクトで右隅に押し込んで決める。

フウガ 1-2 ファイル

28'16"
ファイル中央No6田村がカウンター気味で持ち上がって、引き付けて右を走るNo9藤本へ。No9藤本が受けてゴール右から左足シュート。これがニアポストに当たりながらゴール!

フウガ 1-3 ファイル

会場は大盛り上がり
失点して流れがフウガに行きそうだった時間帯。
No9藤本の得点で流れを一気に取り戻した。
再び二点差!

フウガが怒涛の攻め。
しかしファイルはことごとく跳ね返す!吼える!


残り8分
フウガ5ファール。
珍しくファイルではなくフウガのファールが溜まる。


フウガが怒涛の攻め。
ファイルはどのセットに対してもハーフに引いてからの押し上げ。
フウガに攻め込まれるもカウンターでチャンスは作る。
守りに入るかに見えて攻めの姿勢は崩さない。
人数は掛けないもののそのカウンターによりフウガもしっかり戻らざるを得ず、なかなか攻め続けることができない。

残り5分
フウガの怒涛の攻撃をファイルが気合の守りで防ぐ展開。
吉成が、三木が、佳翔が、杉本が、チーラするたびに吼える。
守りでリズムを作るのがファイル。
守って吼えるのがファイルイズム。
吼えられない選手などいらない!

サポーターも歌よりもコールよりも、切り替え、集中、声をかける。
フウガの狙う早いリスタート。歌やコールよりも守備の切り替えを選手サポーター全員で「集中!」。
一緒に戦うのがサポーターというのがファイルサポーターの考え。

35'30"
得点を取りたいフウガ。切り替えゼロ秒のフウガ。ゼロ秒で切り替えるためには、相手ボールがマイボールになりそうな時には切り替えの準備。
ここで切り替えの準備をしていたのかフウガNo9神尾の位置が前掛かりになる。そこを見逃さずに裏を取るNo18三木。No6田村がそこへロングパス。
左前に待つNo18三木にスルーパスが通る。フリーでトラップ。フウガゴレイロNo1揚石と1対1。この距離を詰めることはできない。No18三木が揚石の位置を見て冷静にファー右下に流し込んで決める。

フウガ 1-4 ファイル

三木のゴール。
前節まで15点の同点でゾットの小笹と並んでいた得点王争い。
第二試合で小笹が2点を挙げていたため、現在小笹がトップ。
三木はこの試合で2得点以上をあげないと得点王にはなれない。
しかし、そんなことはこの最高のゲームの中ではどうでもいい。
勝ちたい。チームが2位とかそんなこともどうでもいい。
フウガに勝ちたい。
三木のチーム愛!
チームのために全員が得点を狙う。その上で結果的に三木が取っただけ。
試合が終わったときに三木が2点を挙げていれば、それはそれで喜ぼう。
それだけみんながフウガに勝ちたい。
そう思えた昨日。

3点差にされたフウガ。
さらに激しさを増してファイルゴールに怒涛の攻め。
しかし、こうなったら試合はファイルの得意な形。
ハーフに引いて守る。カウンターも手数は掛けないが全力で走り全力で戻る。
シンプルにチーラ。そして吼える。
吼えることでペースを作る。
ファイル劇場。

37'15"
フウガ、タイムアウト。
この状況で須賀監督はどのような指示を出しているのか?
それともラッキーラッキーと言っているのか?

サポーターにできることは、このタイムアウトに歌うだけ。
ドアウエーの会場のムードをサンバで盛り上げる。
俺たちはここについている。
ともに闘おう!

残り1分
ゴール右でフウガN08太見のキープから落として中央No33金川の右足ダイレクトシュート。
左ポストを叩く。反応が遅れてもぎりぎりでポジションを取ったNo12石渡。ギリギリのナイスプレー。

39'47"
残り13秒。フウガの右CK。中に速いボール。切り替えの隙をつき、中央でフウガNo6宮崎の右足ダイレクトシュート。これが左隅に決まる。
一瞬の隙。悔やまれる失点。

フウガ 2-4 ファイル

しかし残り13秒。
最後まで戦う。

残り1秒を切ったところで第2PKやや左でフウガのFK。
最後のプレー。揚石もファーに詰め最後まで得点を狙うフウガ。
壁には三木。奪ってパワープレー返しで得点王だ!

しかし壁に当たって終了。

試合終了
フウガ 2-4 ファイル

素晴らしい試合。
勝利。

しかしファーストセットで見るようにフウガに取っては、負けたいわけではないが負けてもいい試合。
彼らの目標は全日本選手権優勝。
関東リーグの優勝は決めている。
ヤフーニュースにも取り上げられたゲキサカに書かれているように
フウガとしてはチームの総合力を上げる狙い。
前節のカフリンガ戦でも大黒、神尾、半田をベンチ外にしたのと同じ狙いなのだろう。
もしかしたらどこかで負けたかったのかもしれないとも思える。
負けて得るものは大きい。
フウガと次に当たる可能性があるのは全日本選手権関東大会。
フウガと当たるためには坂戸龍門、マルバとカフリンガの勝者と勝たないといけない。
昨年度は一回戦負けのファイル。
気持ちを入れ替えて、フウガと闘うとか全日本の先のことなど考えずに目の前の試合に集中。
一戦一戦の先に結果がある。

今年最後の試合。
ファイルにとっては最高の形で終えられた。
この日試合のなかったブラックショーツと勝ち点で上回って2位。
得点王は逃したものの三木はベスト5に選ばれて表彰。
公式な賞ではないが、テディの個人的な賞で新人王を徳嶽が!
個人的な賞なので賞品はこの日テディが使った曲のCD!

得点王はゾットの小笹君。
昨年の三井に続き、今年も柏の渡辺良太君がやってくれました。
本人いわく僕はサンタなんですと。
まあ、去年のことがあるからチャラってことで。
小笹選手もいい選手。おめでとうございます。

仕事納めも終わった駒沢開催ということでファイルのサポーター席にも多くの人が集まってくれた。
いつもの顔も懐かしい顔も。
一緒になって手拍子をしてくれて、一緒に声を上げてくれた。
本当にありがとうございました。
選手とスタッフとサポーターと、全員が一丸になれた試合だと思ってます。
ファイルに関わってくれたみなさん本当にありがとうございました。

20131228フウガ戦01


終わった後は、フウガのサポーターも、どちらのサポーターでもない人も
みんながいい試合だったと声を掛けてくれた。
ありがとうございました。

さあ、切り替えて次はPUMA CUP2014 全日本フットサル選手権の関東大会。
ファイルは1/18(土)取手グリーンセンター
13:50 vs坂戸龍門
18:50 vsマルバ茨城とカフリンガの勝者
http://www.ibaraki-fa.jp/pdf/fs/2014PUMA_kantou_kumiawase1210.pdf
http://www.ibaraki-fa.jp/pdf/fs/2014PUMA_kantou_nittei1210.pdf

この試合以上に勝たなければいけない試合が続きます。
来年も引き続きファイルの応援をよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2013/12/29 13:53 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(1)

ラストマッチ第18節! vsフウガすみだ 駒沢体育館

ラストマッチ第18節! vsフウガすみだ 駒沢体育館

最終節は、12月28日(土)、駒沢体育館で行われます。

12月28日(土)
第15回関東フットサルリーグ1部 第18節

vsフウガすみだ 駒沢体育館

第17節のバルドラール浦安セグンド戦に勝利して三位以内を決めて地域CL出場を決めたファイルフォックス。

最終戦の対戦相手は、リーグ優勝を決めているのフウガすみだ。

前期の対戦は、大網白里アリーナで諸江に先制を許すも怒涛の3得点で3-1と一時は逆転。
しかしそこで選手層の差がでたか、スタミナが切れで失点前半を3-3の同点で折り返すと
後半、田村を怪我で、藤本がイエロー2枚で途中退場。
さらに厳しくなり、終わってみれば3-7で敗戦。

フウガは関東リーグ前節のカフリンガ戦を、大黒、神尾、半田をベンチ外にして勝利。
翌日の準会員リーグもあるし、代わりに入った杉本、山上、外川もいい選手。決してメンバーを落としたわけではなく
出場経験を積ませることでリーグ戦終了後に続く地域CLに全日本選手権を見据えてのことだろう。
須賀監督も常々言っていた、僕らの目標は全日本選手権。そこに向けてチームを作っていきます。と。
リーグ戦を軽視しているわけではないが、他のチームとはリーグ戦に対する取り組み方が違うのも事実。

ファイルにできることは目の前の試合に勝つこと。
結果はその後についてくるもの。
現在の順位は最終節に試合のないブラックショーツと並んで勝ち点28で3位。
勝てば単独2位浮上。

少し前に神尾選手がバファローズからトップに戻ってきたときに、
関東リーグ最後の試合で対戦できることを嬉しく思うと伝えたら
そう言えば関東に上がって最初に対戦したのもファイルでしたねと言ってくれた。

そうか、やはり因縁を感じる。
ボツワナが関東に上がって初めて対戦したのもファイルフォックス。
そしてフウガが関東最後の対戦もファイルフォックス。
彼らに取って関東最初の試合と最後の試合が同じファイル。

フウガの前身ボツワナが関東リーグに昇格してきたのが2005年。
その年の開幕戦で、当時無敗で関東リーグ、地域CL、全日本選手権の3冠を達成したファイルフォックスと対戦。
前のインタビューで吉成監督がボコられましたよね、懐かしい。というように2-6で敗戦。

MCテディ調べによる当時の試合出場メンバー。

ファイル(遠藤、小宮山、吉成、北、難波田、小松、森岡、鈴木、佐藤(竜))
ボツワナ(金川、木村、田中、太見、神尾、関、北原、呂、内山、星、河本)

この他にも出場はしていないが、定永、木暮、稲葉も擁していた黄金時代のファイル。
その時代から相性がよくなく勝利するまで二年掛かっている。

しかしながら、ここぞという試合では勝利してきている印象もある。
気持ちで上回れば勝てる。

全成績を振り返ってみる。

■2005-2006年 
関東リーグ
2005/06/11 ●2-6 府中市総合体育館
2005/12/03 ●2-4 寒川総合体育館

全日本選手権 東京都予選リーグ
2005/10/29 ●3-4 立川市泉市民体育館A 残り1秒のキックイン。疑惑のゴール。

■2006-2007年
関東リーグ
2006/07/30 ●2-4 JFE千葉体育館
2007/01/13 ○3-2 寒川総合体育館 ボツワナに初勝利

全日本選手権 関東大会 3位決定戦
2006/12/17 ●4-6 栃木県清原体育館

東京都カップ 決勝戦
2007/03/31 ○6-4 駒沢体育館 板谷選手の引退試合を勝利で飾る。

■2007-2008年
関東リーグ
2007/08/25 ●2-3 東久留米SC
2007/12/24 ○4-2 府中総合体育館 サンタのプレゼント

■2008-2009年
関東リーグ
2008/08/23 ●3-4 寒川総合体育館
2008/12/23 ●1-3 駒沢総合体育館 サンタのジンクス敗れる
全日本選手権 関東大会 準決勝
2009/01/24 ●2-4 神奈川県立体育センター

■2009-2010年
関東リーグ
2009/08/16 ●2-7 駒沢体育館 フウガホームデー
2009/12/13 ●4-8 府中総合体育館
全日本選手権 関東大会 三位決定戦
2010/01/31 ○3-3(PK3-2) 山梨県昭和町総合体育館 前年度選手権優勝のフウガを3位決定戦で下して全国大会へ進出。

■2010-2011年
関東リーグ
2010/06/19 △4-4 滝野川体育館 灼熱の滝野川。0-4から引き分けに持ち込む。
2010/08/21 ●1-6 寒川総合体育館
全日本選手権 関東大会 決勝
2011/02/06 ○2-1 駒沢屋内球技場 0-1と先制された後半、気持ちを出して逆転優勝!

■2011-2012年
関東リーグ
2011/06/25 ●2-3 足立区総合体育館 難波田不在で2-0からの逆転負け
2011/09/10 ○3-2 墨田区総合体育館 圧倒的なアウエイ墨田での勝利。治モップアクシデントや退場がありながらの勝利は感動。
全日本選手権 関東大会 準決勝
2012/01/29 ●2-3 前橋市民体育館

■2012-2013年
関東リーグ
2012/07/21 △1-1 墨田区総合体育館 またもや圧倒的なアウエイの中、治君の魂のゴールで引き分け。
2012/12/16 ●2-3 栃木県立県南体育館 優勝を争う直接対決も勝たなければいけないファイルと引き分けでもいいフウガの余裕の差か。パワープレーが明暗を分けた。

■2013-2014年
関東リーグ
2013/09/07 ●3-7 大網白里アリーナ 3-1と一時はリードするも、選手層の薄さから走り負け、田村が怪我で藤本がイエロー2枚で途中退場。苦い敗戦。

関東リーグ時代のフウガとの全対戦成績。6勝16敗2分。
いいデータを取ろうと数えてみたものの思ったより勝ててない…

しかし、今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
勝負所の試合では、気持ちを出して勝利している。

ベテラン選手と若い選手がひとつの方向を向いて全力で挑む。
毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

絶対に熱い試合になると思います。
なにを置いても駒沢に駆けつけてこの試合を見るしかないです。

12/28(土)16:30、第4試合。駒沢体育館でキックオフ。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
サポーター席で一緒に応援していただけると選手の力になると思います。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。


[第15回 関東フットサルリーグ1部 第18節]
日程:12月28日(土)
会場:駒沢体育館(東京都世田谷区)

[第1試合]
11:00 リガーレ東京 vs アルティスタ埼玉
[第2試合]
12:50 ゾット早稲田 vs 柏トーア’82
[第3試合]
14:40 カフリンガ東久留米 vs バルドラール浦安セグンド
[第4試合]
16:30 フウガすみだ vs ファイルフォックス府中

※入場無料!

[駒沢体育館]
〒154-0013 世田谷区駒沢公園1-1
駒沢オリンピック公園総合運動場
東急田園都市線「駒沢大学駅」下車 徒歩15分
JR/メトロ「恵比寿駅」よりバス

駒沢オリンピック公園総合運動場へのアクセス
http://www.tef.or.jp/kopgp/access.jsp
http://www.pitin.com/kanto/stadium_sub/tokyo_komazawasogo.html
[ 2013/12/27 12:29 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

セグンドに勝利!地域CL出場を決めた吉成監督にインタビュー!

関東リーグ1部第17節。バルドラール浦安セグンド戦に勝利して地域CL出場を決めた吉成監督に、クリスマスイブにイルミネーションが綺麗な多摩センター、多摩スタでの練習終了後にインタビューしてきました。

20131222吉成
Photo by FUTSAL PIX

今年の4月にメンバーの半分以上が抜け、残留争いも覚悟したという吉成監督。関東開幕前からチームを鼓舞し、モチベーションを高め、熱いチームを作ってきた吉成監督。

地域CLが掛かったセグンド戦。開始早々にセットプレーで先制され、リードされたまま迎えた残り3分。自身のゴールで同点、自身のゴールで逆転したことに、チームメイトもサポーターも全員の胸が熱くなりました!今年一番の感動のシーン。

そして関東リーグも残すところあと1節。対戦相手はフウガ。これ以上にない相手です。Fリーグ参入が決まっているフウガ。関東リーグで対戦するのはこれで最後です。

そんな吉成監督に、今年のチームのこと、セグンド戦のこと、そして最終節のフウガ戦のことを聞いてきました。

[広告] VPS

第17節 バルドラール浦安セグンド戦 寒川総合体育館

第17節 バルドラール浦安セグンド戦 寒川総合体育館

大会名 第15回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 3 年 1 2 月 2 2 日
試合開始 1 2 : 5 0
観客数 276 人
会場 寒川総合体育館
主審 住岡弘士
第2審判 木村尚仁
第3審判 中出隼人
タイムキーパー 秋山勝也

警告・退場
時間 番号 選手名 理由
セグンド
10'34" 18 渡邉 裕一 C1 反スポーツ


得点経過
時間 チーム No. 得点選手  
02'52" バルドラール浦安セグンド 18 渡邉 裕一
37'14" ファイルフォックス府中 11 吉成 圭
38'39" ファイルフォックス府中 11 吉成 圭
39'56" ファイルフォックス府中 18 三木 一将


関東フットサルリーグ1部 第17節

ファイルフォックス府中 vs バルドラール浦安セグンド

ファイルフォックス
GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:2瀬戸真司、4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、18三木一将、20細野洋平、22大森優、23杉本聖和

カフリンガ東久留米
GK:1富澤孝、 28税田拓基、58茅沼陸王
FP:18渡邉裕一、21小川将成、23関尚登、26鈴木護、27新造邦明、29丹野聡士、31井原智、39大橋勇太、40野村啓介

地域チャンピオンズリーグに出場する為には勝たなければいけない一戦。
勝って、ゾットを引き離し、カフリンガとショーツにプレッシャーを与える。

今日も必勝祈願でとんかつ探し。
寒川駅から食べログで検索して、とんかつ水龍さんでテイクアウトができることを発見。
お店で待って揚げ立てのヒレかつ弁当を持って体育館へ。

第一試合はゾットとリガーレ。
サポーター席は設定されていないみたいで、通常のアウエイサポーター席と逆の位置にリガーレサポーターが陣取ってる。
試合はゾット勝利。リガーレの撤収が時間掛かりそうなのと、勝ったチームのサポーターの後に入った方が縁起がいい気がするので、ゾットのサポ席に行き撤収を待った幕を貼る。

コイントスで陣地変更を選んだファイル。
今日もパワープレーを視野に入れて勝つためにベストを尽くす。

12:50キックオフ。

前半開始

ファーストセット
ファイル
2番瀬戸、7番徳嶽、11番吉成、18番三木、ゴレイロ三浦
セグンド
18番渡邊、23番関、27番新造、40番野村、ゴレイロ税田

ファイルはなにかふわふわした印象。上手くゲームに入れていなく集中しきれていない。

02'52"
セグンドのコーナーキック。ペナルティ内の動きにつられてマークが曖昧になる。右コーナーからボールを中央に戻すセグンド。
18渡邉裕一が右足ダイレクトミドルシュート。DFに少し当たったかゴール右上に突き刺さる

ファイル 0-1 セグンド

開始3分という早い時間に失点。
しかもセットプレーから。うちがやりたいパターンを逆にやられた。

前節、セグンドはフウガ相手に勝負に拘った気持ちを出した試合で引き分け。
今までのスマートなスタイルを捨てて、ハーフに引いてボールはすべて相手に預けてカウンター狙い。
セグンドの選手の第一の目的はプリメーロに上がること。
勝つためのプレーより、プリメーロの戦術を理解し、プリメーロですぐにプレーできる選手を育てるためにセグンドがあると思っていた。
そのような闘い方で勝負よりも、プリメーロと同じ闘いをすることが目的かと思っていた。
それが、フウガ戦では違った。勝ちたいという気持ちが初めて見えた試合だった。
引き分けたものの、ゴールを脅かすシーンは何度もあり、ある種感動的な試合だった。

その翌週のファイル戦。
引いてカウンターではないものの、フウガ戦を引き分けた自信からか、セグンドの選手が堂々と勝ちたい気持ちを見せたプレーをしてくる。
ゴレイロは富沢ではなく、税田。フウガ戦の富沢が悪いとは思わなかっただけに少し驚いた。
しかし税田もしっかり守ってファイルに点を与えない。

ファイルは一度ハーフに引いてからの積極的なプレス。ボールを奪い攻める。
ファイルがボールを保持してセグンド陣に攻め込むと、一気にセグンドのプレスが激しくなる。
ボールホルダーを3人で囲いこみ奪いきる。これをさぼらずにやり続ける。地味だが体力がいるディフェンス。

入りが悪かったファイルだが、徐々にペースを奪い返す。
攻めるファイル。守るセグンドとなってくる。

しかしセグンドの気持ちが入ったディフェンスを前になかなか得点ができない。

中央から、左右から崩してシュートに持ち込む、セットプレーからマークを外してシュートに持ち込む。
しかしセグンドは最後まで諦めずに間に合わなくても、身体半分、身体3分の1しか入れられなくても身体を投げ出す。
このせいか、ファイルのシュートは、キーパー正面だったり、上手くミートできず強いシュートが打てなかったり。
崩しているのに得点につながらない。いつもうちがやっていることをやられている感じ。

前半終了
ファイル 0-1 セグンド

前半終わってみればファイルのシュート数が28、セグンドが13。
倍以上のシュートを打つが勝っているのはセグンド。

後半
ファイル、ゴレイロを三浦から石渡へ。
セグンドのゴレイロは代わらず。

後半も同じような展開。
2瀬戸がクレバーなプレー。
復調した6田村がボディフェイクで切れ込む。
7徳嶽がまた攻守に早い切り替えで走る。
9藤本が囲まれながらも気持ちのドリブルでつっかけながらもかわして攻める。
11吉成も質の高いフリーランでスペースを作りシュートに持ちこむ。
12石渡が鉄壁の守りでゴールを守る。
18三木がカットインで切れ込んでシュートを打つ。
23杉本がピヴォの起点となり前線でボールをキープする。

後半も攻め込むのがファイル。守るのがセグンドという展開。
しかしながらセグンドの切れない気持ちのディフェンスが守る。


残り6分
ファイル第2PK獲得。キッカー18番三木の右足シュート、ゴレイロ税田少し触ったか、右ポスト。

惜しい!


残り4分
ファイルは4番岩田をゴレイロにパワープレー開始。

残り3分 浦安タイムアウト
浦安のディフェンスが気持ちを出して守る。
崩しているのに最後の最後で身体を張る。

37'14"
パワープレーから岩田とポジションチェンジをした右前11番吉成の左足シュート。
これがわずかに空いたゴレイロのニアを通り、右ポストに当たってゴールに!

ファイル 1-1 セグンド

ここしかないわずかな隙間を決めた吉成。
一目散にベンチに駆け寄る!
残り3分。遂に同点。
まだまだある!

ファイル引き続きパワープレー

38'39"
ファイルパワープレーから9番藤本の落としを中央で貰った11番吉成がトラップから左足シュート。これが決まって逆転!

ファイル 2-1 セグンド

遂に逆転。

セグンドも27番新造をゴレイロにパワープレー

残り4秒
ファイルがボールを奪いパワープレー返し。
18番三木がロングシュートを決める

ファイル 3-1 セグンド

この時点で、この日2得点を上げてトップに躍り出たゾット小笹と二位三木。
このゴールで三木が再びトップタイに!

残り4秒守ってこのまま試合終了。

試合終了
ファイル 3-1 セグンド

吉成のゴールで逆転した瞬間、不覚にも涙が出てきた。
吉成コールの途中から涙ぐんで声が出なくなった。
それほど魂のこもったシュート。
そして選手全員がこのゴールに喜んでいた。
涙が止まらない。

本当に全員の気持ちが見えた素晴らしい試合だった。
勝ちたい気持ちはセグンドもファイルも変わらなかった。
だからこその素晴らしい試合だったのだと思う。

本当にすごい試合だった。

地域チャンピオンズリーグを掛けたこの日のまとめ。

第一試合はゾットがリガーレに勝利。
ゾットが勝ち点を24に伸ばし勝ち点25のファイル、ショーツ、勝ち点22のカフリンガの結果次第では3位以内の可能性を残した。

第二試合はファイルがセグンドに勝利。
ファイルが勝ち点を28に伸ばしたが、まだ3位以内は確定せず。ショーツ、カフリンガが28まで伸ばす可能性があり、直接対戦では1勝1敗だが得失点で負けているため。

第三試合はフウガがカフリンガに勝利。
この結果カフリンガの勝ち点は22。最終戦で勝利しても25にしか届かず。
ファイルは3位以内を確定。
残る1枠は、ショーツの結果次第。
ショーツは最終戦が運営のため、この日ショーツが勝てば勝ち点28で確定。
引き分けなら26負ければ25のままで終わり、ゾットが逆転の可能性がでてくる。

第四試合はショーツが柏に勝利。
この結果、ファイル、ショーツともに勝ち点28。
直接対決では、ショーツが得失点差で優位。
現時点の2位はショーツ、3位はファイル。
この結果、最大27しか伸ばせないゾットの可能性も消えた。

試合終了時には確定ではなかったが、地域チャンピオンズリーグ行きを決めた。
あとはフウガに勝って、2位になるだけ。


翌日は墨田で、第11節の最後の試合が行われました。
9月15日(日)前橋市民体育館にて行われる予定だった台風で延期となった第11節分の結果です。

セグンド 1-1 柏


<暫定順位>
2~3位は対戦間成績による

1 FUGA(勝点43)
-----(優勝確定)-----------
2 Black Shorts(勝点28)
3 FIRE FOX(勝点28)
-----(地域CL出場確定)-----
4 ZOTT(勝点24)
5 CAFURINGA(勝点22)
6 LIGARE TOKYO(勝点18)
7 浦安Segundo(勝点12)
8 柏TOR'82(勝点12)
9 Artista(勝点4)




次節、第18節は、12月28日(土)、駒沢体育館で行われます。
今年の関東リーグ最後の試合。
Fリーグに行くフウガとはリーグでは最後の試合。
そしてショーツは試合がないため勝てば2位。
応援よろしくお願いいたします。

11:00 リガーレ東京 アルティスタ埼玉
12:50 ゾット早稲田 柏トーア’82
14:40 カフリンガ東久留米 バルドラール浦安セグンド
16:30 フウガすみだ ファイルフォックス府中
[ 2013/12/24 18:21 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

いよいよ大詰め、第17節! vsバルドラール浦安セグンド 寒川総合体育館

いよいよ大詰め、第17節! vsバルドラール浦安セグンド 寒川総合体育館


12月22日(日)
第15回関東フットサルリーグ1部 第17節

vsバルドラール浦安セグンド 寒川総合体育館

第16節のカフリンガ東久留米戦に勝利して二位浮上のファイルフォックス。

対戦相手は、現在7位のバルドラール浦安セグンド。
前節、勝ちにこだわり引いてカウンターという見たことないプレーをしてフウガに引き分けた。
今まで、勝ちたい気持ちが見えなかったチームから、初めて勝ちたいという気持ちが見えた。
これは強敵。

しかしファイルも負けられない。
地域チャンピオンズリーグに行くためには絶対に勝たなければいけない試合。

もう勝ち点計算はめんどくさいからしません。

ファイルにできることは目の前の試合に勝つこと。
結果はその後についてくるもの。
勝ち点を計算してプレーができるほど、ファイルフォックスは大人のチームではない。

前期の戦いでは、2-2と引き分け。

吉成がハンドで退場する厳しい試合の中、必死で守って引き分けを勝ち取った試合。

今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
ベテラン選手と若い選手がひとつの方向を向いて全力で挑む。
毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

12/22(日)12:50、第2試合。寒川総合体育館でキックオフ。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
サポーター席で一緒に応援していただけると選手の力になると思います。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。


[第15回 関東フットサルリーグ1部 第17節]
日程:12月20日(日)
会場:寒川総合体育館(神奈川県高座郡寒川町)

[第1試合]
11:00 ゾット早稲田 vs リガーレ東京
[第2試合]
12:50 ファイルフォックス府中 vs バルドラール浦安セグンド
[第3試合]
14:40 フウガすみだ vs カフリンガ東久留米
[第4試合]
17:00 ブラックショーツ vs 柏トーア’82

※入場無料!
※室内履きが必要です。

[寒川総合体育館]
〒253-0106 神奈川県高座郡寒川町宮山275番地
TEL 0467-75-1005
JR相模線寒川駅下車 徒歩12分
寒川総合体育館へのアクセス
http://samukawa-taiikukan.jp/map.html
[ 2013/12/21 20:02 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

第16節 カフリンガ東久留米戦 ウイング・ハット春日部

第16節 カフリンガ東久留米戦 ウイング・ハット春日部

大会名 第15回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 3 年 1 2 月 1 4 日
試合開始 1 2 : 5 0
観客数 138 人
会場 ウイング・ハット春日部

主審 渡辺長英
第2審判 福島和哉
第3審判 河村賢
タイムキーパー 品田幸恵


警告・退場
時間 番号 選手名 理由
カフリンガ
13'03" 7喜平 聡 C2 ラフリガーレ
ファイル
08'07" 2瀬戸真司C1 反スポーツ


得点経過
時間 チーム No. 得点選手  
01'22" ファイルフォックス府中 2瀬戸真司
03'16" ファイルフォックス府中 6田村佳翔
05'08" カフリンガ東久留米  19垣本右近
13'42" カフリンガ東久留米  19垣本右近
20'44" カフリンガ東久留米  16早川裕樹
24'56" ファイルフォックス府中 23杉本聖和
27'42" ファイルフォックス府中 2瀬戸真司
28'08" カフリンガ東久留米  16早川 裕樹
30'26" ファイルフォックス府中 9藤本豊

関東フットサルリーグ1部 第16節

カフリンガ東久留米中 vs ファイルフォックス府

ファイルフォックス
GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:2瀬戸真司、4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、18三木一将、20細野洋平、22大森優、23杉本聖和

カフリンガ東久留米
GK:1玉置竜平、25竹井宏真
FP:6平川達彦、7喜平聡、8夏野雅生、9谷上翔、12小出純平、16早川裕樹、17原義直、18弓野明隆、19垣本右近、20関新、30坂本隆、32小仲貴文

12:50キックオフ。

カフリンガはキックオフ直後16番早川がロングシュート。
元チームメイトの太見のキックオフシュートを思いだすが、これはゴール左に外れる。

ファイルは一度ハーフに引いて、そこから積極的にプレス。

01'22"
前線で横パスをカットした2番瀬戸がショートカウンター。逆サイドを上がってきた11番吉成へパス。
11番吉成はゴレイロを引きつけて、ファーへ走る瀬戸へリターンパス。
これを瀬戸がしっかり決めてファイルが開始早々に先制!

カフリンガ 0-1 ファイル

03'16"
ファイルは前線カットした7番徳嶽がゴール前2番瀬戸への折り返し、
それを落とし走りこんだ6番田村が冷静に押し込む。

カフリンガ 0-2 ファイル

早い時間に2得点。
ファイルが幸先いい立ち上がり。

2失点して、ようやく地に足が着いたかカフリンガ。
ここから守備も集中して固くなる。
セカンドセットに変わるカフリンガ。
ファイルは今週もセット交代ではなく1~2枚ずつ交代。

一進一退の攻防。

05'08"
カフリンガは右サイド高い位置までボールを運んだ12番小出からループの折り返し。
予想外のボールに一瞬足が止まる。
上手くマークを外してDFとゴレイロの背後から姿を現した19番垣本が
ジャンプしながら高く上げた足先で合わせてゴール。

カフリンガ 1-2 ファイル

やはりこの男は持ってる。

押せ押せムードから一転カフリンガペースに。

しかしファイルも持ち直す。
瀬戸が前へ前へと進む。
やはりこの日も瀬戸のプレーがいぶし銀のように光る。
行くか行かないかの判断が本当に素晴らしい。

お互いが主導権を譲らず。
試合は熱くなっていく。

前半残り7分
カフリンガが5ファール。

13'42"
カフリンガがファイル陣地右サイドでキックイン。
チョンドンで19版垣本が鋭いシュートを放つと壁を抜けてボールはファーポストに当たりゴールへ。
ここしかないコース。

カフリンガ 2-2 ファイル

垣本の2ゴールで試合は振り出しに。

ハーフからカウンターを狙うファイル。
そのカウンターを狙うカフリンガ。
お互いに譲らない。

このまま前半終了。


後半開始。


20'44"
カフリンガはカウンターからのこぼれ球にゴール正面やや右で16番早川が反応、鋭いボレーをファーに突き刺し逆転。

カフリンガ 3-2 ファイル

鮮やかすぎるボレー。
取られたら取り返す。
カフリンガのペースになってきている。

24'56"
左サイドの9番藤本から第2PK付近の23番杉本へピヴォ当て。
DFに身体を当てながら時計回りに振り向き、少し前に出して思いっきり左足トゥーキック。
これがゴレイロ竹井の頭上を抜くバーインゴール!

カフリンガ 3-3 ファイル

ファイルが再び同点にする。

待ち望んでいた杉本のゴール!
しかもピヴォで受けて振り向いてのゴール。
こういうのを待っていた。
ファイルに入団した当初の杉本は、ゴリゴリとドリブルで仕掛ける印象が強かった。
空気も読まず、その位置でドリブルは危ないと難波田選手に怒られる姿も印象に残っているが、
その荒削りなドリブルが本当に魅力的な選手だった。
ピヴォで綺麗に収めるよりも、身体を当てながらゴリゴリでゴールに迫る杉本のゴール。
本当に気持ちよく、かっこよかった。

さあ、ここから両チームともに熱くなる。
攻めるカフリンガ。
ファイルは身体を張ってゴールを守りカウンター。

27'42"
18番三木が左サイドを突破。深い位置までドリブルで運び倒れ込みながら中に折り返す。
2番瀬戸が中央で合わせてゴール。倒れながら滑った三木はネットに絡まり立ち上がれないままガッツポーズ!

カフリンガ 3-4 ファイル

まさに気持ちがつながったゴール!

しかしその30秒後カウンターで攻め込むカフリンガにファイルが痛恨のファール。

28'08"
カフリンガはゴール正面第2PK付近でのFKを16番早川が直接狙うと見せかけて斜め前の8番夏野にパス。
そのリターンを直接シュート。豪快なシュートはクロスバーに当たりゴールへ

カフリンガ 4-4 ファイル

再び同点。
まさにカフリンガらしいシーソーゲーム。
取りつ取られつ。
この展開につきあうのはやばい。

30'26"
ファイルの左サイドキックイン。2番瀬戸がゴール前への速いボール。飛び込んできた9番藤本が合わせてゴール!

カフリンガ 4-5 ファイル


再びリードしたファイル。
もうカフリンガのシーソーゲームにはつきあわない。

全員が身体を張り、最後は石渡が好セーブの連発。

一つ蹴りだすごとに吼えるファイル!
吼えてこそファイル!

ベンチも観客席も、観客席にいるベンチ入りできなかった選手も、みんなが一体になって声を出す。
ひとつになったファイル。

そのまま試合終了!

守りきった!

タイムアップの笛が鳴った瞬間ピッチに崩れ落ち大の字になって動けない吉成監督。

先週のリガーレ戦でも同じような光景があった。
しかし今回のは嬉し泣き(泣いてたかは確認できていませんがw)

勝っても負けても崩れ落ちる。
すべてを出し切っている証拠。
体力だけでなく、気持ちも全部出し切っている。
本当にこういう選手だから応援したくなる。

そしてそんな吉成監督に近づき手を差し伸べる石渡選手。

本当にいいチーム。

このチームを応援してきて本当によかった。

この日の試合は結果。

第1試合 浦安Segundo 3-3 FUGA
第2試合 CAFURINGA 4-5 FIRE FOX
第3試合 Black Shorts 5-2 ZOTT
第4試合 Artista 1-2 柏TOR'82

第一試合でセグンドがフウガに引き分け。
この日のセグンドは、ハーフに引いてカウンター狙い。
マイボールになっても投げ捨て。
こんなセグンドを見たのは初めて。
セグンドの使命はプリメーロで活躍する選手を輩出すること。
勝ち負けではなく、プリメーロの戦術と同じことをこなすことだと思っていた。
そんなセグンドが勝ちに拘り、泥臭いフットサルをしてきた。
これは手ごわい!
フウガもゲームプランが狂いまくりだったのではないか。
攻めづかれではないが、攻めてる時間が長い分守りのペースをつかむのが難しい。
惜しいシュートもたくさんあり、見る角度によってはゴールライン割ったんじゃないの?
というシュートもあり、セグンドが勝っていてもおかしくない試合でした。

そして第三試合。ショーツがゾットに勝利。
ショーツが強いフットサルをしている。
ゾットは育成をしたいのか勝ちたいのか中途半端な印象。
サードセットを組むにしても違うやり方があるのではないか…

第四試合では、柏が直接対決でアルティスタを退け、残留を決めています。
この結果、アルティスタが最下位決定。入れ替え戦へ。

翌日は前橋で、第11節の2試合が行われました。
12月15日(日)前橋市民体育館にて行われた台風で延期となった第11節分の結果です。

第1試合 ZOTT 2-2 Artista
第2試合 FUGA 4-2 Black Shorts

ゾットがアルティスタに痛い引き分け。
そしてショーツはフウガに敗戦。

この結果、地域チャンピオンズリーグの行方がファイルに取っていい方向に!


<暫定順位>
2~3位は対戦間成績による

1 FUGA(勝点40)
-----(優勝確定)-----------
2 Black Shorts(勝点25)
3 FIRE FOX(勝点25)
-----(地域CL出場ライン)-----
4 CAFURINGA(勝点22)
5 ZOTT(勝点21)
6 LIGARE TOKYO(勝点18)
7 浦安Segundo(勝点11)
8 柏TOR'82(勝点11)
9 Artista(勝点4)

2位のブラックショーツから5位のゾットまでが可能性あり。
直接の対決がなく、自力で3位以内を確定できるのは、ショーツとファイルの2チーム。

次節、第17節は、12月22日(日)、寒川総合体育館で行われます。応援よろしくお願いいたします。

11:00 ZOTT - LIGARE TOKYO
12:50 FIRE FOX - 浦安Segundo
14:40 FUGA - CAFURINGA
17:00 Black Shorts - 柏TOR'82
[ 2013/12/16 14:45 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

またまた春日部、第16節! vsカフリンガ東久留米 ウイングハット春日部

またまた春日部、第16節! vsカフリンガ東久留米 ウイングハット春日部


12月14日(土)
第15回関東フットサルリーグ1部 第16節

vsカフリンガ東久留米 ウイングハット春日部

第11節のリガーレ東京戦を引き分けてしまい二位浮上ならずのファイルフォックス。
対戦相手は、現在3位のカフリンガ東久留米。
消化試合の少ないゾットが5位にいるものの、直接対決で勝てば暫定3位に浮上。
絶対に落とせない一戦。

上位陣は直接対決を残しているチームも多く、その絡みでどうなるかの予測は現段階では難しい。

ファイル vsカフリンガ vsセグンド vsフウガ
ブラックショーツ vsゾット vsフウガ vs柏
カフリンガ vsファイル vsフウガ vsセグンド
ゾット vsショーツ vsアルティスタ vsリガーレ vs柏

ファイルにできることは目の前の試合に勝つこと。
結果はその後についてくるもの。
勝ち点を計算してプレーができるほど、ファイルフォックスは大人のチームではない。

前期の戦いでは、1-6と大敗。

ブラックショーツから移籍した高橋祐が、フウガから移籍した早川が、元ファイルの鰐淵が、
そしてパワープレー返しでゴレイロ竹井があわやのハットトリック。

完敗でした。

この借りは後半返さないと。倍返しだ。

今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
ベテラン選手と若い選手がひとつの方向を向いて全力で挑む。
毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

12/14(土)12:50、第2試合。ウイングハット春日部でキックオフ。

サポーター席はアウエイですので手前側です。

ダンマクは手すりのガラスに貼れないので、ピッチに降りて壁に貼ります。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
サポーター席で一緒に応援していただけると選手の力になると思います。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。


[第15回 関東フットサルリーグ1部 第16節]
日程:12月14日(土)
会場:ウイングハット春日部(埼玉県春日部市)

[第1試合]
11:00 バルドラール浦安セグンド vs フウガすみだ
[第2試合]
12:50 カフリンガ東久留米 vs ファイルフォックス府中
[第3試合]
14:40 ブラックショーツ vs ゾット早稲田
[第4試合]
16:30 アルティスタ埼玉 vs 柏TOR'82

※入場無料!
※室内履きが必要です。

<ウイング・ハット春日部へのアクセス>
住所:埼玉県春日部市谷原新田1557-1
電話:048-733-7575

○電車
東武伊勢崎線武里駅西口下車 徒歩約30分〜40分

○バス
朝日バス:
春日部駅西口からウイング・ハット行き→ウイング・ハット春日部下車(約20分)
せんげん台西口からウイング・ハット春日部行き→ウイング・ハット春日部下車(約15分)
http://www.asahibus.jp/
Suica、Pasmo使えます。


○バス時刻表
せんげん台駅→ウィングハット春日部(PDF)
せんげん台-ウイングハット


春日部駅西口→(地方庁舎・秀和綜合病院経由)→かすかべ温泉・ウィングハット春日部 (PDF)
春日部-ウイングハット


ウイングハットまで行くバスは☆印のみです。
一日数本しかないです。
かすかべ温泉からは徒歩15分くらいです。

ウイングハット春日部→春日部・ウイングハット春日部→せんげん台(PDF)
ウイングハット



ウイングハット春日部
http://winghat.info/facilities/winghat-kasukabe
[ 2013/12/11 21:21 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

いよいよ関東大会!取手グリーンで選手権関東大会!

いよいよ関東大会!取手グリーンで選手権関東大会!

2014年1月18日(土)、19日(日)、25日(土)に取手グリーンスポーツセンターにてPUMA CUP2014第19回全日本フットサル選手権関東大会が開催されます。

・PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会関東大会(2013/12/10)
  ◆期日:2014年1月18日(土)、19日(日)・25日(土)
  ◆会場:取手グリーンスポーツセンター〔取手市大字大字野々井299〕

http://www.ibaraki-fa.jp/fs.htm

開催要項
http://www.ibaraki-fa.jp/pdf/fs/2014PUMA_kantou_youkou1210.pdf
組合せ
http://www.ibaraki-fa.jp/pdf/fs/2014PUMA_kantou_kumiawase1210.pdf
PUMACUP2014_kanto01.gif

日程表
http://www.ibaraki-fa.jp/pdf/fs/2014PUMA_kantou_nittei1210.pdf
PUMACUP2014_kanto02.gif


ファイルの試合は、

1/18(土)13:50に埼玉県代表の坂戸龍門。烏天狗インペリオ、tzkを破り決勝進出。アルティスタ埼玉を破って別山から勝ちあがってきたマカブーを倒して埼玉県代表となっています。
名前は聞いたことはありますが、どんなチームかは分からず。
saitama.gif


坂戸龍門はファイルを研究してくるでしょう。
こういったところでは不利は否めません。
また、関東リーグ相手ということでモチベーションも高くくるはずです。

しかし、ファイルはまだまだ若いチーム。
カテゴリーが上だからと相手をなめてかかることはあり得ません。
若手とベテランが一つの目標に向かって、モチベーション高く闘ってくれるでしょう。
勢いにのって勝ってもらいたい。

そして同じ山には、カフリンガ、フウガと関東の競合が控えている。
別山にはゾット、ショーツ、セグンド、柏に、情熱、ヒュンフ、クラウド、ノーボメンテと、地味に競合揃いの印象。
なにかが起こりそうな予感もします。


以下、ファイルの日程です。

1回戦   1/18(土)13:50 vs坂戸龍門(埼玉県)
準々決勝 1/18(土)18:50 vsマルバ茨城(茨城県2位)とカフリンガ(関東4位)の勝者
準決勝   1/25(土)13:50 vsフウガ(関東1位)CAエボルシオン(東京3位)三栄不動産(栃木県)まんほーる(神奈川県)の勝者
決勝    1/25(土)15:00 

近くなったらまた告知しますが、
ファイルの応援の予定を入れておいてください。

よろしくお願いします。

全国へ行きましょう!
そして悲願の代々木帰還を果たしましょう!
[ 2013/12/11 17:31 ] 選手権 | TB(0) | CM(0)

第11節 リガーレ東京戦 柏市中央体育館

第11節 リガーレ東京戦 柏市中央体育館

大会名 第15回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 3 年 1 2 月 0 7 日
試合開始 1 6 : 3 0
観客数 51 人
会場 柏市中央体育館
主審   福島和哉
第2審判 木村尚仁
第3審判 金子一博
タイムキーパー 木村拓



警告・退場
時間 番号 選手名 理由
リガーレ
23'59" 11 高橋 政之 C1 反スポーツ
29'56" 4 碓井 孝一郎 C1 反スポーツ
ファイル
35'47" 18 三木 一将 C1 反スポーツ


得点経過
時間 チーム No. 得点選手  
20'36" リガーレ東京 10 松浦 英
30'03" ファイルフォックス府中 18 三木 一将


関東フットサルリーグ1部 第11節

ファイルフォックス府中 vs リガーレ東京

ファイルフォックス
GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:2瀬戸真司、4岩田雅人、5飯田力太、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、11吉成圭、18三木一将、20細野洋平、22大森優、23杉本聖和

リガーレ東京
GK:21山本一春、53柴田健司
FP:2茨木司朗、4碓井孝一郎、5田嶋健一、7西野宏太郎、8砂山祐樹、10松浦英、11高橋政之、12小山浩史、20池田祥太、22宇田川和史、23飯塚将平、24安川 敦士

16:30キックオフ。

台風の影響で延期になった11節。
分散開催となり、ファイル対リガーレは、準会員リーグの柏TOR対ビークス白山の試合の後に開催。
柏のサポーターが大量に帰り観客51人とさびしい会場。
選手入場も1人ずつの入場ではなくテディの選手コールもなく、
選手権のように全員で整列する。
せっかくMCいるのに…

そしてピッチはスポーツコート。
関東では初のスポーツコート。
味スタで慣れているから珍しくもないが、なぜかネットで観客の評価はいい。
すべるコートなのでプレーする選手にはありがたみなんかないのではないかと思うが。
しかも準備はボランティアと柏の選手でやり、撤収は柏とファイルとリガーレの選手。
なんかかわいそう…。
せめてもっと滑らない材質に改善できないか?それともシューズが対応するしかないのか?

まあ、両チームともに同じ条件だからいいんだけど…

先発
ファイル GK:1番三浦、FP:2番瀬戸、7番徳嶽、11番吉成、18番三木
リガーレ GK:21番柴田、FP:8番砂山、11番高橋、23番飯塚、24番安川

関東リーグ3連勝、選手権東京都大会3連勝と6連勝中のファイルフォックス。
地域チャンピオンズリーグが掛かったここからが正念場。
この時点で、2位ブラックショーツ、3位カフリンガの勝ち点はともに22。
ファイルの勝ち点は21と、
ともに1試合を少ない上位2チームを抜いて勝利すれば単独2位に躍り出る。

対するリガーレ東京。勝ち点17と上位陣には少し離れているものの、消化試合は多いが、まだ数字の上では可能性はある。

瀬戸、杉本が加入して安定感の増したファイルだが台所事情が苦しいのは否めない。
前節2セットを組んだものの、練習で藤本が負傷。今節はベンチに入ったものの出場は微妙。

コイントスで陣地を交代。後半岩田をゴレイロとしたパワープレーを考えてのこと。
勝ちたい気持ちはハンパない。

前半開始。

リガーレも気持ちのあるプレーで切り替えも早く一進一退の攻防。

ファイルは一度ハーフに引いてから積極的に攻めのプレスを掛ける。
序盤からファイルが仕掛ける。
欲しいのは先制点。

そして、ファイルはセカンドセットを組まずに二人ずつの交代。
徳嶽、吉成が、岩田、田村と交代。

その後も変則的に、細野、大森、杉本を加えた9人でまわす。

前半はお互いにシュート数が14本と互角の戦い。
0-0で前半を終える。

後半開始。

ファイル GK:12番石渡、FP:2番瀬戸、7番徳嶽、11番吉成、18番三木
リガーレ GK:53番柴田、FP:4番碓井、7番西野、10番松浦、12番小山


後半はお互いにゴレイロを代えてきた。

後半開始36秒。

リガーレ4番碓井が左45度からミドルシュート。石渡が倒れながらファーのシュートをセーブ。キャッチしきれずボールがこぼれる。
そこをファーに詰めていた松浦が押し込む。

リガーレ先制。

ファイル 0-1 リガーレ

先制したことで気持ちが緩んだか、リガーレの運動量が落ちる。
攻め込むファイル。

ファイルペースで試合は進みいい形もつくるのだが、
最後が決めきれない。

やはりスポーツコートは、大事な場面で滑る選手が続出。
まあ、相手にもだが…。

そして両チームにファールがたまっていく。

後半9:56
リガーレペナルティエリア内に攻め込むファイル。
ここでリガーレの選手にハンドの反則。
ゴール前混戦でごちゃごちゃしていて確認できなかったが、レッドカードがでていなかったので、決定的な得点機会阻止ではない。

PKを蹴るのは得点ランキングトップの三木。
落ち着いて決めて、ファイル同点。

ファイル1-1リガーレ

そしてリガーレが5ファールに。

ここから更に試合はヒートアップ。

残り4:40

杉本が倒されてファイルに第2PK。

そしてキッカーは三木。
慎重に蹴ってゴール右上に決めるも4秒ルールによりゴールは無効。
リガーレのFKに。

珍しいジャッジ。
第2PKは、壁なしフリーキックのため、4秒の対象。
ちなみにPKは4秒ルール適用なし。

残り2:33

タイムアウトを取り、ゴレイロを岩田にパワープレー開始。
リガーレも気持ちを出して守り、まずはファイルにパワープレーをさせないように前プレ。
そしてシュートまで持っていかれても最後で身体を張りゴールを割らせない。

そのまま試合終了

ファイル 1-1 リガーレ

痛い引き分け。
ファイルは何人もの選手がピッチに倒れこむ。
負けに等しい引き分け。

そして最後まで守りきったリガーレの選手は心なしかほっとした表情。
笑顔の選手もいる。

そしてサポーターへの挨拶。
お通夜のようなファイルの選手と、
サポーターと盛り上がってるリガーレの選手。

相手チームの反応も相まって
引き分けなのに負けたかのようなもやもや感。

本当に悔しい。
選手もみんなそんな顔をしてくれている。

やっぱりそんな選手を大好きだし、
勝つための力になりたい。
次こそ勝ってほしい。

切に願う。


11節の残り3試合はまだだが、この結果順位は変わらず。

1位 フウガすみだ       36
2位 ブラックショーツ     22
3位 カフリンガ東久留米    22
4位 ファイルフォックス府中  22
5位 ゾット早稲田       20
6位 リガーレ東京       18
7位 バルドラール浦安セグンド 10
8位 柏トーア’82       8
9位 アルティスタ埼玉     3

3位までが出場できる地域チャンピオンズリーグ。
ファイルは勝ち点22でショーツとカフリンガに並んだものの
直接対決で負けているため4位は変わらず。
この3チームともに消化試合数も並んだ。

カフリンガにはまだ直接対決が残っている。
このまま全試合を勝利すればカフリンガの勝ち点は上回る。
しかしながら、ゾットの消化試合は1試合少ないため、ゾットとショーツの直接対決次第で順位も変わる。

ファイルはとにかく目の前の試合に勝つだけ。
残り3試合。
勝ってシーズンを終えましょう!

次節は、第16節が、12月14日(土)、ウイング・ハット春日部で行われます。

11:00 浦安Segundo - FUGA
12:50 CAFURINGA - FIRE FOX
14:40 Black Shorts - ZOTT
16:30 Artista - 柏TOR'82

これからも応援よろしくお願いします!
[ 2013/12/10 20:24 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

PUMACUP2014東京都大会準決勝、決勝 ヒーローインタビュー

PUMACUP2014東京都大会。

関東リーグのチームが、次々と都リーグのチームに喰われる下剋上の今大会。
そんな中、見事優勝したファイルフォックス。

優勝のために全員がひとつになって戦えたことが大きかったと思います。
全員の声は聞けないのですが、得点をして勝利に貢献した3選手にインタビューをしてきましたので
ぜひご覧ください。

エボルシオンに先制されて迎えた7分。同点ゴールで反撃の狼煙を上げた細野選手。
[広告] VPS


準決勝のエボルシオン戦の前半終了間際、キックインから三木が落として綺麗に決めた逆転ゴール。
[広告] VPS


準決勝で1点、決勝で2点を獲り、優勝に大きく貢献した三木選手のインタビュー

[広告] VPS

No.23 杉本聖和選手のインタビュー

No.23 杉本聖和選手のインタビュー

選手インタビュー19人目は
追加登録選手の杉本聖和選手。
1988年1月31日生まれの25歳。

ご存知の方も多いと思いますが、
2010年シーズンにファイルフォックスでフットサルデビューを果たした杉本選手。

日本大学サッカー部から卒業後フットサルに転身。
2010年にセレクションでファイルに入団。

ピヴォとして開幕戦から出場。
2節のフウガ戦では早くも得点を上げる期待の新人。

当時は、まだフットサルを知らないプレーが多く
守備も危ういし、その位置でドリブルで仕掛けるか、とハラハラさせられたが、
その荒削りなドリブルが、魅力的でとても印象に残っている。

その年の選手権では予選ラウンドで名古屋に引き分け、代々木帰還を果たすも震災で決勝トーナメントを戦うことができなかったファイル。
その大会をきっかけに当時の府中アスレティックの伊藤雅範監督からオファーを受け、アスレに移籍。

当時はFリーグに行きたいのか、Fリーグで活躍したいのか。
もう1年ファイルでやってから挑戦してもいいのではないか。
いろいろ迷いもあったと思うが、つかんだチャンスを無駄にしたくないと移籍を決意。

Fリーグでは3チームを渡り歩き、今期ファイルに戻ってきてくれた。

2011-2012 府中アスレティックFC
2012 デウソン神戸
2013 バサジィ大分

怪我がちで、なかなか思うようなプレーができなかったの杉本選手。

いろいろな巡り合わせでファイルに戻ってきてくることを選択してくれました。

来年はまた上のステージに行ってしまうかファイルに残るか今は考えていない。
今年はファイルのために全力で戦うと言ってくれました。

若い選手の多い今年のファイル。
ファイルから再びFリーグに挑戦している三井選手や中国に渡った石関選手のように
若い選手にたくさんの経験を伝えてくれればと思います。

そんな中で自分のフットサルをもっともっと高めてくれると嬉しいと思います。

先日の関東リーグ再開のアルティスタ戦でファイルに復帰。
まだまだ味方との連携や、自身の復調ももう少しという印象でしたが、
残り4試合のリーグ戦、そして選手権関東大会と、調子を上げていって活躍してくれることを期待しています。

それでは、インタビューをご覧ください。

[広告] VPS

準会員リーグも見れるぞ柏中央、第11節! vsリガーレ東京 柏中央体育館(千葉)

第11節延期分が、12月7日(土)、柏市中央体育館で行われます。

16:30 FIRE FOX - LIGARE TOKYO

12月7日(土)
第15回関東フットサルリーグ1部 第11節

vsリガーレ東京 柏中央体育館

第12節の柏TOR戦、第14節のゾット戦、第15節のアルティスタ埼玉戦
と3連勝のファイルフォックス。
その間に選手権都大会でも3連勝して優勝と負けなしのファイルフォックス。

次節は台風で延期になったリガーレ戦。
Fリーグ準会員リーグの柏TORvsビークス白山の試合開催の後に
一試合だけ行われます。

他の試合日程は別で、分散開催となります。

本来は9/14(土)~16(祝・月)と3連休の初日と最終日の中一日で行われる予定だった対戦。
後期日程初日の9/14(土)のブラックショーツ戦では、田村、小原が負傷で抜け、石関が中国へ渡り、ベンチ入りが10名。
FPは実質7人で回していたファイル。
前半体力温存の作戦が裏目に出て、ショーツ相手に大敗を喫してしまった2日後に、疲労も癒えずに補強もなく絶体絶命の試合だったはず…。
それが、鈴木龍一郎の退団があったものの、瀬戸、飯田、細野、杉本と4名の選手が追加登録。さらには田村佳翔の復帰。
今期初の2連敗の後ではなく、今期初の3連勝の後と、好条件で迎えることができる。

前回の対戦では、No.18三木の相手をよく見たキックインでオウンゴールを誘い先制するも、残り56秒で安川に決められるという、守りきれない若さを露呈したファイル。

対するリガーレは、現在まで4勝5分4敗、勝ち点17で6位。勝ち切れない試合も多いが、Fリーグ経験者も多い、大人なチーム。
荒削りなプレーはないが、リスクを掛けずに、相手のミスを見逃さない。
サポーターの数も多く、成績は伴っていないが間違いなく実力はあるチーム。
波に乗せると怖い。

フウガが優勝を決め、残るモチベーションは地域チャンピオンズリーグ出場。
関東からは3枠。残る2枠を争うリーグ戦は混戦です。
まずは勝って、他のチームにプレッシャーを与えていきたいです。

12/7(土)16:30。柏中央体育館でキックオフ。

14:00からは柏TORとビークス白山の準会員リーグの試合もあります。
入場無料です。

ボランティアも募集しているみたいです。
詳しくはhttp://www.tor-reysol.com/。


対戦相手のリガーレは多くのサポーターが駆けつけると予想されます。
ファイルを応援している方は、サポーター席にぜひきてください。
選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
サポーター席で一緒に応援していただけると選手の力になると思います。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。


[第15回 関東フットサルリーグ1部 第11節(1試合のみ)]
日程:12月7日(土)
会場:柏中央体育館(千葉県柏市)

[準会員リーグ]
14:00 柏トーア’82 vs リガーレ東京

[関東リーグ]
16:30 ファイルフォックス府中 vs リガーレ東京

※入場無料!

[柏市中央体育館]
〒277-0004 千葉県柏市柏下73
TEL 04-7164-9573

[柏市中央体育館へのアクセス]
○JR常磐線 北柏駅 南口
・南口より徒歩15分
・阪東バス(北柏駅) 慈恵医大柏病院ゆき「慈恵医大柏病院(終点)」下車 徒歩3分

バス時刻表(阪東バス)
阪東バス 慈恵医大柏病院ゆき 時刻表
http://www.bandobus.co.jp/rosen/time/n01.html

○JR常磐線 柏駅 東口
・東口より徒歩30分
・阪東バス(柏駅東口) ウェルネス柏(慈恵経由)ゆき・慈恵医大柏病院ゆき「柏市民体育館入口」下車 徒歩1分


バス時刻表(阪東バス)
阪東バス ウェルネス柏(慈恵経由)ゆき・慈恵医大柏病院ゆき 時刻表
http://www.bandobus.co.jp/rosen/time/l01.html

柏市中央体育館ホームページ
http://kashiwa.kbm.cc/guide/01.html

観客席は土足でOKとのことです。
応援よろしくお願いします。
[ 2013/12/03 18:25 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

第15節 アルティスタ埼玉戦 ウイングハット春日部

第15節 アルティスタ埼玉戦 ウイングハット春日部

大会名 第15回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 3 年 1 1 月 3 0 日
試合開始 1 6 : 4 0
観客数 147 人
会場 ウイング・ハット春日部
主審   斉藤寛人
第2審判 渡辺長英
第3審判 小野寺祐
タイムキーパー 品田幸恵


警告・退場
時間 番号 選手名 理由
27'38" 4 小原 秀一 C1 反スポーツ

得点経過
時間 チーム No. 得点選手  
28'23" ファイルフォックス府中 7 徳嶽 裕太
30'25" ファイルフォックス府中 18 三木 一将
34'44" ファイルフォックス府中 2 瀬戸 真司


関東フットサルリーグ1部 第15節

アルティスタ埼玉 vs ファイルフォックス府中

ファイルフォックス
GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:2瀬戸真司、4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、11吉成圭、18三木一将、19原田直、20細野洋平、22大森優、23杉本聖和


アルティスタ埼玉
GK:21安藤 真之、27粕谷 智政
FP:2星貴雄、3中村哲、4小原秀一、6熊川政人、8鈴木嘉也、9杣山達洋、10加藤貴行、13谷内秀彰、17中村昌哉19中村克史、20鳥飼武志、30橋本真志

16:40キックオフ。

先発
アルティスタ 3番中村、4番小原、20番鳥飼、30番橋本、ゴレイロ粕谷
ファイル 2番瀬戸、7番徳嶽、11番吉成、18番三木、ゴレイロ三浦

ファイルは2010-2011年シーズンに所属して、Fリーグ府中アスレ、デウソン神戸、バサジイ大分でプレーをした杉本聖和選手が追加登録。
http://raposa.blog66.fc2.com/blog-entry-414.html

14名のベンチ入りが可能になった今期、ファイルも今年初めてベンチ入り争いが復活。
例えベンチ入りができなくても、ベンチに入ってもプレーで貢献できなくても声を出すことでともに戦う。
今年のファイルは全員が一丸となって闘う。
プレーができないものも自分のできることで闘う。

ちなみにこの日、ゾットは清野監督と若手でサードセットを組んでいた。
フウガ相手に正直不安なセット。このセットに失点が多いというわけではなかったが、やはり危ないシーンが目立った。
それでも清野監督は若手中心のサードセットに試合を経験させることを選んだ。
次世代のゾットを担うであろう選手にFリーグに行く前にフウガとの公式戦を経験させたかったのではないかと推測する。

ファイルの場合は、試合に出場する時間を決めるのは監督ではなく自分自身。という吉成イズムがある。
自身のパフォーマンスが試合出場時間を決める。経験することで飛躍的に成長することも否定しないし、
試合に出れない悔しさから成長をすることもある。どちらがベストかは難しい問題。

今年、藤本選手は飛躍的に成長したと思う。
今年のファイルの戦力から、ファーストセットに定着、試合に出ることで成長したのだと思う、
まずは練習でパフォーマンスを見せて、試合に出場し、その経験を成長の糧にしてくれることを願う。


そして観客席には、今期初の坂口選手の姿も!
写真


対するアルティスタ。元ファイルの安藤との対戦を楽しみにしていたが、先発は粕谷選手。残念。

瀬戸が加入して安定感の増したファイル。一度ハーフに引いてから積極的に攻めのプレスを掛ける。
対するアルティスタ。まだ負けても降格が決まらないからか、フウガがFを決めて自動降格がなくなったからか、
思ったほど崖っぷち感がない。
序盤からファイルが仕掛ける。欲しいのは先制点。練習でも前半で勝負を決めたいと言っていた。

そして、セカンドセットに交代。
セカンドセットは、4岩田、6田村、9藤本、23杉本。
今期ファイルの公式戦では初のセット交代。
練習試合では試していたが、23杉本が出場できなかった選手権都予選ではできなかったこと。

やはり長身長のピヴォが入るとプレーが違ってくる。
前線で身体を張りボールを収める。

しかし、まだチームとしてピヴォを使った効果的な攻撃ができている感じではない。
23杉本も足の負傷明けだからか、まだ本調子ではないとのこと。
収めてからの反転シュートもなく、落としてシュートまでの連携がまだまだな印象。
しかし、前線の起点が作れることは大きい。

その後も2セットでまわすファイル。

アルティスタのゴールへ仕掛けていく。

前半だけで、相手のシュート数11に対して23本と倍のシュート数を放ちながら
0-0で前半を終える。

後半開始。

後半もファイルのゴールを守るのは1三浦。
石渡は前夜に救急病院に行くほどの高熱を出すほどの体調不良。
アルティスタのゴレイロも前半と同じく粕谷。安藤は出てこない。

ファーストセットも両チーム変わらず。

アルティスタが元気がないように見えるが、
ディフェンスの意識は向上しているのか、なかなかゴールを決められない。
最後まで身体を張ったプレーが目立つ。

8'23"
吉成のシュートが粕谷に防がれ右CK。
グラウンダーのパスを一人がスルー、中央で待つ7番徳嶽が右足ダイレクトシュート。
強烈なシュートがゴール右上に突き刺さる。
 
アルティスタ 0-1 ファイル


ようやくスイッチが入ったかアルティスタ。
得意の個人の力で突破を試みる。

10'25"
ファイル左サイドキックイン。
吉成がループで逆サイドへ。
7番徳嶽が右足ダイレクトボレーでシュートかと思いきや、中央の18番三木がフリーなのを見て折り返し。
2バウンドしたボールを中央18番三木がダイレクトボレー。
これが左隅に決まり追加点!

アルティスタ 0-2 ファイル

セットプレーで2得点。
さらに勢いに乗るファイル。

アルティスタも猛攻を仕掛ける。
アルティスタがペースを握って仕掛けるが、
ファイルも中を締めて最後はやらせない。

残り5'16"
右コーナーキック。11番吉成から中にインフロントパス。
ゴール前2番瀬戸が右足ダイレクトボレー。
強烈に左隅に決まる

アルティスタ 0-3 ファイル

ファイルは全てセットプレーからの得点。

瀬戸のゴールが嬉しい。
攻守に渡って活躍する瀬戸。
本当にうまい。マイボールを保持するのがうまい。
上手く言えないが、単純に足元でボールをキープする技術だけでなく、
球際イーブンのボールを頭脳的に接触をせずにマイボールにするクレバーさ。
どんな状況からでも味方にボールをつなげる最後まで諦めないプレー。
その判断力。
本当に生で見て欲しい選手。

さあ、ようやく火が付いたアルティスタ。
攻め込むが、外ではやらせて中はきっちり締めるファイル。

そのまま試合終了

アルティスタ 0-3 ファイル


本当に全員がひとつの方向を向いて闘っていた。
ピッチに立てなかった選手も、怪我でプレーができない選手も、ベンチから声を出していた。


この日も三木が力強く縦に突破し、力強くカットインする。
得点こそセットプレーからの一点だけだったが攻守に渡り大活躍の三木。
ついに、ゴールランキング単独の1位に!

ベンチ入りの選手も本当にみんなが声を出していた。
みんなが本当に一つになって、力を出し切って、掴んだ勝利。

関東リーグ中断期間。
まず、吉成監督が手掛けたのはフィジカル。
とにかく走っていた。
上のリーグを経験している選手も高校生の選手も
みんながさぼらずに走った。
そして、サインプレー、セットプレーの徹底。
それが、実って得点は全部セットプレー。
まさに吉成監督の狙い通り。

それを見てきたから、この結果は本当にうれしい。

本日の全試合の結果。

ゾット早稲田       2 - 8 フウガすみだ
ブラックショーツ     1 - 2 カフリンガ東久留米
バルドラール浦安セグンド 1 - 1 リガーレ東京   
アルティスタ埼玉     0 - 3 ファイルフォックス府中

順位は

1位 フウガすみだ       36
2位 ブラックショーツ     22
2位 カフリンガ東久留米    22
4位 ファイルフォックス府中  21
3位 ゾット早稲田       20
6位 リガーレ東京       17
7位 バルドラール浦安セグンド 10
8位 柏トーア’82       8
9位 アルティスタ埼玉     3

この結果、フウガすみだの優勝が決定。
3連覇達成、6度目の優勝。

3位までが出場できる地域チャンピオンズリーグ。
残る地域チャンピオンズリーグ出場枠は2枠。
2位のブラックショーツから5位のゾットまでは勝ち点2差。
混戦です。。

次節は、第11節延期分が、12月7日(土)、柏市中央体育館で行われます。

16:30 FIRE FOX - LIGARE TOKYO

今日は、サポーター席で後ろから聞こえるみなさんの声援、拍手、手拍子が本当にうれしかったです。
きっと選手にも届いています。今日の選手のパフォーマンスは絶対みなさんの応援のおかげです。
これからも応援よろしくお願いします!
[ 2013/12/01 21:41 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)
 
       >    
順位 チーム 勝ち点 得失点 試合数
1 FIREFOX 26 +29 12
2 BlackShorts 23 +11 12
3 ZOTT 21 +3 12
4 LIGARE 19 0 13
5 CAFURINGA 19 +7 12
6 柏TOR 18 -7 13
7 浦安セグンド 17 -3 12
8 FCmm 16 -5 13
9 NOVO MENTE 1 -35 13
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。