スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

八月最後の墨田区総合 第8節 vsカフリンガ東久留米

夏休み最後の墨田区総合体育館。
対戦相手はカフリンガ東久留米。

昨年の対戦は4-6、4-1と1勝1敗。
カフリンガが2008年に1部に上がってきてからの対戦は
4勝4敗2分と全くの五分。

今季のカフリンガは2勝4敗と、柏とアルティスタと不調なチームからはしっかり勝ちをとってきている。
前節フウガ戦も早川のゴールで先制するも、残り5分で同点にされ残り1分を切ってから太見のバードヘッドで逆転されるとか、首位フウガ相手に好ゲームを繰り広げています。

今シーズンから、ファイルから稲田、フウガから早川、ブラックショーツから高橋が移籍と、戦力アップしたものの、まだうまく噛み合っていない印象。とはいえ彼ら三人を含めて全員が1人で局面を打開できる選手。そういった相手の方がファイルには怖い。

順位こそファイルが上であるものの、この試合も若いファイルはチャレンジャーとして全力でぶつかって行くだけ。

前期もあと二試合。カフリンガにもまだ四位以内の可能性は残っている。
ファイルはカフリンガの可能性を潰して、自身が四位以内に残るには引き分け以上の結果が必要。
最終戦のフウガ戦を前にきっちり決めて、勢いをつけて臨みたいところ。

会場は墨田区総合体育館。

みなさんの応援が力になります。サポーター席の近くに座っていただき拍手、手拍子で選手の後押しをお願いします。



[第15回 関東フットサルリーグ1部 第8節]
日程:8月31日(土)
会場:墨田区総合体育館(東京都墨田区)

[第1試合]
11:00 ファイルフォックス府中 vs カフリンガ東久留米
[第2試合]
12:50 柏トーア’82 vs アルティスタ埼玉
[第3試合]
14:40 ゾット早稲田 vs ブラックショーツ
[エキシビションマッチ(12-3-12 ランニングタイム)]
16:10 フウガすみだウイングス(U14) vs ZOTT WASEDA INFANTIL(U15)
[第4試合]
17:00  フウガすみだ vs バルドラール浦安セグンド

※入場無料。
※フウガすみだホームイベントデーです。

[墨田区総合体育館へのアクセス]
東京都墨田区錦糸4-15-1 錦糸公園内
TEL 03-3623-7273
錦糸町駅北口より徒歩5分
スポンサーサイト
[ 2013/08/30 08:54 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

No.9 藤本豊選手のインタビュー

選手紹介インタビューの9人目は
藤本豊選手。

527917769109.jpg
Photo by FUTSAL PIX

1991/9/9生まれの21歳。
山梨学院大学の3年生で、ファイルに入団して3年目の藤本選手。

2年前に新入団選手としてインタビューした記事はこちら。
http://raposa.blog66.fc2.com/blog-entry-428.html

武田消毒でフットサルを始めて、山梨で行われた選手権の関東予選を見てファイルに入りたいと思った藤本選手もすでに3年目。若くしてベテラン枠の中核選手。

開幕戦ではおそらく公式戦初ゴールを決めて、今年は活躍に期待の選手。

昨年はベンチ入りこと果たすものの、ベンチスタートを温める試合も多く、短い出場機会では活躍するチャンスも少なかった藤本選手。

今年は、吉成、岩田、三木、田村に続く実力者で、成長が期待される藤本選手。
今年は何回も言っているが、藤本選手の出来不出来がチームの成績に大きく関わると思う。

本当に頑張って欲しい。

[広告] VPS

第7節 vsバルドラール浦安セグンド 栃木県立県南体育館(栃木)

第15回関東フットサルリーグ(1部)第7節
開催日 2 0 1 3 年 0 8 月 2 4 日
試合開始 1 1 : 0 0  開始
観客数 109 人
会場 栃木県立県南体育館
主審 斉藤寛人
第2審判 常岡大展
第3審判 渡辺長英
タイムキーパー 柳田比左志

ファイルフォックス
GK12石渡 良太
FP6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、14鈴木龍一郎、18三木一将、19原田直、22大森優

バルドラール浦安セグンド
GK1富澤孝、28税田拓基、58茅沼陸王
FP18渡邉裕一、21小川将成、22長本大将、23関尚登、24加藤竜馬、26鈴木護、29丹野聡士、31井原智、34石田雄太郎、37岡田彬伸、39大橋勇太

得点者
00'42" ファイルフォックス府中 18三木 一将
11'38" バルドラール浦安セグンド 21小川 将成
19'47" バルドラール浦安セグンド 18渡邉 裕一
28'16" ファイルフォックス府中 オウンゴール

警告・退場
19'47" 11 吉成 圭 S4 阻止(手)



前節で三浦、岩田の2名の退場者を出しながらアルティスタ戦に勝利したファイルフォックス。
今節は2名を欠いて、今シーズン3敗3分と勝ちのないバルドラール浦安セグンドと対戦。

プレビューでも書いたがセグンドは良くも悪くも勝利が一番せはなくプリメーロへの過程のチーム。
サポーターも同じ。栃木まで駆けつけてきてもガチ応援はしない。サポーター席にも座らない。
それがチームの難しい立ち位置を表していると思う。

スターティング5
ファイル GK石渡、FP田村、藤本、吉成、三木
浦安 GK富澤、長本、関、丹野、井原

11:00キックオフ

開始42秒。
右コーナーキック。
中央への速いボールに合わせて走り込んだ三木。
きれいにダイレクトが決まってファイル先制!

ファイル1-0セグンド

早い時間に先制。

ファイルはハーフに引いて守る。
セグンドはパスをまわしながらチャンスを狙う。

少ないメンバーでまわすファイル。
試合経験のない選手の成長をベテランが引っ張る。
吉成、三木、田村を中心に若手を入れ替えながらまわす。
ベテラン勢の負担が大きい。

徐々にセグンドのペースに。
劣性に立たされながら、最後の最後に身体を投げ出しゴールを割らせない。

11分
セグンドの右CK。
どこか落ち着かないファイル。
やばい!
「集中!」
「絶対やらせるな!」
声を掛ける。
しかし落ち着かない選手の耳には届かない。

マークがあいまいなまま蹴られる。
三木の先制ゴールと同じような形でセグンド小川がダイレクトで合わせて同点。

ファイル1-1セグンド

同点に追いつかれてもファイルのやることは変わらない。
ハーフできっちり守って、状況を見て前プレ。
徐々にファイルの攻撃が多くなってくる。
前半のうちに再びリードをしたいところ。

前半残り13秒
セグンドのカウンター。
ファイルから見て左サイドをセグンド岡田が駆け上がってくる。
右足シュートフェイントからの左足シュート。

吉成がスライディングでカット。
至近距離から撃たれたシュートが当たったのは吉成の手だったようだ。

フットサル競技規則「退場となる反則」によると、

競技者、または交代要員は、次の 7 項目の反則を犯した場合、退場を命じられる。

・意図的にボールを手、または腕で扱い、相手チームの得点、または決定的な得点の機会を阻止する

とある。
退場は厳しい、イエローでもいいんじゃないというのは勘違い。
あれをファールと取るのであれば退場なのだ。

問題なのは意図的だったと取るかどうか。
至近距離からのシュート。手を伸ばしたようにはサポーター席からは見えなかった。
ゴールの枠に飛んだボールを手で触れてしまったためにコースが変わったのは事実。
結果論としてみるのであれば手に触れたからボールはゴールに入らなかった。
しかし、吉成の後ろには佳翔がいた。石渡もいた。
手で触らなくともゴールが入らなかった確率は高い。
その上で審判から見て「意図的に」触ったのであればあれは退場として納得せざるを得ない。
審判は自分よりも近い位置でゲームを見ている。
きっと審判の判断が正しいのであろう。

そして驚いたのはPKとなったこと。
サポーター席から見ると外だと思ったのだが…
審判の方が近くで見ているから審判が正しいのであろう。

「切り替えろ!」
そう声をかける。
一人退場してPK。前半残り13秒。
セグンドがタイムアウト。
PKに戦術があるわけはないだろうが、PK失敗した場合を想定して数的有利の攻め方の確認をしているのであろうか。
そう、石渡ならきっと止めてくれる。

タイムアウトを取ったセグンドはあっさり配置につく。
ファイルは気合を入れるためにも円陣を組もうとするが1分を過ぎていたため審判に制されピッチへ。

きっちり渡邉が決めてセグンドが逆転。

ファイル1-2セグンド

残り13秒。

ファイルボールでキックオフ。
「シュートで終われ!」
「一点返そうぜ!」
声援を送り続けるがこのまま前半終了。

ハーフタイムのサポーター席での会話。
というか自分の独り言w

「こっから逆転したら、かっこいいよな。」
「あいつらなら絶対にやってくれる。信じてるよ。」
「しかし、吉成は県南と相性悪いよな。」
「でも吉成が退場した試合は勝ってるよ。」
「吉成が退場した試合は勝つジンクス!」

サポーターはなんでもポジティブに己を納得させる思考回路を持つ。
チームの勝利を一度たりとも疑ったことはない。

「勝てる。勝てる。絶対に勝てる!」

そう叫ぶことで自己暗示をかけてるのだろうか。
自己暗示でも言ってるうちに本当の気持ちになってく。
サポーターは馬鹿だから。いや、俺は馬鹿だからw
そう叫ぶことでチーム全体がそういう気持ちになってくれたらいい
応援するものは応援されるものよりも強くなければならない。
一度たりとも勝利を疑ったことはない。

練習を見学してきたからわかる。
みんな厳しい練習をしてきたんだ。
絶対に練習は裏切らない。

後半開始。

セットまわしのできないファイル。
ベテラン勢の一角を担う吉成の退場は大きい。
田村が引き気味、三木が前線に張り気味。
しかしファイルのやることは変わらない。
セグンドにボールを持たせ、ハーフできっちり守って、チャンスを狙う。


8分
カウンターで藤本が駆け上がる。
富沢にセーブされて左コーナーキック。
落として走り込んだ佳翔が打つがまたしても富沢セーブ。
またしても左CK、同じような形で落として三木の左足ダイレクトでシュートパス。
ファーポストで待つ山本の目の前でゼグンドのDFに当たってボールはゴールに吸い込まれて同点!
ファイル2-2セグンド

層の薄さから厳しい状況。
セットプレーでリスクを掛けないで得点できたのは大きい!
若い山本に得点をさせてあげたかった。
セグンドDFにゴールを盗まれた感じだが贅沢は言ってられない。

流れはきた!

「勝てる!絶対に勝てる!」

同点に戻してもファイルのやることは変わらない。
ハーフで守ってチャンスを狙う。

ポゼッションはセグンド。
しかしやられてるのではない。やらせているのだ。

とはいえ、押し込まれ厳しいのは事実。
疲労が溜まりだす。徐々にセグンドのペースに。
しかし最後の最後は身体を張りやらせない!
そして不動の守護神石渡がゴールの前に立ちふさがり決めさせない。

これがファイル魂。

残り3分。
ファイルタイムアウト。
厳しい時間。しっかり体を休ませたい。
今度は円陣を組んで試合再開。

残り1分30秒
セグンドタイムアウト。

タイムアウト明け、セグンドは長本をゴレイロにしてパワープレー開始。
同点だが、どうしても勝ちたいセグンド。次の試合はフウガ。
フウガ戦の前に勝ちの体験をつくりたいのか。
吉成、岩田、三木のいないファイルに勝てなくていつ勝つのか。
試合が終わった後にセグンドの選手と話したところ、今日が勝ちどころだと思って掛けてきたと言ってた。

しかし、セグンドがパワープレーで来ることは想定していた。
練習で何度も取り組んでいた。

「勝てる!絶対に勝てるぞ!」

何度でも言う!練習は裏切らない。
きっちり守るファイル。
奪って石渡のパワープレー返しのパントキック。
惜しくも左に外れる。

その後も何度となくパワープレーを止める。
しかしカウンターで駆け上がる体力がファイルには残っていなかった。

残り14秒
セグンドのゴール前でフリーキック。
1列でのセットプレー。
またしても決まらず。しかし精度は上がってきている。
次こそ決まるはず!

残り2秒。
セグンドボールでキックイン。
パワープレーのゴレイロ長本もゴール前に。
きっとセグンドは放り込んできてシュート。

「奪ったら即シュートだ!」
「打って終われ!」

残り2秒でも勝つと信じているのがサポーター。
馬鹿だからね。

ロングボールはラインを割りそのまま試合終了

ファイル2-2セグンド

開始早々先制したものの。
前節の岩田、三浦に続き吉成まで退場してしまい苦しい展開。
そんな中でも三木、佳翔を中心に、豊、優、聖士郎、徳、真太郎。
みんながやることをきっちりやり遂げて同点に追いつき、
セグンドのパワープレーも耐え抜き試合を終われた。
本当に勝ちに等しい引き分けと言っていいだろう。
やはりゴールを守る石渡の存在は大きい。
最後の最後でベテランの守護神がきっちりシュートを止める。
本当にベテランと若手が一つになっている。

吉成監督の手腕は大きい。
退場になってから自分を悔いるように頭を抱えたり、通路と観客席を行ったりきたりしていて見るのもつらかったが、
貴方の作り上げたチームは立派なチームです。監督不在の中、監督のためにしっかりやることをやりぬきました。
次節はしっかり身体を休めて大一番のフウガ戦に備えてください。

本当にいいチームになった。
まだまだミスも多いし、判断も遅い。
それでもこれだけの結果を残しているのは大きい。
ファイルを応援していてよかった。

■関東フットサルリーグ 第7節の結果■

セグンド 2-2 ファイル
カフリンガ 1-2 フウガ
リガーレ 1-5 ゾット
柏 2-1 ショーツ


1フウガすみだ(勝点18 6試合 6勝0分0敗 総得点25 総失点11 得失点+14)
2ゾット早稲田(勝点13 6試合 4勝1分1敗 総得点21 総失点12 得失点+9)
3ファイルフォックス(勝点12 6試合 3勝3分0敗 総得点15 総失点11 得失点+4)
4ブラックショーツ(勝点10 7試合 3勝1分3敗 総得点25 総失点26 得失点-1)
5リガーレ東京(勝点7 7試合 1勝4分2敗 総得点18 総失点18 得失点0)
6カフリンガ東久留米(勝点6 6試合 2勝0分4敗 総得点17 総失点29 得失点-12)
7柏トーア’82(勝点5 6試合 1勝2分3敗 総得点12 総失点16 得失点-4)
8アルティスタ埼玉(勝点3 6試合 1勝0分5敗 総得点18 総失点21 得失点-3)
8バルドラール浦安セグンド(勝点3 6試合 0勝3分3敗 総得点12 総失点19 得失点-7)

この結果、
フウガとゾットが前期4位以内を確定。

残り2枠をファイル、ショーツ、リガーレ、カフリンガに絞られた。
ファイルは次節カフリンガに引き分け以上で4位以内確定。

次節も大切な試合になります。
8/31(土)11:00~墨田区総合体育館 vsカフリンガ東久留米
[ 2013/08/25 12:58 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

おやまあ、小山で第七節!vsバルドラール浦安セグンド 栃木県立県南体育館

いよいよ前期も終盤。
今週土曜日は栃木県小山市、県南体育館で関東フットサルリーグです。

第7節の相手はバルドラール浦安セグンド。

今期は

1●4アルティスタ
2△2柏
1●4ZOTT
4●5BS
2△2リガーレ

とまだ勝ち星がなく2分3敗。

バルドラール浦安はプリメーロから育成まで同じコンセプトで闘う。
セグンドも例外ではない。
ポゼッションを高め四人の連動したパス回しからゴールを狙う。
目の前の勝ちが目標ではなく、あくまでもプリメーロで闘うことが目標。
選手はやはり上手い。
戦術も緻密で上のフットサルを目指す。


ファイルは、前節のアルティスタ戦で
二人の退場を出しながらの死闘を制し勝利。
その代償は大きい。

三浦拓と岩田雅人の2選手が出場停止。
石関聖も中国へ旅立ち、開幕から闘ってきた選手からは3名を欠いての試合。
選手層も薄く14人のベンチ枠も余らせてしまうだろう。

いつかはこういう時が来ることは覚悟していた。
次の試合はファイルの正念場。
今年のファイル最大の試練。
しかし、ここを乗り切れば大きい。

気持ちを出すのは当然。
しかし気持ちがなければ勝つことは難しい。
関東リーグとはそういうリーグだと思う。

今まで出場機会の少なかった選手にはチャンス。
この機会に気持ちを出し切ったプレーをしてほしい。
特に、前節初出場を果たした山本選手に、開幕節で岩田選手へのアシストを果たした大森選手。
この両名に加え、鈴木選手、この3人の活躍が期待される。

そして前節残念ながら失点に絡んでしまった藤本選手の奮起に期待する。

新入団選手の徳嶽選手と小原選手の両名のゴールもそろそろ見たいところ。

経験のない選手ゆえにミスもするだろう。
でもミスは誰だってする。
萎縮しないで目の前の試合にすべてを出し切ってくれ。

相手のゼグンドもリガーレ戦で退場した新造選手が出れないらしい。
これは大きい。

お互いに主力選手を欠きながら正念場の一戦。

栃木の夏は熱い!

第15回関東フットサルリーグ1部 第7節のお知らせ
13-08-21
8月24日(土)、栃木県立県南体育館(栃木県小山市)にて、関東フットサルリーグ1部 第7節が行われます。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第7節]
日程:8月24日(土)
会場:栃木県立県南体育館(栃木県小山市)

[第1試合]
11:00 バルドラール浦安セグンド vs ファイルフォックス府中
[第2試合]
12:50 カフリンガ東久留米 vs フウガすみだ
[第3試合]
14:40 リガーレ東京 vs ゾット早稲田
[第4試合]
16:30 柏トーア’82 vs ブラックショーツ

※入場無料!
※室内履きが必要です。

[栃木県立県南体育館]
栃木県小山市外城371番地1
TEL 0285-21-0021
栃木県立県南体育館

<栃木県立県南体育館へのアクセス>
(1)JR小山駅西口から小山市コミュニティバス(愛称:おーバス)で10分(「温水プール館前」停留所下車)

小山市コミュニティバス(愛称:おーバス)
http://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/kotsu/bus/index.html

○間々田線時刻表
時刻表はこちら(PDFファイルが開きます)
http://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/kotsu/bus/rosenbetsujikoku.files/mamadasennjikokuhyou.pdf


(2)JR小山駅西口からタクシーで10分


東京・千葉・神奈川からは休日おでかけフリーパスが便利です。
2600円で乗り降り自由。
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?txt_keyword=%82%a8%82%c5%82%a9%82%af&mode=keyw&SearchFlag=1&serchBtn2.x=-122&serchBtn2.y=-551&GoodsCd=1801
[ 2013/08/23 01:07 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

No.8山本真太郎選手のインタビュー

選手紹介インタビューの8人目は
山本真太郎選手。

yamamoto001
Photo by FutsalPix

yamaoto.jpg

1993年9月5日生まれの19歳の大学生。
昨年4月に練習生としてファイルに入団。
北海道出身で、小学生の時に現エスポラーダ北海道の金井一哉コーチにサッカーを教わり、
徐々にフットサルにのめり込み、金井コーチの紹介でファイルに入団した山本選手。

金井コーチは、全日本選手権準優勝をした2003-2004年のファイルに在籍した選手。
kanai.jpg


墨田区総合体育館で行われたアルティスタ戦で遂にピッチに立った山本選手。

初出場の感想などを中心に聞いてきました。

[広告] VPS


メンバーが半分以上変わり若返ったファイル。
若い世代の頑張りが今年のファイルの原動力。

練習後も田村副キャプテンや吉成監督を捕まえて練習中の疑問を聞きにいっては理解を深める姿も印象的でした。

山本01
山本02
山本03


山本選手の今後の成長に期待します。

No.6田村佳翔選手が8/18(日)に初のクリニックを開催しました

アルティスタ戦の翌日、8/18(日)11:00~FC東京パーク小平天神にて、
田村佳翔クリニックが開催されました。

kasho01.jpg



前日の死闘で決勝点の第2PKを決めた田村佳翔選手。
その関東リーグよりも緊張すると言ってましたw
第2pkを決め-チームを勝利へ導いたファイル-田村-no-6


告知が1週間前という短い期間だったからか初回の参加者は8名と少なめ。
まあ、その分丁寧に教えてもらえたので、これもいいかと。

空いてる時間には、前日の決勝点となった第2PKの話をしたりとか、
リフティングを披露してくれたり、ストリートサッカーの子供のようなボール遊びとかいろいろ見せてもらえました。

[広告] VPS
[広告] VPS


特に田村スペシャルを教えてもらえたのは、これから使えそうなので有意義でした。

初心者向けメニューだから、ドリブルや対面パスやって、シュートは縦突破か中へカットインしての二択。

最後はFutsalStyleの折橋さんと佳翔もまざってゲーム。

晴れていたからとても疲れましたが楽しい2時間でした。
熱中症対策にドリンクも配ってもらいました。
カラダにも優しいクリニック!

kasho02.jpg


基礎的なことを見直したり、関東リーグでも通用するテクニックが聞けたりするので
いろんなレベルの人に楽しんでもらえると思います。

kasho03.jpg



なにより楽しいのがいいね。

修行のようにインサイドとか、鬼のようなフィジカルも、それはそれで楽しいけどねw


【毎週日曜午前中】FC東京パーク小平天神にてFIRE FOX FUCHU田村佳翔クリニック始動!!

FutsalStyle
http://www.futsalstyle.com/news/tamura_2013_kodaira.htm

8月18日(日)からFC東京パーク小平天神にて毎週日曜日の午前中に、関東1部FIRE FOX FUCHUの若きエース・田村佳翔選手がクリニックを開催します。

田村選手の特長はなんといっても、力強い個人技と対人の強さ。

・フットサルをこれから始めてみたい人

・ボールを蹴る技術を高めたい人

・コサルやワンデー大会でもっと活躍したい人

・単純にフットサルを楽しみたい人

など、分かりやすい説明と確かな技術であなたのフットサル技術を確実に伸ばします!!

『日曜日の午前中、いっしょにフットサルをしませんか?』

お気軽に施設までお申込みください。

《FIRE FOX FUCHU 田村佳翔クリニック》

■開催日

毎週日曜日11時~13時

■開催施設

FC東京パーク小平天神

※西武新宿線小平駅下車 徒歩15分 バスでしたら小平駅南口より武蔵小金井駅(昭和病院経由)行きに乗って天神町2丁目で下車。

駐車場あり。車の場合、府中市内から約15分。杉並区内から約20分。立川市内から約20分。

■価格

¥1800(ワンドリンク付)

■対象

フットサル初心者~中級者

■申し込み

施設まで申し込みお願いします。

TEL:042-341-0606

■運営

『フットサルを楽しむ人を応援』

Lambretta sports

http://www.lambrettasports.com/

■クリニック講師


田村 佳翔

昨季、神奈川県リーグSOCIOSから名門・関東1部FIRE FOX FUCHUに移籍すると、持ち前の対人の強さを武器にリーグ戦では全試合出場で8ゴールを記録。全日本選手権、地域チャンピオンズリーグにも全試合出場し、関東1部オールスターにも選出するなど大ブレイク。今季は東京都選抜にも選出され、チームでもエースとして第3節終了時までチーム全9ゴールのうち3ゴールを決めチームを牽引。フットサル界、期待の新星として期待されている。
[ 2013/08/21 16:30 ] クリニック | TB(0) | CM(0)

第6節 vsアルティスタ埼玉 墨田区総合体育館(東京)

大会名 第15回関東フットサルリーグ(1部)
開催日 2 0 1 3 年 0 8 月 1 7 日
試合開始 1 2 : 5 0  開始
観客数 396 人
会場 墨田区総合体育館
主審 松井隆
第2審判 川村勝治
第3審判 福島和哉
タイムキーパー 高野修

GK:1三浦拓、12石渡良太
FP:4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、14鈴木龍一郎、18三木一将、19原田直、21佐藤秀哲、22大森優

GK:21安藤真之、27粕谷智政
FP:2星貴雄、3中村哲、4小原秀一、6熊川政人、8鈴木嘉也、9杣山達洋、10加藤貴行、13谷内秀彰、17中村昌哉、18小川貴弘、20鳥飼武志、30橋本真志

警告、退場
02'55" 22 大森 優 C1 反スポーツ
05'59" 4 岩田 雅人 C1 反スポーツ
06'39" 1 三浦 拓 S4 阻止(手)
36'57" 4 岩田 雅人 C1 反スポーツ
36'57" 4 岩田 雅人 CS 警告2回

32'22" 30 橋本 真志 C1 反スポーツ
34'25" 4 小原 秀一 C7 無許可入
38'41" 20 鳥飼 武志 C1 反スポーツ


得点
11'45" アルティスタ埼玉 8 鈴木 嘉也
25'47" ファイルフォックス府中 18 三木 一将
38'42" ファイルフォックス府中 6 田村 佳翔 第2PK

墨田区総合体育館でのアルティスタ戦。
思い出されるのは一昨年のリーグ最終戦。
勝てば地域チャンピオンズリーグ出場のファイルと自動降格の掛かったアルティスタ。
試合は乱打戦になり打ち合いを制したアルティスタに軍配が上がった苦い思い出の地。

そのイメージを払しょくするためにも今日は勝って欲しい。

スタメンは

ファイル GK三浦 田村 藤本 吉成 三木
アルティスタ GK安藤 小原 杣山 中村 鳥飼

今期ファイルを退団。アルティスタに復帰した安藤がゴレイロ。
負けるわけにはいかない。

12:50 キックオフ

立ち上がりから激しく攻めるファイル。
アルティスタゴール前まで攻め込み、藤本が三木が田村がシュートを放つも枠をとらえられず。

2:55
大森にイエロー。
ペナルティエリア外からアルティスタのフリーキック。
壁を避けて直接狙うが、これは三浦がセーブ。
開始早々のピンチを切り抜ける。

今日の審判のファールの基準が厳しい。
少し接触しただけでファールになる。
激しく倒れてアピールすればカードが出る。
ゴール前ではなく故意ではなく手に当たり落ちた場所にも気づかず自分に有利になってないプレーにもハンドが出る。
審判知らないなと思うがこれが今日の審判。
両チームともに同じような判定が出るのだから、この基準で納得してやるしかない。
今までのファイルであれば、ここで審判に執拗に抗議をして審判と対立。
自滅といったパターンもあった。
しかし、今期のファイルは切り替えてプレーに集中できている。
審判がいないとゲームは成立しない。
その審判の判定を尊重し同じゲームを作っていく仲間だと認識できている。

今期、練習生からあがってきた山本真太郎が初出場。
彼ら若いファイルの活躍が今年のファイルの命運を握っている。
ピッチに入ってすぐにボールにも触れて、徐々にゲームに関与していく山本。

7分
アルティスタゴール前でフリーキックを獲得。
今回は一列のフリーキックではなく普通のフリーキック。
ゴールならずアルティスタのカウンター。
ゴレイロ三浦がペナルティエリアのライン上で待ち受け、シュートに飛び出してブロック。
空中だったがわずかにラインの外を出たところでコンタクト。
サポーター席からはどこに当たったからよく見えなかったがこれがハンドの判定。
一発レッドで退場。さらにこれで5ファール

ゴレイロを石渡良太に代えて4人でゴールを守る。

ゴール正面のフリーキックだがこれを石渡がセーブ。

さらに4人で必死のディフェンス。
危ない場面は何回もあったが決定的なところでシュートミスが出るなどゴールを割らせない。
たとえ間に合わなくても最後の最後まで諦めず体を倒す。
これが相手にプレッシャーを与えてシュートをミスする。
単純なシュートミスではなく、必死にディフェンスするからこそのシュートミス。
メンバーが若くなろうとも、これこそがファイル魂。

2分耐えきる。

11分。
ファイル6つ目のファールでアルティスタの第2PK。
ここで石渡が駆け引き。5mで待ち構えた位置からシュートの瞬間にゴールラインまで下がる。
この威圧感に負けたのか、鈴木よしなりのシュートはゴール左に外れる。

11'45"
ゴールを守り切った直後、アルティスタが激しい前プレ。
藤本が底での不用意なパス。これをアルティスタの鈴木がカット。カバーに来たDFも小川とのワンツーで翻弄してフリーで強シュート。
これが決まってアルティスタ先制。
ファイルフォックス府中 0-1 アルティスタ埼玉

あれだけ警戒していたアルティスタの前プレにやられてしまった。

気を取り直して攻めるファイル。

先制したアルティスタは激しい前プレは息をひそめるが、安藤がハーフと言っても、ハーフまで引くこともない。
先制されたもののファイルはハーフで引いてのDF。

前半になんとか1点返したいところだったが、このまま前半終了。

後半

静かな立ち上がり
ファイル、攻め込むも三木、田村のシュートは僅かに枠の外。
徐々にファイルペースになる。

後半5'47"
三木が右サイドを突破。スピードに乗って強烈なシュート。これがゴレイロ安藤の手を弾きボールはゴールへ。
待望の同点弾!
ファイルフォックス府中 1-1 アルティスタ埼玉

ついに同点。
ここからゲームが一気に激しくなる

球際が激しくなり、カウンターの応酬。

両チームの激しいぶつかりにファールが溜まる。
先に5ファールになったのはアルティスタ。

残り5分を切ったところで同点の状況。
ここでファイルはパワープレーを開始する。
引き分けをよしとはしない。
リスクを背負っても勝ちたい気持ちが見える。
ここで引き分けることはフウガの独走を許してしまうことになる。

パワープレーのゴレイロは岩田。交代ゾーンから一番遠い右奥へと走る。

ゴールまで攻めるも安藤のセーブに阻まれ得点できない。

残り3分3秒
ボールをカットされてボールは鈴木の足元へ。
岩田がスライでカットする。しっかりボールをカットした後に接触していない鈴木が倒れる。
一瞬遅れて笛がなる。接触していないにも関わらず岩田にイエローカードが出る。
審判から見えなかったのか鈴木が上手かったのか。
この日二枚目の警告で岩田が退場。しかもこのファールでファイル5ファール。
激しく行けなくなった。

アルティスタがタイムアウト。
前半3人で得点を取れなかったことから、もう一度数的有利な攻撃の確認か。

ファイルは吉成、三木、田村、石渡の4人で守る。

3人で必死で守るが、ボールを奪ったら2人を残してカウンターで攻め上がる佳翔。
この状況でも勝利を諦めていない。

アルティスタ陣内で相手DFともつれて倒れる。倒れながらもゴールを目指しさらに安藤とも接触。
安藤も倒れるがこぼれたボールはアルティスタ。

アルティスタがカウンター。佳翔が立てない。4対2のピンチ。
接触もあり痛みの回復に少しでも休みたいであろう佳翔に激を飛ばす。
「立ちあがれ!切り替えろ!」
立ちあがる佳翔。必死に戻る。

4対2の場面だったが、吉成と三木がしっかり守りシュートまで持ち込ませない。

そして残り1分18秒
さきほどと同じように4人で守りながら、ボールを奪って佳翔がドリブルで抜けだす。
リスクを犯して1人でカウンター。これをアルティスタが2人で囲む。強引に突破する佳翔。
これをファールで止めるアルティスタ。笛が鳴る!アルティスタ6個目のファール!第2PKだ!

ボールに集まる3人。蹴るのは佳翔。
魂を込めて蹴ったボールはゴール右上へ!
決まってファイル勝ち越し!
第2pkを決め-チームを勝利へ導いたファイル-田村-no-6

Photo by FUTSAL PIX


ファイルフォックス府中 2-1 アルティスタ埼玉

しかしあと15秒は4人で守らなければいけない。
すかさずアルティスタが4人のファイルにパワープレーを開始。
ファイル、タイムアウト。

必死に耐えるファイル。
決定的な場面を作られてもあきらめず体を張る。
最後には絶対身体を投げ出し横になる。
その気持ちでアルティスタに決めさせない。
本当に気持ち。

15秒を耐えてようやく1人補充。
アルティスタのパワープレーを凌ぐ。

そして試合終了。
ファイルフォックス府中 2-1 アルティスタ埼玉

二人も退場を出しながら逆転勝ち。
FP3人の状態で得点。
本当に気持ちのこもった試合だった。

ディフェンスはハーフなのに一歩も引かない。

1点差で勝つのが理想。
これが伝統の守備。
本当にそんな試合だった。

本当はこんな試合をしちゃいけない。
気持ちを出すのは当然。
そこはスタートライン。
ピンチを招かないでつまらない試合でも勝って欲しいと思う。

でも、こんな試合を見せられると
気持ちが熱くなる。

選手が先に泣くのは反則。
俺が泣けなくなる。
でも3日経った今でも思い出すと胸が熱くなる。


ダンマクを片付けていると友祐と洸太郎が通りがかりに、いい試合だった。お疲れ様です。と声をかけてくれた。
あなた達の作り上げてきたファイルの伝統。選手は変わってもみんな魂は引き継いでいます。ありがとう。
二人とも今度はサポーター席で見てくれてもいいんだよ。

小宮山選手も観戦


しかし、この日のファイルは本当に気持ちが入ったいい試合だった。
そして昔のファイルなら審判にブチ切れてゲームが壊れていたかもと思った。
判定直後は抗議する瞬間はあっても、直後に切り替えてしっかりプレーができていた。

誤審は仕方ないし、ゲーム展開が速いから見えなかったものはしょうがないと思う。
選手だってミスをする。監督だってミスをする。言ってしまえばサポーターだってミスをする。
審判だってミスをするのはしょうがない。

疑問に思うのは判定基準だった。判定基準がそうであればしょうがない。
ちょっとした接触で笛を吹くのであれば、選手はそれに対応しないといけない。
後半から基準が変わったり、5ファールが溜まってから基準が変わるのはどうなんだろう。
基準がぶれるのと、ルールの解釈が現状とかけ離れているのは気になった。

しかし、審判の方はトップリーグの試合を見ているのか、ワールドカップの試合を見ているのか?

この日サポーター席での会話。
「笛吹かなくなったね」
「5ファールからの基準が世界標準」

誤審はしょうがないし、言っても判定は覆らないのだから言ってもしょうがない。

http://www.futsalworldranking.be/rank.htmによれば
日本のフットサルの世界ランキングの順位は9位。
きっと審判も世界的に9位のランキングなんだと思う。
これを上位にいると考えるか下位にいると考えるかはわかれると思うが、
上には強豪国がいて、まだまだ上を目指しているのは同じ。

審判がいないとゲームは成立しない。
当事者では決められないことを第3者に委ねているのだから判定には従う。
審判は敵ではない、フットサルを盛り上げていく仲間。
須賀監督がゲーム前に審判に握手をしにいっているのが印象的だった。
媚を売っているのでないことはわかる。
お互いにリスペクトをしあい同じ試合をつくるその姿勢に脱帽。

サポーター席からも審判の入場時には拍手を送る。
それくらいしかできないから。
試合中は野次ってすみませんでした。

その他の試合結果

≪試合結果≫
8月17日(土)@墨田区総合体育館
カフリンガ東久留米 1‐5 ブラックショーツ
ファイルフォックス府中 2‐1 アルティスタ埼玉
リガーレ東京 2‐2 バルドラール浦安セグンド
フウガすみだ 4‐2 ゾット早稲田

≪順位表≫
1位 フウガすみだ (15、13、5)
2位 ファイルフォックス (11、4、5)
3位 ゾット早稲田 (10、5、5)
3位 ブラックショーツ (10、0、6)
5位 リガーレ東京 (7、4、6)
6位  カフリンガ東久留米 (6、-11、5)
7位 アルティスタ埼玉 (3、-3、6)
8位 柏トーア’82 (2、-5、5)
8位 バルドラール浦安セグンド (2、-7、5)
※(勝ち点、得失点差、消化試合数)の順に掲載しております


フウガが連勝を5として独走。
ゾットが試合を落としたためファイルは2位に浮上。
ショーツが勝ち点を伸ばし勝ち点10でゾットと並ぶ。
リガーレはまたしても勝ち切れなかったがじわじわと浮上。
まだまだ前半4位の選手権都県予選免除は混戦。

次節は栃木県県南体育館で開催。
浦安セグンドと対戦です。

≪次節の試合予定≫
8月24日(土)@栃木県立県南体育館
11:00 バルドラール浦安セグンド vs ファイルフォックス府中
12:50 カフリンガ東久留米 vs フウガすみだ
14:40 リガーレ東京 vs ゾット早稲田
16:30 柏トーア’82 vs ブラックショーツ
[ 2013/08/20 14:10 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

いよいよ明日!第6節 vsアルティスタ埼玉 墨田区総合体育館

第6節! vsアルティスタ埼玉 墨田区総合体育館

第5節の無敗同士で迎えたゾット戦に引き分け二位浮上のチャンスを逃したファイルフォックス。
次節は宿敵アルティスタとの対戦。

なぜか相性の悪い印象のアルティスタだが2011年以外はそうでもない。

2009年 2△2 1△1
2010年 2○1 1△1
2011年 4●10 5●6
2012年 2△2 5○4

アルティスタが昇格してから4年間の通算で見ると
2勝2敗4分。
まったくの五分。

今年のアルティスタは開幕戦のセグンド戦を4-1で勝利したものの、
ゾット、フウガ、ショーツ、カフリンガに4連敗で現在7位。

アルティスタには今期ファイルから移籍したゴレイロの安藤がいる。
安藤を中心にディフェンスを集中して、卓越した個の力で得点を狙う。
個人の力が強いチームは、組織的な守備で守るファイルが苦手とする相手。

特に注目は10番加藤。彼の左足の仕掛けはわかっていても止められない。

そして、ファイルのレフティとアルティスタのフィクソのよしなり対決も見もの。

毎試合言うが、今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
過去の戦績なんかは関係ない。
若い力とベテランの経験できっと勝ちきってくれると信じている。

最終試合は、全勝で勝ち点12のフウガと、ファイルと引き分けたものの未だ無敗勝ち点10のゾットの対戦。
ここで引き離されるわけにはいかない。勝てば2位浮上のチャンス。

8/17(土)12:50、第2試合。墨田総合体育館にてキックオフ。

もしファイルの選手を知りたい方は、ファイルのサポーター席に来てくれれば
背番号と名前のわかるうちわを用意しています。数に限りはありますが、ぜひサポーター席にきてください。

ファイルを応援する人で固まって応援しましょう。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
黄色いうちわで、サポーター席を黄色く染めてください。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

そして一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第6節]
日程:8月17日(土)
会場:墨田区総合体育館(東京都墨田区)
http://www.sumidacity-gym.com/

[第1試合]
11:00 カフリンガ東久留米 vs ブラックショーツ
[第2試合]
12:50 ファイルフォックス府中 vs アルティスタ埼玉
[第3試合]
14:40 リガーレ東京 vs バルドラール浦安セグンド
[第4試合]
16:30  フウガすみだ vs ゾット早稲田

※入場無料。

墨田区総合体育館へのアクセス]
東京都墨田区錦糸4-15-1 錦糸公園内
TEL 03-3623-7273
錦糸町駅北口より徒歩5分
[ 2013/08/16 13:37 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

No.6 田村佳翔選手のインタビュー

選手紹介インタビューの7人目は
田村佳翔選手。

サポーターへ向けて吠える田村-チームに勢いをもたらしたゴール
Photo by FUTSALPIX


一昨年のシーズン途中に練習生としてファイルに入団。
その年のリーグ戦の登録は間に合わず出場機会はなかった。

そして昨年の関東リーグ開幕戦でデビュー。
デビュー戦でゴールを決める持ってる選手。

昨年は難波田選手に人一倍怒られながらも喰らい付いて成長著しかった佳翔。

4月に開催された関東オールスターには難波田選手、三井選手とともに選ばれ
ヒールリフト失敗で難波田選手に怒られるというお約束のプレーを見せてくれたり
最近人気急上昇中の選手です。

東京都選抜にも選ばれ、関東大会を優勝に貢献。
神奈川県選抜との決勝戦、同点時の点を取りたいセットでは怪我をおして起用されたり清野監督の信頼も厚く、
9/21~23に花巻で開催される全国都道府県選抜大会での活躍を期待されています。

そんな佳翔選手にいろいろと聞きました。

[広告] VPS



インタビューの中でも触れられていましたが、
田村佳翔選手のクリニックが始まります。


【毎週日曜午前中】FC東京パーク小平天神にてFIRE FOX FUCHU田村佳翔クリニック始動!!
http://www.lambrettasports.com/clinic1/untitled.html

《FIRE FOX FUCHU 田村佳翔クリニック》

■開催日

毎週日曜日11時~13時

■開催施設

FC東京パーク小平天神

※西武新宿線小平駅下車 徒歩15分 バスでしたら小平駅南口より武蔵小金井駅(昭和病院経由)行きに乗って天神町2丁目で下車。

駐車場あり。車の場合、府中市内から約15分。杉並区内から約20分。立川市内から約20分。

■価格

¥1800(ワンドリンク付)

■対象

フットサル初心者~中級者

■申し込み

施設まで申し込みお願いします。

FC東京パーク小平天神
http://fctokyopark.com/

コート予約状況から行きたい日曜日を指定して11時からの「FIREFOX]をクリックすると予約できます。

8/18(日)
9/1(日)
9/8(日)
9/15(日)
TEL:042-341-0606

■運営

『フットサルを楽しむ人を応援』

Lambretta sports

http://www.lambrettasports.com/

■クリニック講師


田村 佳翔

昨季、神奈川県リーグSOCIOSから名門・関東1部FIRE FOX FUCHUに移籍すると、持ち前の対人の強さを武器にリーグ戦では全試合出場で8ゴールを記録。全日本選手権、地域チャンピオンズリーグにも全試合出場し、関東1部オールスターにも選出するなど大ブレイク。今季は東京都選抜にも選出され、チームでもエースとして第3節終了時までチーム全9ゴールのうち3ゴールを決めチームを牽引。フットサル界、期待の新星として期待されている。

ぜひ参加してみてください!

第5節 vsZOTT早稲田 大網白里アリーナ(千葉)

中国リーグの開始が遅くなったこともあり、
先月、駒沢で胴上げして送りだしたはずの石関が
ゾット戦とアルティスタ戦に出れるサプライズ。

ゾットボールでキックオフ。

開幕三連勝で波に乗るゾット。
ファイルは1つ分けて2勝1分でゾットに順位を抜かれている。

立ちあがりはお互い引いて守って様子を見る。
ゾットはお得意のダイヤのゾーン。
今日はなかなか点が入りそうにないと思った開始二分。

02'04"
左サイドの三木にボールが渡る。
やや距離があったが思い切ってミドルシュート。
これが渡邊の頭をかすめてゴールに入る。
早い時間での先制。

慌てることなくゾットは攻めてくる。
徐々にゾットペースに。
凌ぐファイル。

石関がボールを奪われゾットがカウンター。
させじと石関がファールで止めてしまう。
イエローカードが!
なんということだ。
来週も出れるはずの石関が累積で出場停止。
この瞬間に今日が石関のラストゲームに決まった。

聖士郎が仕掛ける。
囲まれながらも突破を試みるが倒されなかなか自由にプレーをさせてもらえない。

ゾットの攻めが激しくなってくる。

球際の激しい攻防。
豊が激しい当たりで吹っ飛ばされる。
徳嶽が激しい当たりでボールを奪われそうになったところを
させじとシャツをつかんでしまってイエローが出る。

審判のジャッジは両チームともに公平に見落とされてる。
だから審判に抗議をするのは無意味。
切り替えて次のプレーに進むしかない。

ハンドをアピールしている間にカウンターを食らう。
慌てて戻るファイル。
セルフジャッジで危機を招くのだけはいただけない。
応援席からは切り替えろと声をかけ続けるしかできない。

前半終了間際、ピンチは何度もあった。
そのたびに体を張るファイル。
カウンターの応酬。
ファイル全員が切り替えが早い。
若い選手に引っ張られてベテランも走る。

なんとか前半を1-0で終える。

後半開始。

後半4分16秒。

自陣右サイドからゾットのコーナーキック。
少し切り替えが遅く、マークが曖昧なままゾットに蹴られる。
ファーへの浮き球。厚東がフリー。低空のミドルがゴール左隅に突き刺さる。

ゾットのようにポジションチェンジが上手く、全員がわかってるチーム。
流れの中ではマークをずらされながらも戻りながら体を張って弾き返してきたが、
セットプレーでのマークのずれは致命的。
おそらくゴール前に敵味方がいてブラインドになったと思われる。
大人なゾットのうまさ。

しかし、時間はまだある。

切り替えて攻めに転じるファイル。
ゾットも逆転を狙い攻めてくる。

お互いハーフから引いて、カウンターの応酬。
なかなかゾットのダイヤのゾーンを崩しきれない。

34分51秒。

石関が左サイドを突破。
左の奥までドリブルで進みシュート。
これを渡邊が弾く。
そこに吉成が詰める。

ブラインドで見えなかったがこれがゴール!

残り5分。

ゾットはパワープレー。

凌ぐファイル。
声を掛け合い懸命に体を張る。

そして残り時間が1分を切る。

パワープレーからカットイン。
中に入れさせまいとファイルDFが立ちはだかる。

ゾットなおも強引に突破しようと体を預けてくる。
もつれて両者倒れる。
パワープレー返しをさせじとゾットは倒れながら激しくボールにアプローチ。
ボールを守るファイル。4人くらいが入り乱れての膠着。

ここで審判が笛。

まさかのフリーキックを取られる。

ファイル自陣やや左、ペナルティエリアの外。
絶対絶命のピンチ。

石渡は切り替えて準備を始める。
納得のいかないファイルFPはなおも抗議。
切り替えできていない。

ゾットのFK。
1人2人と動きだす。左に走り抜けた小笹にパス。
ここにファイルDF、石渡が詰める。
一度はブロックしたボールが、勢いを失いながらもコロコロとゴールへ吸い込まれていく。

残り56秒でゾット同点に追いつく。

最後まであきらめない。
ゴールを狙うファイル。

しかし無情にもタイムアップの笛。

守り切れなかった。

さすがゾット。FKは必ずなにかを仕掛けてくる。
経験の差が出たか…。

しかし、4戦終わって2勝2分。
まだ負けていない。
このチームでこれだけできれば上出来。

半分くらいが実質今年初めて関東リーグに出場する選手。

まだまだ夏は終わらない。
次の試合は土曜日。
リーグ戦は待ってくれない。

勝ちたい気持ちはどこにも負けてないと思っている。

次節も応援よろしくお願いします。
今日は人数少ないながらも声を出して応援してくれた人が増えて本当にうれしかったです。
きっと選手の力になったことだと思います。
少なくとも俺の力にはなりました。
ありがとうございました。

第1試合 浦安Segundo 4-5 Black Shorts
第2試合 Artista 3-5 CAFURINGA
第3試合 柏TOR'82 1-1 LIGARE TOKYO
第4試合 FIRE FOX 2-2 ZOTT

この結果、順位は以下のとおりとなりました。

1 FUGA(勝点12)
2 ZOTT(勝点10)
3 FIRE FOX(勝点8)
4 Black Shorts(勝点7)
5 LIGARE TOKYO(勝点6)
6 CAFURINGA(勝点6)
7 Artista(勝点3)
8 柏TOR'82(勝点2)
9 浦安Segundo(勝点1)

次節は、8月17日(土)、墨田区総合体育館で行われます。応援よろしくお願いします。


11:00 CAFURINGA - Black Shorts
12:50 FIRE FOX - Artista
14:40 LIGARE TOKYO - 浦安Segundo
16:30 FUGA - ZOTT
[ 2013/08/12 15:46 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

夏だ!海が近いぞ!第五節! vsZOTT早稲田 大網白里アリーナ

夏だ!海が近いぞ!第五節! vsZOTT早稲田 大網白里アリーナ

駒沢の第三節の柏戦に勝利した後、関東リーグが1週休み、さらに第四節は運営で2週間休みだったファイルフォックス。
この間に怪我人続出。練習試合では6人で回さざるを得ない状況。
今年のファイルは選手層が薄く怪我人が出ると厳しいとは思っていたが2週間空くこの時期でよかった。

さあ、関東第五節。
対戦相手は、ZOTT早稲田。

今年のZOTTは開幕節を運営でスタート。そのあとの2節から4節までを3連勝。
2勝1分けのファイルを抜いて現在2位。

昨年のZOTTとの対戦成績は、5○0、3○1と2勝。
そのうちの一つは灼熱の熊谷ドームでの一戦。
余談だが、あそこでの戦いを経験している選手は空調なしの体育館でも熊谷に比べたら大丈夫ですと答えるという伝説の一戦w

今年のZOTTはよくまとまっていて、
手ごわそうなチーム。
選手個々の力というよりも組織力で闘う。

そして清野監督は常に相手をリスペクトしていて
今年の若いファイルを相手にしても研究を怠っていない。

清野監督のブログ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/zott16


毎試合言うが、今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
でも毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

8/11(日)16:30、第四試合。大網白里アリーナでキックオフ。

空調は効いているとのこと。

観戦に際して関東オフィシャルから注意事項があります。

1部、8月11日(日)の大網白里アリーナの観戦注意事項です。
http://www4.vlcm.net/event/pc/common/news/newsPreview.cfm?nid=6174&cssnm=NewsStyle

1部、8月11日(日)の大網白里アリーナの観戦注意事項です。綺麗に使うようお願いいたします。


①土足禁止です。屋内靴等の履物を用意すること。

②屋内靴等の履物で外に出てはいけません。

③アリーナにおける喫煙場所は、1階中庭ウッドデッキの指定場所としてください。

④ごみ等は各自で責任を持って持ち帰ってください。

⑤飲食のできる場所は、「2階観覧席」「1階中庭ウッドデッキ」です。それ以外では飲食禁止です。


もしファイルの選手を知りたい方は、ファイルのサポーター席に来てくれれば
背番号と名前のわかるうちわを用意しています。数に限りはありますが、ぜひサポーター席にきてください。

せっかく遠い大網白里アリーナまで行くので、ファイルを応援する人で固まって応援しましょう。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
黄色いうちわで、サポーター席を黄色く染めてください。

そして、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもしてくれると
きっと選手の力になるはず。よろしくお願いします。

そしてもしよければ一緒に声を出して応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第5節]
日程:8月11日(日)
会場:大網白里アリーナ(千葉県)

[第1試合]
11:00  バルドラール浦安セグンドvs ブラックショーツ
[第2試合]
12:50 アルティスタ埼玉 vs カフリンガ東久留米
[第3試合]
14:40 柏TOR’82 vs リガーレ東京
[第4試合]
16:30 ファイルフォックス府中 vs ゾット早稲田
※入場無料。

[大網白里アリーナ]
〒299-3265 千葉県大網白里市上貝塚160番地
http://www.city.oamishirasato.lg.jp/contents_detail.php?frmId=113

大網白里アリーナへのアクセス
JR大網駅からバス
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/sotobou/ooami0.htm

大網駅からサンライズ九十九里行きバス時刻表
http://www.kominato-bus.com/pdf/20130408/00968_01.pdf
[ 2013/08/07 20:11 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

No.4岩田雅人選手のインタビュー

選手紹介インタビューの6人目は
岩田雅人選手。

IMG_7677_convert_20130805210529.jpg


1979年7月15日生まれの34歳。
職業は小学校の先生。
ファイルフォックスといえば教師というくらい教師の多いチーム。

他にも吉成選手やマネージャーの小松さんが。
過去にも、今年引退した難波田治選手や、浦安の小宮山友祐選手、平山保彦選手、大分の伊藤雅範監督、ブラックショーツの柴田将選手、カフリンガの鰐淵恭輔選手などが教師でした。


そんな岩田選手のフットサルを始めるきっかけなどをインタビューしてみました。

国学院大学時代に昨年まで名古屋でプレーしていた木暮選手に誘われてWinning Dogでフットサルを始める。
Winning Dog解散後は木暮選手とともにファイルフォックスへ移籍。

Fリーグ開幕2年目には湘南ベルマーレでプレー。
教師を続けながら1年間Fリーグでプレーした後、
ファイルフォックスに戻ってきてくれた岩田選手。

現在開幕して2勝1分。岩田選手は現在2得点と好調です。
しかも岩田選手が得点をした試合は勝利と、このままぜひ得点を重ねていってほしいです。



◆フットサル歴
 Winning Dog→FIRE FOX→湘南ベルマーレ


[広告] VPS

ファイルは運営!関東フットサルリーグ第4節 東久留米スポーツセンター

第15回関東フットサルリーグ1部 第4節

8月3日(土)、東久留米スポーツセンター(東久留米市)にて、関東フットサルリーグ1部 第4節が行われます。
ファイルフォックス府中は一日運営担当なので試合はありませんが、四試合が行われます。
ぜひ東久留米スポーツセンターまでお越しください。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第4節]
日程:8月3日(土)
会場:東久留米スポーツセンター(東久留米市)

[第1試合]
11:00 ゾット早稲田 vs バルドラール浦安セグンド
[第2試合]
12:50 フウガすみだ vs 柏TOR’82
[第3試合]
14:40 ブラックショーツ vs アルティスタ埼玉
[第4試合]
16:30 カフリンガ東久留米 vs リガーレ東京

※入場無料。
※室内履きが必要です。
※公共の交通機関をご利用ください。

[東久留米スポーツセンター]
〒203-0011 東京都東久留米市大門町2-14-37
042-470-7900
東久留米スポーツセンター

<東久留米スポーツセンターへのアクセス>
西武池袋線 東久留米駅下車 徒歩15分
[ 2013/08/02 19:55 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)
 
       >    
順位 チーム 勝ち点 得失点 試合数
1 FIREFOX 26 +29 12
2 BlackShorts 23 +11 12
3 ZOTT 21 +3 12
4 LIGARE 19 0 13
5 CAFURINGA 19 +7 12
6 柏TOR 18 -7 13
7 浦安セグンド 17 -3 12
8 FCmm 16 -5 13
9 NOVO MENTE 1 -35 13
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。