スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとう、さとし!

駒沢体育館の第3節の柏TOR’82戦を最後にファイルフォックスを離れ、再び中国でプロフットサル選手として挑戦する石関選手。

開幕戦から熱いプレー全開で1カ月しかいないチームの為に体を張ってプレーをしていました。
0720聖4
0720聖3
0720聖2
0720聖1

Photo by FUTSAL PIX

3試合でしたが、そのテクニックで相手ゴールを脅かし、シュートを打ったら誰よりも早く切り替えて守備に走る。本当にファイルのリカルジーニョみたいな存在でした。

試合終了後には、みんなに胴上げされて、落とされて蹴られてw
k0720a (74)
k0720a (75)
k0720a (76)

Photo by Love Football.jp


最後にいろいろと話しを聞けました。

一番聞きたかったのは、以前フトゥーロでプレーしている時に見た時と、中国から帰ってきてファイルでプレーをしているのを見たときに受けた印象の違い。プレースタイルが変わったように思えたこと。

見かけによらず、話しだすと真剣に熱く語ってくれました。

中国で外国人プロとしてお金をもらってプレーしている以上、恥ずかしいプレーはできない。中国に渡って2年間。本当にフットサルに真摯に向き合ってきました。ずっとフットサルのことばっかり考えてた2年間でした。

そのためには真剣に走るし、ディフェンスが嫌いだからとか言ってられない。

まだ若くてフットサルを知らない中国人選手たちを、プレーで引っ張って自分の存在する場所を作ってきたんだと思う。

きっと、ファイルにいる若い選手たちも、そんな彼の背中を見て、必死でプレーすることの大切さを学んだことだと思う。

彼が言っていたのは、若い選手にももっと真摯にフットサルと向き合って欲しい。まだ大学生が多いファイルの若い選手たちにはいろいとと楽しいことがあると思うし、誘惑もあると思うけど、それでも今フットサルに向き合うことの重要性を感じて欲しい。

みたいなことをいろいろ語ってくれました。

録音もメモも取っていないのでもしかしたらニュアンスが違っているかもしれませんがとてもいい話だったので。

むしろこっちをカメラ回して撮ればよかったw

最後に石関選手から応援してくれるみなさんへメッセージをいただきましたのでごらんください。

[広告] VPS


このあと、選手がダウンを終えて石関選手の周りに集結。
寄せ書きを渡していました。
IMG_1410_convert_20130724195010.jpg

ありがとう、さとし!
中国でも頑張れ!

スポンサーサイト

第3節 vs柏TOR'82 駒沢体育館(東京)

第15回関東フットサル1部リーグ 第3節

開催日 2013年07月20日
試合開始 11:00
観客数 210 人
会場 駒沢体育館

主審 磯崎政克
第2審判 城丸塩
第3審判 浅井啓一
タイムキーパー 入部将幸

警告
ファイルフォックス
34'00" 10 小原聖士郎 C1 反スポーツ
37'44" 23 石関聖 C1 反スポーツ

17'10" 6 西形章浩 C1 反スポーツ
26'05" 23 島田悟 C1 反スポーツ
38'36" 8 植崎良太 C1 反スポーツ

得点
13'10" ファイルフォックス府中 4岩田雅人
19'47" ファイルフォックス府中 6田村佳翔
22'48" ファイルフォックス府中 6田村佳翔
25'07" 柏トーア’82 13大竹和希
37'21" 柏トーア’82 23島田悟

関東フットサルリーグも第3節。
駒沢体育館での第一試合。
東京での開催ということもあり、選手の関係者も多く来場してサポーター席もにぎやか。

ベンチ登録は13人。ゴリはスタッフでベンチ。

ファイルフォックス府中
GK 1三浦拓、12石渡良太
FP 4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、14鈴木龍一郎、18三木一将、22大森優、23石関聖

対する柏は今期は、カフリンガに敗戦、セグンドに引き分けと、1敗1分。
なんとか勝ちたいと気合が入っている。

GK 1渡邊良太、21高橋剛士
FP 2中平雄介、3風間広行、5国本崇志、6西形章浩、8植崎良太、11青沼広己、12田中克明、13大竹和希、17藁谷尚紀、18高村輝、23島田悟、36中田典宏

11:00キックオフ。

先発
ファイル GK:三浦 FP:田村 藤本 三木 石関
柏 GK:高橋 FP:植崎 大竹 島田 中田

11:00キックオフ

先日の練習を見学したとき、足を痛めていた吉成はベンチスタート。
この試合がファイルでの最後のプレーとなる石関がスタメン入り。

ファイルはハーフからのディフェンス。今年のファイルは昨年主力だった選手よりも若い選手が多いチーム。まずは等身大のフットサル。
どのチームに対してもまずは引いて守ることを徹底。自分たちのできるフットサルをしてシーズンを戦いながら、若い選手たちを育成していく。

自分たちにできる戦い方をする。吉成監督が語っていた通りに今年のファイルはすべてのチームに対してチャレンジャー。

立ち上がりは、柏もそこまでプレスをかけてこず、お互い様子見な展開。


5分を過ぎてセカンドセットになるころには徐々にヒートアップ。
球際に激しく当たる両チーム。

しかしこの日の審判は少し激しくぶつかるとすぐにファールを取る。
気を付けないとすぐにファールが溜まる。


12分
柏のファールで第2PK左からのフリーキック獲得。今期恒例の一列になって分かれるフリーキック。そして今回も違うパターンで。三木のシュートは惜しくもバーに直撃、得点ならず

13分
大森がカウンターでドリブル。左サイドへ流れ、ファーを駆け上がってきた岩田にアウトサイドパス。それを岩田がきっちり決める。
待望の先制点。
攻めるもなかなか決まらず、一進一退の膠着した状況から均衡を破る値千金のゴール。昨年から登録されているもののなかなか結果を出せなかった大森のナイスパス。そして若い選手には負けないとばかりの岩田先生の本気走りが生んだ最高のゴール!

ファイル 1-0 柏

一点入れて、なにかが弾けたかのようにファイルペース。
立て続けに柏ゴールへ攻め込む。
たまらず柏がファール止めて、柏5ファウル。

残り3分
今度はゴール正面の第2PK付近でのフリーキック。再びトリックプレーでゴールを狙うが合わず。

残り13秒
田村が右サイド個人技でDFをかわし角度のない所からシュート。ゴレイロ高橋も立っていてコースが無いかに見えたが、高橋のニア側の脇を抜けゴール。
あの角度から針の穴を通すかのような狭いコースを抜けてネットに突き刺さる!

前半終了。
ファイル 2-0 柏

先制点はセカンドセットの優とまーちゃんの連携。
そして終了間際のいい時間に田村の追加点!
理想的な前半の展開。

ファイル 2-0 柏

後半開始

後半のゴレイロは石渡良太。

後半開始早々、その石渡からのスローがゴール前で待つ石関に。石関胸トラップから振り向いてシュート。華麗なターンだったが枠をとらえられず。

ファイルは後半もディフェンスはハーフからボールを奪って裏を狙う。
ファイルペースで試合が進む。

3分
柏ゴール前でピヴォに入った三木へ、田村からピヴォ当て。三木は左を抜けていく田村をおとりにして鋭く反転して右足シュート。
DFに当たったボールは左を抜けた田村の下もとへ 落ち着いて流しこみ、田村2点目!

ファイル 3-0 柏

後半最初の得点もファイル。
試合はファイルペース。

なんとしても追いつきたい柏。
次第に球際のプレーが激しくなる。

ファイルも引いて守るが、ディフェンスは激しく、今日の厳しいジャッジにファールが溜まっていく。

5分
ファイルの自陣右サイドから柏キックイン。DFのマークがずれてファーに中央にフリーの選手。石渡が修正の指示をだしているが伝わらない。なんとなく集中しきれていない状態のファイルにの選手の間を抜けて、中に素早いボールが蹴りこまれる。大竹が滑り込んでコースを変えたボールはGKの股を抜きゴール。

集中を切らすというやってはいけないミスで失点。
ファイル 3-1 柏

切り替えて攻め上がるファイル。
何度となくチャンスを作るが、柏ゴレイロ高橋の好セーブに阻まれ得点にならない。

なおも攻めるファイル。人数をかけて攻めるが、奪われ柏のカウンター。
駆け上がってくる柏のFP二人。ペナルティエリアで待ち受ける石渡。
相手との駆け引きで、正面にシュートを打たせ難なくセーブ。
さすが石渡。決定的な場面を防ぐ。

9分
右サイドから徳嶽が強シュート。これが惜しくもバーに当たって跳ね返りがゴール前に詰めていた小原の足元に落ちてくる。ゴール前の決定的な場面も阻まれて得点ならず。
期待の新人二人が惜しい場面を作り出す。二人には早く点を取ってほしい。今年のファイルは彼らの成長に掛かっている。


残り5分
小原がゴール正面で相手を背負う。振り向きざま、一瞬の隙を見逃さず左足でシュート。低い弾道のボールは右ポストを叩き外れる

残り3分
攻めるファイル。ボールを奪われ対応が遅れマークがずれていく。
柏、中田が右アラで受け、右足トゥーで中へ送る。ゴール左側で待っていた島田がファーで詰め、1点差に迫る

ファイル 3-2 柏

そして残り2分
石関が相手と激しく当たりファールを取られる。
ファイル5ファウル

フリーキックを得た柏はここでタイムアウト、同点へのゴールを狙う

フリーキックのこぼれ球をファイル18番三木が奪い、自陣から猛然とドリブルで駆け上がりGKと1対1。しかし高橋が足を投げ出し弾く。
決定的な場面、惜しい!

リードを保ったまま終わらせたいファイル。残り51秒の場面でボールが外に出て、クリアランスだったかキックインだったかで試合再開。しかし時計が進まない。10秒ほど経ったところでまたボールアウト。ここでファイルベンチから猛烈な抗議。先制点を決めた某選手が真顔で、30秒くらい経ってたよ!の抗議にサポ席も大爆笑!さすがです!
うっかりコール忘れちゃいました。

そして時計が5秒だけ進んで46秒から試合再開。

残り30秒
攻める柏。引いて守るファイル。柏のトラップ際を狙う田村。うまく奪ってカウンター。と思ったらこれがまさかのファール。
今日の審判の基準は厳しい…。

柏決定的な時間に第2PK獲得。
ゴール左下への鋭い弾道のシュートはファイル石渡が体を沈ませセーブ
さすが石渡!頼りになる守護神。

そしてこのまま試合終了

ファイル 3-2 柏

3点差のリードを奪ったものの、1点差にまで詰められる厳しい展開。
関東リーグがお休みの週と東久留米の運営と、次の試合まで3週間あくファイル。
ここで勝って終われるのと、引き分けで終わるのとでは大きく違う。

そしてこの試合で最後となる石関聖。
サポーター席に挨拶に来て胴上げされた後に、袋叩きにある聖。
あとで聞いたら自分のOKラインとしての無敗。
それがなんとか達成できたとほっとした表情で話してくれた聖。
彼がいる間に得たものは大きい。

試合終了後に話を聞いたので、
それは次回に書こうと思います。

まずは2勝1敗で現在二位。

次の試合は8月11日に大網白里アリーナ(千葉)でゾット早稲田と対戦。
少し遠い場所になりますが、今年のファイルは応援して損のないチーム。
気持ちの入ったプレーで、彼らを見ているとたくさんの力をもらえます。
ぜひ、会場まで応援にきてください。

そこまで待てないよと言う方には、
7/28(日)15:00から、神奈川県の平沼体育館でランツァーレ川崎との練習試合があります。
練習試合ならではの、監督の声も聞こえる近さ、ファイルがやりたいことがわかりやすいと思います。
練習や練習試合を見ることはおすすめです。
[ 2013/07/21 01:27 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

石関聖の最後のゲームだ!第三節! vs柏TOR'82 駒沢体育館

先週笠松でリガーレに引き分けたファイルフォックス。
第三節は駒沢体育館にて開催。

対戦相手は、柏TOR'82。

関東リーグ以外にもFリーグ準会員リーグにも参加している柏。
地元密着でホーム開催時にはちびっこの応援もたくさん駆けつけるいいチーム。

開幕節はホーム東久留米でカフリンガに打ち合いを演じ5-6で敗戦。
第二節はバルドラール浦安セグンドに2-2で引き分け。
二節を終わって勝ち点1で6位グループ。

今期で1部に昇格して3年目の柏。
昇格初年度こそ引いて守って鋭いカウンターといったフットサルをしていたが、
昨年からは前からプレスを掛けて、ボールをまわして得点を狙うスタイルを模索。
今期も勝ちにはつながっていないもののボールまわしも熟成されてきています。

対戦成績は、
2011年は2-2、1-1と2分。
2012年は5-0、4-3と2勝。
昨年の最終節は三井の得点王が掛かった試合。
最後の最後で劇的な決勝点を三井が決めて得点王にもなった試合は強く印象に残ってる。

毎試合言うが、今年のファイルはどのチームに対してもチャレンジャー。
でも毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

7/20(土)11:00、第一試合。駒沢体育館でキックオフ。

クーラーがある体育館の方です。

もしファイルの選手を知りたい方は、ファイルのサポーター席に来てくれれば
背番号と名前のわかるうちわを用意しています。数に限りはありますが、ぜひサポーター席にきてください。

選手のご家族や友人、関係者の方もぜひサポーター席の近くに座っていただき、
黄色いうちわで、サポーター席を黄色く染めてください。

そしてもし良かったら、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。
歌ってくれなくても、コールしてくれなくてもいいので手拍子と拍手だけでもお願いします。

そしてもしよければ一緒に応援してくれる方も随時募集中です!

よろしくお願いします。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第3節]
日程:7月20日(土)
会場:駒沢体育館(東京都世田谷区)

[第1試合]
11:00 ファイルフォックス府中 vs 柏TOR’82
[第2試合]
12:50 リガーレ東京 vs ブラックショーツ
[第3試合]
14:40 フウガすみだ vs アルティスタ埼玉
[第4試合]
16:30 ゾット早稲田 vs カフリンガ東久留米

※入場無料。

[駒沢体育館]
〒154-0013 世田谷区駒沢公園1-1
駒沢オリンピック公園総合運動場
東急田園都市線「駒沢大学駅」下車 徒歩20分

駒沢オリンピック公園総合運動場へのアクセス
http://www.tef.or.jp/kopgp/access.jsp
http://www.pitin.com/kanto/stadium_sub/tokyo_komazawasogo.html

[ 2013/07/19 00:24 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

練習見学のすすめ

毎週火曜の20時からは銀座deFUTSAL多摩センタースタジアムでファイルの練習。

土日は試合して、月曜はリカバリーで休んで、火曜水曜は上げめの練習をして、木曜は試合に向けての確認と調整。
これがファイルのスケジュール。

練習見学はお薦めです。

チームのやりたいことがわかる。やってはいけないプレーがわかる。
これを知っていると、試合の局面で選手がなにをやりたかったのかがわかる。

そして、調子のいい選手、悪い選手もわかる。

そしてなにより選手のみんなが喜んでくれる。
いつもこっちが見せてもらってありがとうと言うのに見学してくれてありがとうとお礼を言われる。
見学することで選手のみんなにも励みになると言ってくれる。
ならば見学しない手はないです。

ファイルを好きなみなさん、ぜひ一緒に見学しましょう。

リガーレ戦でキックインから得点を決めた三木選手に聞いてみました。
蹴る瞬間に、シニーニャがニアを消さないでゴール前のコースを消していた。さらにゴレイロ柴田もゴール前を警戒して少し前にポジションを取っていたため、ニアへのコースが見えた。そこに誰かが走りこんできて決めてくれるか、もしかしたら柴田が触る事故が起きるかもと、瞬時に判断してあのコースに蹴ったとのこと。

前回のブログも少し表現を修正しています。

とはいえ、
前節のリガーレ戦は残り1分を切ったところで同点に追い付かれる悔しい展開。
三木選手は本当に悔しがって次は勝ちますと約束してくれました。

そして三木選手と田村選手は居残りのシュート練習を続けていました。

[広告] VPS


そして次の試合が最後になる石関選手も小原選手を相手に居残り練習!
[広告] VPS


7/20(土)は駒沢体育館で11:00から柏TOR’82戦です。

[ 2013/07/17 17:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

第2節 vsリガーレ東京 笠松運動公園体育館(茨城)

第15回関東フットサル1部リーグ 第2節

リガーレ東京 vs ファイルフォックス府中

開催日 2 0 1 3 年 0 7 月 1 3 日
試合開始 1 1 : 0 0  開始
観客数 55 人
会場 笠松運動公園内体育館

主審 磯崎政克
第2審判 福島和哉
第3審判 板並勝
タイムキーパー 佐藤基哉

警告
10'36" 24安川敦士 C1 反スポーツ
14'47" 22大森優  C7 無許可入

得点
25'56" ファイルフォックス府中 オウンゴール
39'04" リガーレ東京     24安川敦士


茨城県の笠松運動公園体育館での第一試合。
観客も少なめ。

ファイルの選手は練習生の飯田以外は全員ベンチ入り。
今年のサポーター席は少しさびしいw

IMG_0001-1.jpg


ファイルフォックス府中
GK 1三浦拓、12石渡良太
FP 4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、14鈴木龍一郎、18三木一将、22大森優、23石関聖

リガーレ東京
GK 21山本一春、53柴田健司
FP 2茨木司朗、4碓井孝一郎、5田嶋健一、7西野宏太郎、8砂山祐樹、10松浦英、11高橋政之、12小山浩史、16平野司、20池田祥太、24安川敦士
77沖村リカルド

IMG_0037-1.jpg
IMG_0041-1.jpg
IMG_7449-1.jpg


クーラーの無い体育館は午前中でも暑い。
第一試合からモップが入る時間が長く、さらに10分を過ぎると給水タイムが設けられる程の暑さ。

しかし、試合後に選手に聞くと昨年の熊谷に比べると大したことないですよと言う。
心強い!


先発
リガーレ 碓井、西野、松浦、シニーニャ、ゴレイロ柴田
ファイル 三木、田村、藤本、吉成、ゴレイロ三浦

11:00キックオフ

ファイルはハーフからのディフェンス。今期昇格してきたリガーレ相手にもまずは引いて守る。
自分たちにできる戦い方をする。吉成監督が語っていた通りに今年のファイルはすべてのチームに対してチャレンジャー。
対するリガーレも前からプレスをかけてこず、お互い静かな立ち上がりとなる

徐々に両チームとも当たりが激しくなる。

8分 右サイドでボールを持った三木。ボール一個分をずらし右足シュート!これが惜しくもクロスバーに当たり跳ね返る。こぼれを藤本が詰めるもディフェンスにブロックされ得点にはつながらず。

9分 特別に設けられた給水タイムのため、試合は一時中断。

徐々にファイルが攻める時間が長くなり、シュートまでいくものの、リガーレも気持ちの入ったディフェンスとゴレイロ柴田のセーブで得点にならず。

10分、リガーレ安川が三木を倒し警告。

14分 大森が岩田と交代の際にビブスを手渡ししなかったためか警告を受ける。それはわかるが、わざわざやり直させる必要があるのかは疑問。

第2PKあたりでFK。4人が一列になるFK。ショーツ戦でも見せていたが連携があわず失敗。
今週こそ成功かと思ったがタイミングが微妙でディフェンスをずらし切れず失敗…。残念。

リガーレ安川と佳翔のマッチアップが激しい。やはり大きくて強いピヴォを自由にさせないのはファイルのディフェンス。

前半残り時間が少なくなる。ファイルは無理をせずに引いてハーフからのディフェンス。リガーレにディフェンスの外側では、やらせる。
逆に残り時間が少なくなるとリガーレはパス回しのギアを一段上げて攻めを強める。
パス回しでファイルのディフェンスをずらし、曖昧になった瞬間を見逃さず、左サイドから松浦が左足シュート。これは右にずれるが危ない時間だった。
やはり、どうしても集中しきれない時間がでてきてしまう。暑さも手伝い判断力も落ちてくるだろう。

このまま前半終了
リガーレ 0-0 ファイル


後半

ファイルはゴレイロを三浦から石渡へ変更。

後半開始もゲームの主導権はファイル。三木が佳翔が吉成が怒涛の攻めを仕掛けるがリガーレも集中して守りシュートは打たせてもゴールは死守する。

5分 ファイル左サイドキックイン。サインプレーでピッチ中央は動く。ゴレイロ柴田が中を見る。
それを見逃さずに三木がニアの下に強烈シュート。
これをゴレイロ柴田が触ってしまう。しかもボールの勢いはやまずゴールへ。

しっかりとボールを見ていれば対応して、スルーかキャッチをしたであろうが
その隙を見逃さなかった三木のファインプレー。

リガーレ 0-1 ファイル

均衡がようやく崩れた。

そしてファイルの勢いは変わらず。
三木が石関が仕掛ける。

6分 石関が自陣中央からルーレットでディフェンスを抜き去るとそのまま左サイドを駆け上がり左足シュート。
ゴールにはならなかったが、驚いたのはシュートを打った石関が誰よりも早く自陣に戻る。同じセットにいる若手の誰よりも速く。
その切り替えの速さはリカルジーニョを彷彿させる。一番テクニックを持った選手が誰よりも早く切り替えディフェンスにも汗をかく。
若手にプレーで見せて教える。
フトゥーロ時代には見れなかった姿。
おそらく中国でもそのようなプレーをしているのだろう。
フットサルを知らない中国の選手たちにフットサルはこういうプレーが大切だと教え込む。
そして自分の存在をアピールする。
本当にいい選手になったと思う。
ベンチでも声を出して鼓舞している。
7月限定とはいえファイルに在籍してくれたのはありがたい。
若い選手は石関選手のプレーはもちろんだが、こういった部分を感じてほしいと思う。


10分 後半にも給水タイム


ファイルは引いて守り、ある程度はリガーレにやらせる。
リガーレは前半と変わらずボールを回せはするが、シュートまで持っていけない。

そしてファイルは引いてカウンター。三木が佳翔が豊が吉成が仕掛けてシュートまでもっていく。
みんな本当に強くてうまい選手になった。そしてそれ以上に泥臭く頑張れる気持ちのある選手。


残り2分 リガーレタイムアウト。

リガーレは碓井をゴレイロにパワープレーを開始。
安川、松浦、シニーニャ、西野、ゴレイロ碓井

ファイルはしっかり締めて気持ちで守る。パスは回させるも危ないシーンは作らせない。

残り56秒 リガーレ右サイドキックイン。
キックインの前にモップが入り、試合中断。
少し集中が切れたか…。
パワープレーのリガーレ。キックインからパスを回して作り直すかと思われたところ、
中央を飛ばしてファーの安川へ強いパス。ペナ外やや左のスペースに走り込みながら強シュートを合わせる。
中を締めていたディフェンスがブラインドだったか、石渡反応できず…。これがゴール左下へ突き刺さりリガーレが同点に追いつく。

リガーレ 1-1 ファイル

まだ終わっていない。
がっくりとして倒れこんだ吉成も気持ちを持ち直してファイルボールで再開。

残り40秒 ファイルタイムアウト 

リガーレはパワープレーを続行

このまま試合終了。

リガーレ東京 1-1 ファイルフォックス府中

試合終了と同時に崩れ落ちる吉成。
この試合に掛けていた気持ちは開幕戦以上か。
全試合この気持ちでやりつづけるのだろう。

リガーレ相手にも堂々と闘えていた。
40分集中し続けることは難しい。
しかし、それができれば次は勝てる。

切り替えて次に勝とう。
素直にそう思える試合だった。

IMG_0357-1.jpg


試合終了後にサポーター席に選手がみんなが来てくれる。
試合の感想や次への話をしたり。
今年のファイルはいいチームになったと思う。
ともに闘い支えたいチーム。

次の試合は7/20(土)11:00に柏TOR82と対戦。
会場はクーラーの効いてる駒沢体育館。

石関選手のプレーがファイルで見られる最後の試合。
ぜひとも応援にきてください。
若い選手たちも頑張っています。

サポーター席に集まってファイルを一緒に応援しましょう。
応援したいけど新しい選手の名前わからないよという方は
数に限りはありますが選手の名前の入ったうちわを配っています。
黄色いうちわでサポーター席を黄色く染めてください。

omote.jpg ura.jpg
[ 2013/07/14 19:19 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

新入団選手紹介その3  No.23 石関聖選手 ALA

選手紹介インタビューの五人目は
中国リーグでも活躍中の石関聖選手。

satoshi.jpg


1986年生まれの26歳。
前橋商業高校→GALO→ヤマノヤ→FUTUROを経て、
海を渡って中国リーグへ。
浙江黄龍三大→大連元朝と中国でプロフットサル選手として活躍。

ペナルティの契約選手でもあります。
石関聖選手オフィシャルブログ by PENALTY
http://www.penalty.co.jp/blog/satoshi_ishizeki/


海外に行く前から足元のテクニックが抜群で、
華麗なドリブルとフェイク、そこから繰り出すパス。
本当に見る者を上手いと唸らせるプレーをしていました。

しかしファイルに入団した彼のプレーを見てびっくり、
華麗なパスを決めた後も次の動き出しも速くなり、
敵にボールが渡ると誰よりも早く切り替えてディフェンスに走り、
時に泥臭く相手に喰らいつく。

FUTUROでプレーをしていた彼の印象とは全く違うプレーをしていました。
その姿を見て一発でファンになりました。
(元々好きな選手ではありましたが…)

中国リーグが始まるまで一か月という期間限定のファイル入団ですが
その期間はファイルのために責任と誇りを持ってハードワークをすると語ってくれました。

彼のプレーを日本で見れるのも後3試合!
ぜひ、その目で彼のプレーを見てください!

地元の群馬県でもクリニックを開催。
この三連休にも開催されます。
詳細は彼のフェイスブックで告知されています。

https://www.facebook.com/satoshi.ishizeki.1

14日は図南高崎でクリニック
15日はヴェルディフットサルコートでクリニック&ゲーム大会&BBQ


新しいファイルの力、石関聖選手の応援よろしくお願いします。




■No.23石関聖選手のインタビュー


[広告] VPS


新入団選手紹介その2 No.10小原聖士郎選手 ALA

選手紹介インタビューの四人目は
今期入団のALA、小原聖士郎選手。

seishiro.jpg


1994年生まれの18歳。大学1年生です。
名古屋FC→成立学園サッカー部と高校まではサッカーをプレーしてきて。
本格的にフットサルをやるのはファイルが初めてのニューフェイスです。

跨ぎを入れた独特のタイミングのドリブルでアグレッシブに仕掛けていく姿は
チャレンジャーであるファイルの姿勢と重なり、見ていて応援したくなります。
開幕戦では緊張からか一回しか仕掛けているのを見れませんでしたが、
関東の舞台になれればファイルの大きな武器になるはず!

新しいファイルの力、小原聖士郎選手の応援よろしくお願いします。


■No.12小原聖士郎選手のインタビュー

[広告] VPS


新入団選手の紹介その1  No.7 徳嶽裕太選手 FIXO

選手紹介インタビューの三人目は
今期入団のFIXO、徳嶽裕太選手。

toku.jpg


1993年生まれの20歳。東京国際大学の3年生です。
大学までサッカーをやりながら趣味でフットサルをやっていたとのこと。
競技でフットサルをやるのは今年からのニューフェイスです。

186cmの長身を生かした懐の深い攻めやディフェンス。
その長い脚から繰り出される強いキックのシュートやロングパスは、
今期のファイルの大きな武器となっています。

ちなみに186cmは石渡選手よりも大きいですw

まだまだフットサルをい覚えている状態ですが、
逆に将来フットサルを覚えた時の彼のプレーが楽しみです。

新しいファイルの力、徳嶽選手の応援よろしくお願いします。


■No.7徳嶽裕太選手のインタビュー

[広告] VPS

遠いぞ笠松!第二節! vsリガーレ東京 笠松運動公園体育館

先週開幕した第15回関東フットサルリーグ1部。
第二節は、茨城県の笠松運動公園体育館にて開催。

対戦相手は、今期2部から昇格してきたリガーレ東京。

松浦英、西野宏太郎、シニーニャ、サスーン、小山、安川、砂山、じゃりと元Fリーガーも多数擁するチーム。今年はフウガから茨木選手も入団。ゴレイロには昨季にアルティスタから移籍してきた柴田健司の鉄壁の守備。監督に広島進。とよさんを中心にサポーターも多く、本当にいいチームです。昇格して初戦こそフウガに2-5と敗戦していますが、強いチームであることに変わりはなく、今のファイルは挑戦者として闘わなけらばならない気の抜けない相手です。

決して簡単に勝てる相手ではない。

でも毎試合毎試合、チャレンジャーとしてぶつかっていくだけ。
彼らならやってくれると信じている。

明日、7/13(土)11:00、笠松運動公園体育館でキックオフ。

笠松という今期一番遠いであろう会場で第一試合になります。

館内はクーラーが無いとのことなので、みなさん熱中症対策して観戦してください。

もしファイルの選手を知りたい方は、ファイルのサポーター席に来てくれれば背番号と名前のわかるうちわを用意しています。数に限りはありますが、ぜひサポーター席にきてください。

そしてもし良かったら、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。

よろしくお願いします。

[第15回 関東フットサルリーグ1部 第2節]
日程:7月13日(土)
会場:笠松運動公園体育館(茨城県)
[第1試合]
11:00 リガーレ東京 vs ファイルフォックス府中
[第2試合]
12:50 アルティスタ埼玉 vs ゾット早稲田
[第3試合]
14:40 柏TOR’82 vs バルドラール浦安セグンド
[第4試合]
16:30 ブラックショーツ vs フウガすみだ
※入場無料。

[笠松運動公園体育館]
〒312-0001 茨城県ひたちなか市大字佐和2197-28
029-202-0808

<笠松運動公園体育館へのアクセス>
JR常磐線「東海駅」より徒歩かタクシー(約3.5km)

http://www.pitin.com/kanto/stadium_sub/ibaraki_kasamatsu.html
http://www.ibaraki-sports.or.jp/kasamatsu/

[ 2013/07/12 14:07 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

不動の守護神 No.12石渡良太選手のインタビュー

いよいよ明日に第二戦を控えたファイルフォックス。

選手紹介インタビューの二人目は
前回の三浦選手が師匠と呼ぶ、石渡良太選手。

ishiwata


関東リーグでは、GALO~シャークス~府中アスレティックFCとプレー。Fリーグが開幕した年にはペスカドーラ町田に移籍。日本代表にも選ばれて活躍をするも、家業を継ぐために町田を退団。神奈川県リーグのライオンズでプレーをするも、昨シーズン途中でファイルフォックスに移籍。

ファイルフォックスの最後の砦としてゴールを守り、その豊富な経験を若い選手たちに伝えてくれる、今のファイルになくてはならない選手となっています。

恵まれた体格でゴールの前に立てば、どこに打ってもシュートが入る気がしなくなります。もちろん大きな体だけではなく、的確なコーチングでディフェンスと連携してゴールを守る。守備のファイルフォックスになくてはならない選手です。

輝かしいプロフィールは、元ファイルの稲田選手が中心となって行われているクリニックのコーチ陣の一人としてこちらに詳しく紹介されています。

LA PUERTA JUNTO 石渡良太選手
http://ishiwata.la-puerta-junto.com/

石渡選手を始め、元代表選手や元ファイルの選手や、ファイルとなでしこジャパンのトレーナーが中心となったクリニックで、こんなに豪華でいいのと言った内容のクリニックです。


また、家業を継いだ一級建築士事務所「ダンハウス」http://www.danhouse.co.jp/index.htmlを経営する一方で、友人の作る鳴門金時で作ったスイートポテトに惚れこんで戸越に『DAN Potato Cafe』をオープン。石渡選手からは想像できない(失礼)、甘くておいしいスイートポテト とハーブティが楽しめます。フットサルに真剣に取り組みながら実業家としてもすごい一面を持っています。

〒142-0051 東京都品川区平塚2-11-12 スカイコート戸越銀座1F
本日13:00 - 20:00.電話番号 090-4679-5473
ウェブサイト http://www.facebook.com/DANPotato1

DAN_Potato02

DAN_Potato01


そんな石渡選手は、現役で真剣にフットサルに取り組むのは今年で最後と決め、チーム練習開始から一カ月はチームに合流せずに1人で身体作りをしていたとか。そんな石渡選手のプレーを見る機会はこの一年。みなさん見に来ないと損ですよw

応援よろしくお願いします!

■No.12石渡良太選手のインタビュー

[広告] VPS


ファイルの若き守護神No.1三浦拓選手のインタビュー

開幕戦勝利!
このまま波に乗りたいファイルフォックス。
今年は選手の大半が入れ替わり、新しいチームとなって始動。

そんな2013年関東リーグを闘うファイルフォックスの選手を紹介していきたいと思います。

まずは若き守護神、No.1三浦拓選手から。

taku.jpg


三浦拓選手は2011年にセレクションで入団。北海道出身。
スプレッド・イーグルFC函館で第13回全日本ユース(U-15)フットサル大会優勝。
決勝では大分トリニータU-15を倒して中学生年代のフットサルチャンピオンに輝く!

高校は栃木県矢板中央高校サッカー部で全国高校選手権で三位に入った経歴の持ち主。空手をやっていたゴールキーパーということで、栃木のリアル若島津と呼ばれていたとか。

栃木の若島津だ!正拳セーブでPK止めた!(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/special/high_school/2009highschool/KFullNormal20100104090.html

[Y☆voice_42]矢板中央GK三浦拓「空手で瞬発力を磨いてもらった」
http://web.gekisaka.jp/263948_62026_fl

そんな彼も現在は日体大の3年生。ファイルでも3シーズン目。1年目こそ遠藤、安藤、山下とベテラン勢の中でベンチに入れない試合も多かったが、昨年からはスタメン出場を果たし、代表経験もある石渡と二枚体制でファイルの若き守護神に定着。

今期は田村選手とともに副キャプテンを努め、自身も若手だが、ベテランと新人との間に入りチームを盛り上げる。

当初からFリーグ入りしてプロになることを目指していた彼の活躍を関東で見れるのも今年が最後かもしれません。

■No.1三浦拓選手のインタビュー
[広告] VPS

開幕戦勝利!吉成監督と三木キャプテンのコメント

試合の翌日に多摩スタでおこなわれた元ファイルの長尾&遠藤クリニックで会った三木キャプテンと、リカバリー明けの火曜に多摩スタで行われた練習で吉成監督に、開幕戦のこと、今年のファイルのこと、そして、サポーターへ向けてのメッセージをもらいました。


吉成監督インタビュー
[広告] VPS


三木キャプテンインタビュー
[広告] VPS


[ 2013/07/10 14:05 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

関東開幕戦勝利!vsブラックショーツ 東久留米スポーツセンター

第15回関東フットサル1部リーグ 開幕節


ファイルフォックス府中 vs ブラックショーツ

開催日 2 0 1 3 年 0 7 月 0 6 日
試合開始 1 2 : 5 0  開始
観客数 250 人
会場 東久留米スポーツセンター

主審 小野寺 祐
第2審判 斉藤 寛人
第3審判 中出 隼人
タイムキーパー 上山 裕史

警告
09'07" 23 石関 聖 C7 無許可入
22'25" 1 飯田 敏基 C7 無許可入
38'08" 9 柴田 将 C1 反スポーツ

得点
01'10" ファイルフォックス府中 6 田村 佳翔
03'30" ファイルフォックス府中 18 三木 一将
09'40" ファイルフォックス府中 4 岩田 雅人
18'08" ブラックショーツ 8 細谷 卓見
18'34" ファイルフォックス府中 9 藤本 豊
27'31" ブラックショーツ 19 木村 健
35'39" ブラックショーツ 10 田口 元気
37'34" ファイルフォックス府中 18 三木 一将

今期からベンチ入りは14人。
とはいえファイルの登録選手は16人。


GK 1三浦拓、12石渡良太
FP 4岩田雅人、6田村佳翔、7徳嶽裕太、8山本真太郎、9藤本豊、10小原聖士郎、11吉成圭、14鈴木龍一郎、18三木一将、19原田直、22大森優、23石関聖


GK 12山下直也、16小林勇樹、27冨沢孝輔
FP 1飯田敏基、5鈴木健太郎、7村田達信、8細谷卓見、9柴田将、10田口元気、14宮崎貴史、15山口永二郎、18岡花弘始、19木村健20宮下康一


12:50 キックオフ

先発メンバーは、
ファイル GK1三浦 6田村 9藤本 11吉成 18三木
ショーツ GK27冨沢 10田口 14宮崎 18岡花 19木村

ファイルボールでキックオフ。
開始1分10秒。
自陣中央でボールを奪った佳翔。中央をドリブルで駆け上がる。
ショーツのディフェンスが戻り切れていない。ゴールまでの道は空いている。
センターサークルを過ぎたあたりで、思い切りよく右足を振りぬく。
誰もの意表を突くシュート。ショーツゴレイロ冨沢も意表を突かれ対応ができない。
富沢触れるもボールはゴールに吸い込まれる!

ファイル1-0ショーツ

開始早々の理想的な時間に先制するファイル。

ショーツの攻めが激しくなるも凌ぐファイル。
ゴレイロ拓がスーパーセーブを連発。
凌ぎ切る。

ファーストセットを崩しつつ、選手を交代するファイル。
やはり、吉成、三木、田村の出場時間は長くなる。

9分。
聖が交代ゾーンでイエロー。記録では無許可入。ルールの解釈改訂で厳しくなった交代を取られたか。

初出場の徳嶽が持ち前の強いボールを前へ送りチャンスを作り出す。
聖士郎はいつものようにドリブルで仕掛けることがなかなかできないがボールをキープしてチャンスへつなげる。

11分。
徳嶽左から中へカットイン。右足ヒールで三木へ落とし、そのまま三木が左足を振りぬきニア上へ。

ファイル2-0ショーツ

ファイルが追加点!

ショーツがタイムアウトして体制を整えようとするが、依然ファイルペース。

緊張もほぐれてきたか、カウンターで抜け出した聖士郎がドリブルで仕掛ける。
相手ペナルティライン辺りで得意のまたぎドリブル。
シュートまではいけないまでも自分の持ち味を出す余裕がでてきたか。

ショーツ攻め込まれ、ディフェンスがずれてきても、最後は身体を張りシュートまでいかせない。
守備の乱れも気持ちの見えるプレーでカバー。
身体を張ったディフェンスはファイルの伝統。やられたと思っても残した片足でボールを弾き返す!

15分。
カウンターのロングボールが、右サイドを駆け上がった岩田に通る。
ショーツゴレイロ冨沢との1vs1を冷静に決め、さらに突き放す。

ファイル3-0ショーツ

18分。
ショーツの前プレを回避できずにこぼれたボールを、細谷が倒れながらシュート。拓の脇を抜かれ失点。

ファイル3-1ショーツ

直後の19分。
ファイルすぐさま反撃。ゴール正面でボールを受けた豊が豪快に振りぬく。これがゴール右上へ決まる。

ファイル4-1ショーツ

間髪いれず再び突き放す。

前半終了間際の嫌な時間に失点したが、これで流れを取り戻した。

そしてショーツキックオフ後、自ボールになった残り1分 ファイル、タイムアウト
前半をどう終えるかを再確認。気持ちをひとつにして流れをショーツに引き渡さない


4-1でこのまま前半終了


後半開始

後半は前半と変わり受けにまわるファイル。
無理に前プレにいかずに基本はハーフで守る。
ショーツの攻撃の時間が長い。

崩されても次々とカバーに入り身体を投げ出し、気持ちで守るファイル。
ゴレイロ拓もぎりぎりでゴールを割らせない。

攻撃に人数を割かないため、ボールをまわして攻めるもなかなかシュートまではもっていけない。
点差を考えれば、それでいい、守るのがファイルの伝統。

後半7分。マークのずれから不用意なファール。このフリーキックを、サインプレーから岡花がファーへ丁寧なパス。ディフェンスの間を抜けてファーで待つ木村に通ってしまう。あとはあわせるだけで失点。

ファイル4-2ショーツ

まだ2点差。
切り替えて攻めるファイル。

後半10分。
ファイル、ちょうど第二PKマークの前あたりで石関が倒されフリーキック。
四人が一列に並ぶトリックプレーでゴールを狙う。一人二人と駆け抜けて、三人目が前に出すもかみ合わず、思わず会場から失笑が…。
練習では決まっていたのに本番に弱い…。

ファイル、ショーツ共に疲労の色が見えてきたかパフォーマンスが落ちてきている。

残り5分。
ショーツ、パワープレー開始

残り4分。
ショーツ、田口がパワープレーから左アラで受け、ボールを右足側に置きそのまま振りぬく。シュートコースに立った吉成のニアを抜け抑えのきいたシュートはゴール右下へ突き刺さる。

ファイル4-3ショーツ

残り3分。
なおも続くショーツのパワープレー。ゴール前でボールを奪った三木。PP返しの鮮やかなシュートがショーツのゴールへ。

ファイル5-3ショーツ


最後まで集中をきらさないファイルDF。

試合終了

ファイルフォックス府中5-3ブラックショーツ。

試合終了と同時にその場にうずくまり顔を覆う吉成。
メンバーの半分以上がチームを去り、若くて経験のない選手を率いて一から、いや、ゼロからチームを作り上げてきた。

正直、昨年までのファイルではベンチにも入れない選手が半分以上。
それでもやるしかない。その現実を受け入れて、できることをやろう。
練習してきたことが通用しない、そういうこともきっとある。
それでもその事実を受け入れて、それでも切り替えて戦わなければならない。

練習でそう繰り返してきた吉成監督。
やれるかもしれない、通用しないかもしれない。
プレッシャーかかってるだろうし、不安だっただろうし。

それが、開幕戦勝利という最高の結果が出せた。
その気持ちは練習を見続けていたからよくわかった。
思わず涙がでてきてもらい泣き。

どんなにメンバーが入れ替わってもファイルはファイル。
気持ちの見えるプレーを全員がしてくれている。

だからこそ応援したくなる。

今のファイルは、きっとAKBやらももクロと一緒。
成長していく過程を応援したくなる。
今あえるフットサラー(笑)


そんな彼らをたくさんの人たちに応援して欲しいと思ってます。
ファイルは好きだけど、今いる選手の名前全然わからない。という人、
そんな人のために選手の名前の入ったうちわを手作りしました。
一緒に応援してくれる人に渡しています。

通販で買った白骨に、自宅のプリンターで印刷したシールを貼っただけのお手製のお粗末なものですが…
すがぽんが2005年に作ったうちわのデータをもらったので、「FIRE FOX CLUB」のままですがw

本来は名前を憶える必要のない選手や関係者には
渡さないつもりでしたが今日の頑張りを見たら渡しちゃいました。

ファイルに憧れている若い選手が多いので、しょうがないですね。
それでもファイルに対しての憧れでなく、ファイルの名前を背負って闘っている選手は
一人もうちわくださいって言ってきませんでした。

憧れではなくそこで闘っているという自覚を早く持ってほしいですね。

来週は、茨城県笠松運動公園体育館で、
今期昇格したリガーレ東京と対戦。

開幕戦はフウガに敗れたものの、広島監督の元しっかりとした戦いのできるチームです。
サポーターも多く、苦しい闘いが予想されます。

しかし、開幕戦に勝ったことは大きい。
二日間しっかり休んで、来週もまた練習からあげていって頑張ってほしい。

~試合レポートサイトの紹介~

■フットサル観戦を楽しむサイト■
■ラブフットボールジャパン  ■
http://lovefootball.jp/kanto_1/8884

■FUTSAL PIX(フットサルピクス) ■
■“-見せるキモチ、伝える瞬間-”■
http://www.futsalpix.com/2013/07/12/15kanto-kaimaku-fire-bs-report/


■スマイル東京■
【データ】
http://smilefutsal.jp/tokyo/news/1000000301/
【写真】
http://smilefutsal.jp/tokyo/news/1000000303/
【インタビュー】
http://smilefutsal.jp/tokyo/news/1000000304/
[ 2013/07/07 00:44 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(2)

いよいよ開幕!vsブラックショーツ 東久留米スポーツセンター

いよいよ開幕!第15回関東フットサルリーグ1部!
今年は例年より遅く7月に入ってからの開催。

昨年とは全くメンバーの違うファイルにとっては、
チームを作る時間があって良かったのかもしれない。

難波田、北の引退。三井がFリーグアスレヘ移籍。長尾は未だFリーグ挑戦中。荻窪が仕事の関係でフウガへ。曽根は全日本選手権決勝戦を見てFリーグ挑戦をやめてフウガへ。稲田は仕事が忙しく練習時間の遅いカフリンガへ。安藤も職場が変わり練習参加が難しいため地元のアルティスタへ。山下も仕事が忙しくブラックショーツへ移籍。田代も仕事が忙しく退団。

今年のファイルは11吉成圭が監督兼任で一からチームを作り上げてきた。

新加入は7徳嶽裕太と10小原聖士郎。昨年まで練習生だった8山本真太郎と19原田直を登録。
それぞれに強いキック力や、跨ぎを入れたドリブルなど特徴ある強みを持った選手。すぐには活躍できないかもしれないが成長が楽しみな選手たち。

そして開幕直前に新加入した23石関聖。言わずと知れた元フトゥーロから中国のプロリーグで活躍していた選手。中国リーグ開幕までの期間限定だが彼の加入は大きい。見た目のチャラさとは違う献身的なプレー。切り替えの速さ。抜群のボールコントロールでボールを失わない。本当にいい選手。

昨年出場機会が少なかった9藤本豊、14鈴木龍一郎、22大森優。この三選手の成長が今年のファイルが勝てるかどうかにかかっていると思う。40分を通して判断力をキープできるかどうか。特に藤本はいいドリブルを持っているのだから一皮向けて欲しい。

今シーズンのキャプテンは18三木一将。昨年からプレーに力強さが増してアグレッシブに相手ゴールに向かう姿は本当に頼もしい。

副キャプテンには、1三浦拓と6田村佳翔。まだまだ若手なのだが、今年の若いファイルでは中堅となってチームを盛り上げてる。6番を背負った佳翔は、昨年、難波田選手から受け継いだものをチームに還元しているように見える。東京都選抜では清野監督の信頼を勝ち得て勝負ところにも使ってもらっていたり、今年最大の注目選手。大学リーグにも2チームから参加していたりでコンディション調整に難がある感じだったが、関東本番に向けてきっちり合わせてきている。若き守護神三浦は、12石渡良太から教わった経験でシュートストップの技術は凄まじく上がっている。

コーチとしても登録しているのが、4岩田雅人と12石渡良太。今年は吉成監督を中心にまとまっている若いファイル。ミーティングはまるで学校の授業のよう。さすが先生。もう一人の先生であるまーちゃんのいたずらがなりを潜めているのも大きいのか。今年は岩田の活躍する場面も長くなりそう。献身的に走る岩田がゴール前にラストパスを送ったり、ラストパスに詰めたり、いぶし銀の活躍に期待。チームが始動して一ヶ月は練習に参加しないで身体作りをしていた石渡。今年の石渡は本気。家業を継いで仕事に専念すると言ってFリーグを引退した石渡。神奈川県リーグでは満足できずファイルに加入してくれた時は嬉しかった。今年が現役生活ラストと公言している石渡。悔いを残さないシーズンにするために身体を作り、また若い三浦に元日本代表、元Fリーガーの経験の全てを伝えていく石渡のプレーも楽しみだ。

もちろん監督の11吉成圭は中心選手でもある。質の高いフリーランニングでボールを引き出し、その左足で奪われないキープ、からの仕掛け。本当に見ていて惚れ惚れするほど上手い。ゲームしながらも交代の指示を出し、まさに八面六臂の大活躍。

そして21佐藤秀哲、ゴリがチームに残ってくれたのは本当に嬉しい。色々な意味で。練習で会うよりも、フットサル場に行くと隣でサルコンの受付で見かけることの方が多いのだが…

そしてレアキャラの17坂口啓介。元湘南ベルマーレのゴレイロ。最近ファイルを見始めた人の中にはグチ君の存在を知らない人もいる。今年は会場で会いたいですw

ざっと今年のファイルの選手を紹介してみたが、改めて今年のファイルの闘いが楽しみでしょうがない。

プレーを見ると正直まだまだ足りない選手が多い。昨年までのファイルならベンチにも入れない選手もいるだろう。でも今年のファイルでプレーをしてくれている。それだけで本当に嬉しい。うまくいかないことも多いだろう。ミスもするだろう。でもそれ以上にチャレンジをしていって欲しい。今年のファイルの選手たちは本当に応援したくなる選手たちです。

開幕戦の相手はブラックショーツ。昨年のリーグでの対戦は6-3、4-1と二勝しているがそんなデータはあまり関係ない。全く違うチームだから。

ブラックショーツからは知っている範囲では、高橋祐がカフリンガへ。克が柏へ。それ以外にはあまり変化がなかったみたいだ。先日の練習試合ではやれる時間帯もあったが、やられる時間帯も多かった。

決して簡単に勝てる相手ではない。
でも彼らならやってくれると信じている。


明日というか、もう今日の12:50、東久留米スポーツセンターでキックオフ。

本当に楽しみです。

もしファイルの選手を知りたい方は、ファイルのサポーター席に来てくれれば背番号と名前のわかるグッズを用意しています。数に限りはありますが、ぜひサポーター席にきてください。

そしてもし良かったら、太鼓のリズムに合わせて手拍子してください。

よろしくお願いします。




[第15回 関東フットサルリーグ1部 第1節]
日程:7月6日(日)
会場:東久留米スポーツセンター(東京都)


[第1試合]
11:00 バルドラール浦安セグンド―アルティスタ埼玉
[第2試合]
12:50 ファイルフォックス府中―ブラックショーツ

セレモニー  優勝カップ返還

[第3試合]
15:00 フウガすみだ―リガーレ東京
[第4試合]
16:30 カフリンガ東久留米―柏トーア’82

※入場無料!
※室内履き必要です。
 キャリーバッグのタイヤは拭きましょう。
※ダンマクは手すりに結べますので養生テープはなくても大丈夫です。
※駐車場の数が少ない為、公共の交通機関をご利用ください。

[東久留米スポーツセンター]
〒203-0011 東京都東久留米市大門町2-14-37
042-470-7900
東久留米スポーツセンター
http://www.shisetsu.jp/city.higashikurume_sc/

<東久留米スポーツセンターへのアクセス>
西武池袋線 東久留米駅下車 徒歩15分
[ 2013/07/06 03:16 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)
 
       >    
順位 チーム 勝ち点 得失点 試合数
1 FIREFOX 26 +29 12
2 BlackShorts 23 +11 12
3 ZOTT 21 +3 12
4 LIGARE 19 0 13
5 CAFURINGA 19 +7 12
6 柏TOR 18 -7 13
7 浦安セグンド 17 -3 12
8 FCmm 16 -5 13
9 NOVO MENTE 1 -35 13
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。