スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9/24(土) 関東フットサルリーグ1部12節 柏イーグルスTOR'82 戦

9/24(土) 関東フットサルリーグ1部12節 柏イーグルスTOR'82 戦

フウガホームゲームの墨田区体育館。
2位と3位で勝ち点18で並んでいるファイルと柏。
この日最終試合の首位フウガに、お互い勝ってプレッシャーを掛けたい両チームの対戦。

ファイルは難波田が出場停止あけで復帰。
ゴレイロ安藤が家庭の用事のためにこの日は試合開始に間に合わない。

対する柏もゴレイロ高橋が不在。

ファイルフォックス府中
2伴、3平山、4岩田、5北、6難波田、7望月、8高橋、10荻窪、11吉成、15長尾、19曽根、24山下

柏イーグルスTOR'82
3風間、6西形、8植崎、10特手、14大竹、18高村、19上福元、20半田、21山本、23大野、27磯、36中田


スターティング5
ファイル:6難波田、10荻窪、15長尾、19曽根、GK24山下
柏:3風間、14大竹、21山本、36中田、GK20半田


11:00キックオフ。

気合は十分。柏のカウンター対策もしっかり練習してきている。

開始2分43秒。
裏へ抜け出した曽根がゴレイロ半田と1対1。浮かした球で見事にゴール。
立ちあがりのいい時間に先制。

これが結果的によくなかった。

得点をしたことにより、ファイルが前へボールを進めない。無理に仕掛けない。守備もシンプルに。
柏も攻めるがファイルが積極的に攻めず、集中して守備をしているためカウンターの展開になりにくい。
ファイルがボールを奪っても人数をかけずにパラで抜けるくらい。シンプル。

コート中央あたり。柏のカウンターのロングボールを体を張って防いだ高橋。このボールを至近距離で目に受けてしまう。立ち上がれずにその場にうずくまる。ピッチの外になんとか出るも状況は厳しそう。

それでも柏のカウンターが何度かファイルのゴールを襲う。これを山下がよく守る。
遠藤、安藤がいなくてもゴレイロに心配はない。

コートの中の両チームは膠着したまま前半を終了。

後半開始。ファイルの狙い通りにロースコアで進む試合。
前半よりも守備的になるファイル。柏がボールを支配するも、ファイルが持たせている感じ。
やらせている。やられていない。

残り5分を切り柏のタイムアウト。
ファイルはこのタイムアウトで徹底守備の意識を共有したのだろう。
タイムアウト開けではマイボールもよりシンプルに。攻めもより人数をかけない。

残り3分3秒。
柏から見て右サイドから柏のキックイン。
一瞬の集中が切れたか。ニアサイドに人数が集中している真ん中を通されファーの大竹にボールが通る。
ディフェンスが寄せきれない。ダイレクトでグラウンダーのシュートが左下スミに決まる。
敵ながら見事なコース。

1対1の同点。

残り時間は3分。

ここから試合はようやく加熱する。両チームともアグレッシブにゴールを狙う。

しかし時間が足りない。
このままタイムアップ。
痛み分け。両チームともに痛い結末。

最終試合のフウガvs権田戦の結果を待つ。
権田のサポーター裏でファイル、カフリンガのサポーターと柏の監督が権田を応援するがフウガが勝利。

この結果、フウガが優勝へ大きく近づいた。

次節、
1、フウガが勝利で自力優勝。
2、ファイルと柏がともに負けるとフウガ優勝。
3、フウガ引き分けでも、ファイルと柏がともに引き分け以下だとフウガ優勝。

ファイルとしては、とにかく次節勝ってフウガの結果を待つ。と思ったらファイルは最終試合でした…

とにかくファイルは優勝に関係なく目の前の相手に勝ってファイルらしく残り2戦を戦って欲しいです。

優勝も地域チャンピオンズリーグも結果的に後からついいてくるものと考えて、目の前の試合に集中するのみ。



■9/24(土) 関東フットサルリーグ1部12節の結果
第1試合 柏 1-1ファイル
第2試合 アルティスタ 1-2 BS
第3試合 カフリンガ 5-4 ゾット
第4試合 フウガ 5-2 コロナ

■12節を終えての順位
1位 フウガ東京(24・13)
2位 柏イーグルスTOR’82(19・6)
3位 ファイルフォックス府中(19・2)
4位 ゾット早稲田(18・-2)
5位 カフリンガ東久留米(17・-2)
6位 ブラックショーツ(16・3)
7位 コロナフットボールクラブ権田(11・-15)
8位 アルティスタ埼玉(9・-5)

高橋選手の目は重傷で経過を見守る必要があるとのこと。
なんとか早く治って欲しいです。
スポンサーサイト
[ 2011/09/29 15:53 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

FIRE FOX FUCHU 2011-2012 PLAYER

FIRE_001_ph.jpg
01 三浦 拓 GOLEIRO  NEW
生年月日 1992.05.19
年齢 19 歳
身長 174 cm
体重 74 kg
前登録チーム 矢板中央高校
出身校

FIRE_002_ph.jpg
02 伴京次朗 PIVO
生年月日 1984.11.24
年齢 26 歳
身長 179 cm
体重 73 kg
前登録チーム PLEDGE→FIREFOX→府中アスレ→Calcetto Poggibonsese(伊)→Isolotto calcio a5(伊)
出身校 日大

FIRE_003_ph.jpg
03 平山保彦 ALA/FIXO
生年月日 1988.04.21
年齢 23 歳
身長 168 cm
体重 65 kg
前登録チーム ヤマノヤ→Iwatsuki Futsal Club/tzk
出身校 日体大

FIRE_004_ph.jpg
04 岩田雅人 ALA
生年月日 1979.07.15
年齢 32 歳
身長 171 cm
体重 68 kg
前登録チーム WINING DOG→FIRE FOX→湘南ベルマーレ
出身校 国学院大学

FIRE_005_ph.jpg
05 北 智之 ALA
生年月日 1977.02.08
年齢 34 歳
身長 175 cm
体重 68 kg
前登録チーム
出身校 立正大

FIRE_006_ph.jpg
06 難波田治 FIXO
生年月日 1977.05.22
年齢 34 歳
身長 174 cm
体重 68 kg
前登録チーム 府中水元→FIREFOX→大洋薬品バンフ→FUTURO→湘南→府中
出身校 拓殖大学

FIRE_007_ph.jpg
07 望月 徹 ALA
生年月日 1985.01.04
年齢 26 歳
身長 168 cm
体重 62 kg
前登録チーム 武田消毒
出身校 韮崎工業高校

FIRE_008_ph.jpg
08 高橋 健 ALA
生年月日 1990.01.31
年齢 21 歳
身長 173 cm
体重 65 kg
前登録チーム N.U.Fantars
出身校 神奈川大学 在学中

FIRE_009_ph.jpg
09 藤本 豊 ALA NEW
生年月日 1991.09.09
年齢 20 歳
身長 160 cm
体重 57 kg
前登録チーム 武田消毒
出身校 山梨学院大学在学中

FIRE_010_ph.jpg
10 荻窪 孝 ALA
生年月日 1981.01.22
年齢 30 歳
身長 170 cm
体重 63 kg
前登録チーム ブラックショーツ→ロンドリーナ→湘南
出身校 向上高校

FIRE_011_ph.jpg
11 吉成 圭 ALA NEW
生年月日 1982.06.14
年齢 29 歳
身長 165 cm
体重 60 kg
前登録チーム 権田→FIREFOX→シュライカー大阪
出身校 法政大学

FIRE_012_ph.jpg
12 遠藤晃夫 GOLEIRO
生年月日 1972.12.01
年齢 38 歳
身長 180 cm
体重 75 kg
前登録チーム CASCAVEL→FIREFOX→花巻
出身校

FIRE_013_ph.jpg
13 安藤真之 GOLEIRO
生年月日 1979.07.17
年齢 32 歳
身長 183 cm
体重 70 kg
前登録チーム 高西→FIREFOX→Artista
出身校 国学院大学

FIRE_014_ph.jpg
14 田代桂一 ALA
生年月日 1985.10.21
年齢 25 歳
身長 173 cm
体重 68 kg
前登録チーム ブラックショーツ
出身校 日体大 

FIRE_015_ph.jpg
15 長尾龍 FIXO
生年月日 1985.07.04
年齢 26 歳
身長 170 cm
体重 60 kg
前登録チーム フットサル世田谷-Forca verde-バンフ東京
出身校 武蔵野大学

FIRE_017_ph.jpg
17 坂口啓介 GOLEIRO
生年月日 1975.09.09
年齢 36 歳
身長 170 cm
体重 70 kg
前登録チーム WINING DOG→ロンドリーナ→湘南
出身校 東京農業大学

FIRE_018_ph.jpg
18 三木一将 ALA
生年月日 1986.10.02
年齢 24 歳
身長 164 cm
体重 59 kg
前登録チーム
出身校 国士舘大学

FIRE_019_ph.jpg
19 曽根直人 ALA
生年月日 1987.07.22
年齢 24 歳
身長 163 cm
体重 58 kg
前登録チーム ヤマノヤ→N.U.Fantars
出身校 東海大

FIRE_021_ph.jpg
21 佐藤秀哲 PIVO
生年月日 1983.09.22
年齢 28 歳
身長 185 cm
体重 82 kg
前登録チーム CAMISA
出身校 国士舘大学

FIRE_024_ph.jpg
24 山下直也 GOLEIRO
生年月日 1980.05.25
年齢 31 歳
身長 179 cm
体重 60 kg
前登録チーム ロンドリーナ
出身校
[ 2011/09/24 02:12 ] チームからのお知らせ | TB(0) | CM(0)

いよいよ土曜日。関東リーグ第12節 柏イーグルスTOR'82 戦

いよいよ土曜日。
関東リーグ第12節 柏イーグルスTOR'82 戦。


フウガ、カフリンガと勝利し2位(当サイト調べ)と順位をあげたファイルフォックス。

対戦相手は現在3位(当サイト調べ)の柏イーグルス。
前期は4勝2分1敗と首位で折り返したものの
9節にフウガに引き分け、権田、ゾットと2連敗。
ファイル、ゾットと勝ち点18で並んでいます。

変則日程で前期の最終試合7節では
上福元のカウンターからの2ゴールで惜しくも引き分けた相手。

優勝を狙うにはお互い負けられない一戦です。

今回は墨田と東京開催。
ファイルを応援するサポーター、ファンの方も集まりやすいのではないでしょうか。
今節も、気持ちをひとつに闘っていきたいと思います。

前節、前々節のフウガ戦、カフリンガ戦は本当にチーム一丸となって戦えていました。

この状態が本当の実力なのか、たまたま続いただけなのか、
次につなげていくことこそが大切です。

ファイルは気持ちさえまとまれば、優勝できる実力はあると思っています。

繰り返します。
ベンチ入りした選手もベンチに入れなかった選手もスタッフもサポーターもファンも
チーム一丸で闘えば、ファイルは絶対に強いんです。

気持ちをひとつにして闘っていけば後から結果はついてきます。

今週もこのブログを読んでくれているファイルを好きな方にお願いがあります。

サポーター席の近くで、ひとつに固まって観戦していただけませんか?
太鼓にあわせて拍手をしてくれるだけでも構いません。。
声をだして歌ってくれなくても構いません。

座る場所だけでもひとつになって、
ともに闘ってください。

チーム一丸となって「挑む」姿勢で、勝って笑って帰りましょう。

選手もスタッフもサポーターもファンも、
チーム一丸。
みんなで闘い、
みんなで喜び、
みんなで笑って帰りましょう!

よろしくお願いします。

今節は難波田選手も復帰。
一層の活躍を期待しています。

柏イーグルスTOR’82
http://www.eagles-tor82.com/index.html#topi

[第13回 関東フットサルリーグ1部 第12節]
日程:9月24日(土)
会場:墨田区総合体育館(東京都墨田区)

[第1試合]
11:00 柏イーグルスTOR’82 vs ファイルフォックス府中
[第2試合]
12:50 アルティスタ埼玉 vs ブラックショーツ
[第3試合]
14:40 カフリンガ東久留米 vs ゾット早稲田
[ホームイベント]
16:10 フウガ東京Jr vs カフリンガ東久留米Jr
16:30 セパタクローエキシビジョン
[第4試合]
17:10 フウガ東京 vs コロナFC権田

※入場無料!
※3階アリーナ席、4階スタンド席ともに室内履きは必要ありません。
※第12節は、フウガ東京ホームゲームデーとなります。

[ハーフタイムショー]
○第1試合、第3試合のハーフタイム
岩手県宮古市出身のミュージシャン「澤内早苗ミニライブ」

○第2試合、第4試合のハーフタイム
「PYRATES」と「OXLIP」によるダンスパフォーマンス

[墨田区総合体育館]
東京都墨田区錦糸4-15-1 錦糸公園内
TEL 03-3623-7273
錦糸町駅より徒歩5分

墨田区総合体育館ホームページ
http://www.sumidacity-gym.com/

※ダンマク張るためには養生テープ必須です。

[ 2011/09/22 16:25 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

9/17(土) 関東フットサルリーグ1部11節 カフリンガ東久留米戦

9/17(土) 関東フットサルリーグ1部11節 カフリンガ東久留米戦

ファイルフォックス府中
2伴、3平山、4岩田、5北、7望月、8高橋、10荻窪、11吉成、13安藤、15長尾、19曽根、24山下

カフリンガ東久留米
1玉置、2安藤、4鰐渕、7シニーニャ、8夏野、12小出、18弓野、19垣本、20関、21肥沼、28北村、30坂本

前節フウガに勝利するものの、太見をマンマークして仕事をさせないという活躍の代償にイエロー2枚で退場。難波田選手を欠くファイル。
この試合では前節監督代行に専念した北を入れてきた。また、炎症で足の爪を剥がして欠場した高橋が復帰。
1stセットは
安藤、北、荻窪、長尾、曽根。

一方、開幕3連勝と好スタートを切ったものの怪我人でメンバーが揃わず苦戦していたカフリンガ東久留米。
1stセットは
肥沼、鰐淵、夏野、小出、坂本

14:55キックオフ

ファイル1stセットから2ndへ交代も、長尾を長めに引っ張る。
北と長尾→平山と岩田と2枚のフィクソでセットを組む。
ディフェンスからしっかりリズムを作り、前プレからのショートカウンターで先制点を狙う。

今週のエルゴラの記事で、首位大阪と2位横浜の対戦を、「最強の鉾と最強の盾の闘い」と表現されていた。
まさに、最強の鉾「カフリンガ」と最強の盾「ファイルフォックス」と通じると思ったのだが…
調べてみるとここ2~3年のファイルは、守備に定評があるのだが失点は多く今年も失点は3番目に多い。
むしろ得点数はリーグ2位。
逆にカフリンガは得点と失点のバランスもよくぱっとしない。
カフリンガもゾーンでしっかり守れるチームになっている。

しかし数字は数字。お互いの狙いは、鉾vs盾で間違いない。

ゲームが動いたのは、前半10分。
長尾のゴールでファイルが先制!

審判の基準はぶれる。
ファイル寄りでもあるんだが、あれは取ってこれは取らない。

安藤のクリアランス。
ラインから手が出たのか、カフリンガペナからFK。
これを全員で集中して防ぐファイル。

11分。ファイルが5ファール。

14分。
左サイドのスペースにカフリンガのパスが出る。
走リ込む坂本とシュートブロックの形を作って滑る安藤。交錯する。
特に危険なプレーには見えなかったが、ペナの外だという理由だからか、審判は第2PKを指示。

抗議してもしょうがない。切り替えて守る安藤。
垣本のシュート。安藤がしっかり弾く。
駆け寄って安藤のセーブを称えるファイルの選手。
サポーターも安藤コール!

しかしカフリンガ相手にこれはいけない。
ファイルが喜んでいる中、早いリスタート。
コーナーキックから垣本のシュートがゴールに入る…。

と、ほぼ同時にブザー。
まさかのカフリンガタイムアウト。

カフリンガも自分のタイムアウトなだけに誰も文句は言えない。

カフリンガ戦ではいつも早いリスタートにやられている。
何度やられたら対応できるんだ。
サポーターが一緒になって浮かれてどうする。

切り替える。
いいタイミングのタイムアウト。

18分。
平山のゴール。
ファイル追加点。

このまま前半終了2-0でリード。

後半開始。

後半1分。
前半と逆の展開。
肥沼のクリアランスの手がラインから出たのか。
ファイルFK。

これを長尾がきっちり決めて3-0。

後半4分。
右サイド。岩田から中合わせのボール。
中央にいる伴かカフリンガDFに当たってゴール。
伴のゴールかと思いきや記録は岩田のゴール。
4-0。

残り7分で4-0。
ファイルゴレイロを安藤に替えて山下へ。

その直後、カフリンガの猛攻。
残り6分50秒。
山下、ボールに一度も絡む前に
カフリンガ夏野のシュート。
決まって4-1。

カフリンガ5ファール。

残り2分35秒。
垣本がゴール。4-2。

その10秒後。
残り2分25秒。
平山ゴール。5-2。

残り1分。

カフリンガの猛攻をしのいで平山がカウンター。
自陣でカフリンガに倒される。

第2PK。

蹴るのは、ハットトリックが係る2人、平山でも長尾でもなく、
ブラックショーツの田口、木村がこの日大量得点で11点と、10点の吉成を抜いたため、
吉成の得点王をチームで狙う。

第2PK、ポストを叩く。

このまま試合終了。

カフリンガに勝利。

先週に引き続き気持ちをプレーに出し切って、チーム一丸で勝ち取った勝利。
本当に嬉しい。
全員で闘えた。

これで柏がゾットに負けたため、勝ち点18で柏、ファイル、ゾットが並ぶ混戦で
勝ち点21の首位フウガを追う展開。

負けたカフリンガは一歩後退。
とはいえ、まだまだフウガと7点差。
最終節に直接対決もありまだまだわかりません。


11節の結果

第1試合 BS 10-4 権田
第2試合 アルティスタ 1-4 フウガ
第3試合 ファイル 5-2 カフリンガ
第4試合 柏 3-4 ゾット

11節終了時の順位

1位 フウガ東京(21・7)
2位 ファイルフォックス府中(18・2)
3位 ゾット早稲田(18・-1)
4位 柏イーグルスTOR’82(18・6)
5位 カフリンガ東久留米(14・-3)
6位 ブラックショーツ(13・2)
7位 コロナフットボールクラブ権田(11・-12)
8位 アルティスタ埼玉(9・-4)

(2位~3位は勝ち点18で並んでいるため、直接対決の結果を反映させたRAPOSA独自ランキングです。)



[ 2011/09/21 16:55 ] 関東リーグ | TB(0) | CM(0)

いよいよ明日。関東リーグ第11節 カフリンガ東久留米 戦。

いよいよ明日。関東リーグ第11節 カフリンガ東久留米 戦。

いよいよ明日。
関東リーグ第11節 フウガ東京 戦。


前節フウガに勝利し3位と順位をあげたファイルフォックス。
首位柏との勝ち点差は3。

対戦相手は現在5位のカフリンガ東久留米。
前節はアルティスタと引き分け。

今期の成績は4勝4敗2分得失点差0と、昨年優勝チームながら苦しんでいます。

4節では開始3分で吉成が退場して苦戦しながらも勝ち切った相手。

そして取手体育館は、カフリンガのスポンサーの手賀の杜から近く
カフリンガにとっては第二のホームのような体育館。
毎回手賀の杜の子供たちが駆けつけて応援しています。

前節のフウガに続いてアウエイの予感。

しかし!
前回も言いましたが応援は数ではありません。
気持ちをひとつに闘っていきたいと思います。

前節のフウガ戦は本当にチーム一丸となって戦えていました。

長尾選手もブログで書いていましたが
この状態が一戦だけのものなのか、本当の実力なのか
次につなげていくことこそが大切です。

ファイルは気持ちさえまとまれば、優勝できる実力はあると思っています。

繰り返します。
ベンチ入りした選手もベンチに入れなかった選手もスタッフもサポーターもファンも
チーム一丸で闘えば、ファイルは絶対に強いんです。

気持ちをひとつにして闘っていけば後から結果はついてきます。

今週もこのブログを読んでくれているファイルを好きな方にお願いがあります。

サポーター席の近くで、ひとつに固まって観戦していただけませんか?
太鼓にあわせて拍手をしてくれるだけでも構いません。。
声をだして歌ってくれなくても構いません。

座る場所だけでもひとつになって、
ともに闘ってください。

チーム一丸となって「挑む」姿勢で、勝って笑って帰りましょう。

選手もスタッフもサポーターもファンも、
チーム一丸。
みんなで闘い、
みんなで喜び、
みんなで笑って帰りましょう!

よろしくお願いします。

残念ながら闘将難波田治選手は、フウガ戦で退場してしまい出場停止ですが
フウガ戦で見せてくれたファイルイズムは全員が体現してくれると信じています。

カフリンガ東久留米
http://www.cafuringa.com/

[第13回 関東フットサルリーグ1部 第11節]
日程:9月17日(土)
会場:取手グリーンスポーツセンター(茨城県取手市)

[第1試合]
11:00 ブラックショーツ vs コロナFC権田
[第2試合]
12:50 アルティスタ埼玉 vs フウガ東京
[第3試合]
14:40 ファイルフォックス府中 vs カフリンガ東久留米
[第4試合]
17:10 柏イーグルスTOR’82 vs ゾット早稲田

※入場無料。
※室内履きが必要です。
※第11節は、柏イーグルスTOR’82のホームゲームデーです。
※第4試合前に、ホームイベントが行われます。

[取手グリーンスポーツセンター]
〒302-0032 茨城県取手市大字野々井1299番地
0297-78-9090
取手グリーンスポーツセンター
http://www.toride-green-spocen.com/

<取手グリーンスポーツセンターへのアクセス>
○JR取手駅よりスポーツセンター行き コミュニティバスで15分 大人100円
バス時刻表
http://www.toride-green-spocen.com/images/pdf/pdf_3.pdf

○関東鉄道常総線
稲戸井駅下車 徒歩15分程度
ゆめみ野駅(新設)下車 徒歩15分程度



※コミュニティバスの時刻の目安は下記が便利かと思います。
 バス停は取手駅西口のロータリーの向かい側です。

11:00 第1試合
取手駅10:10→グリスポ10:30

12:50 第2試合
取手駅11:47→グリスポ12:18

14:40 第3試合、
取手駅14:05→グリスポ14:25

17:10 第4試合
取手駅16:02→グリスポ16:33
[ 2011/09/16 13:03 ] 関東リーグ | TB(-) | CM(-)

9/10(土) 関東フットサルリーグ1部10節 フウガ東京戦

9/10(土) 関東フットサルリーグ1部10節 フウガ東京戦

ラブフットボールジャパンさんより写真を引用して掲載する許可をいただきましたので、写真を追加しました。
ありがとうございます。

16ダンマク


ベンチ
2伴、3平山、4岩田、6難波田、7望月、10荻窪、11吉成、13安藤、15長尾、18三木、19曽根、24山下

この日は女子の全日本選手権関東大会があり、FOREST ANNEXの監督でもある松村監督が不在。
キャプテンの北選手がベンチワークのため12人から外れる。
そして三木選手が復帰。三木選手が負傷したのは6/25の足立区でのフウガ戦。汗に足を滑らせての靭帯損傷。
なんという因縁。まさかこの試合でもモップが勝負の鍵を握るとは…

対するフウガは深津が浦安へ移籍。
元ファイルの清水が前節退場の為、出場停止。

アップの時点から、選手コール。
普段やらないので、選手飛ばしたり、ベンチ外の選手のコールをしたり…
とにかく盛り上げる。

選手入場から、集合写真。
フウガは円陣で会場中を盛り上げる。
01FUGA円陣

ファイルも円陣から、ファイルコール。そしてブラジル。

スターティング5
ファイル:6難波田、10荻窪、15長尾、19曽根、GK13安藤
フウガ:8太見、9神尾、11関、13大森、GK21大黒

試合開始。

両チームとも前プレで主導権の奪い合い。

フウガは、太見、神尾と二枚のピヴォを同じセットに。
神尾が前に張り、太見が後ろ目。と見せかけて太見も前に来て起点をつくる。
難波田が太見をしっかりケア。好きにやらせない。
今日はこのマッチアップがゲームを盛り上げそう。

2分。ファイルのファール。
第2PKマークの右付近からのFK。しっかり守りきる。

今日のファイルは気合が入っている。
気持ちが空回りせずしっかりプレーにつながっている。

ファイルの攻撃の時間。コーナーキックで何度もフウガゴールを狙うが、フウガ守りきる。
吉成右足のトラップは厳しいか。

6分43秒。難波田からの、伴にポストのパス。伴は右サイド11吉成にダイレクトに落とす。
吉成、ダイレクトのグランダーシュート!決まってファイルが先制、1-0(吉成)

02吉成

03吉成


待望の先制点。
ベンチでみんなにハイタッチした後、その流れでサポーター席下へ走ってきてガッツポーズ!
練習を見学した時に、唯一自分から話しかけてきてくれて、決めれないですみせんと謝ってきてくれた吉成。
第2PKを外したことを本当に気にしてた。そしてそれ以上にここ数試合得点できてないことを。
そういった気持ちを全てひっくるめてのガッツポーズ。嬉しいことこの上ない。

10分。フウガのファールが4つめ。ファイルはまだひとつ。
なにかおかしい(笑)
ファイルの気迫をフウガがファールで止めるしかないのか…

と思っていたらフウガゴール前で倒してしまい吉成がイエローカード。
カウンターの起点だったが、ボールにいってたからイエローは厳しすぎるような…

フウガタイムアウト。

13分 ファイルのカウンター。右サイドのロングボールに荻窪が走り込む。
出てきたゴレイロを回り込んで抜いて倒れながらシュートを打つがファーに決まらず。

両チームとも中盤での激しい攻防。

特に難波田と太見のマッチアップは激しい。

会場の熱気は相当なものでクーラーが入っているとはいえ、汗がすごい。
何度もモップが入り中断。

ボールパーソンはカフリンガ。
ちゃんとモップをかけないことに難波田が怒るが審判は試合再開。

18分26秒。安藤からのクリアランス。右の低い位置にいる難波田へ。
難波田がボールに近づきトラップしようとしたところ足を滑らせてバランスを崩す。
なんとか立ち上がってボールに近づこうとするが再び足を取られて完全に転倒。

太見がすかさずボールをかっさらってシュート。

中途半端な距離があるため安藤は距離を詰められず。

きっちり決められて同点。1-1(太見)

05難波田太見
20太見
06太見
21太見
07難波田
22難波田


今、拭いたばかりのところで足を滑らす。
きっちりモップをかけていないことが原因。
直前にアピールしているのにも関わらずに再開させた審判はどうかと思うが…。
難波田と安藤が抗議をするが、言ってもしょうがない。当然だ。
切り替えるしかない。

ファイルタイムアウト。

仕切り直しだ。
前半残り少ない時間にフウガにとってはいい時間帯に同点に追いついた。

前半残り1分26秒。フウガ5ファール。

しかしこのまま前半終了と思われた残り5秒。
難波田が相手のカウンターを倒してしまいイエローカード。
もったいない。前半終了。

23難波田イエロー


後半開始。

後半は前半よりもモップが多く入る。
ああいった失点はもう見たくない。

ファイル側のボールパーソンは元ファイルの鰐淵。
鰐淵にも声援が飛ぶ(笑)
08モップ関
09モップ鰐淵
鰐淵ナイスモップ!

後半はファイルがファールを繰り返す。

5分59秒。吉成の中央ドリブル突破から右にパス。
3平山の強烈なシュート!決まってファイル1点リード。2-1(平山)

25平山02
24平山01

ゴールを決めてサポーター席に来てくれる平山。
サポーターと選手が一体になって喜ぶ。本当に嬉しい瞬間。
そしてそんな平山に後ろから飛びつくアシストの吉成。

26平山03

みんなで闘い、みんなで喜ぶ。
これが見たかった!

27平山04
10平山


終了後キタケンからも平山いいですね。と褒められてたよ。

フウガが猛攻。しのいでカウンターのファイル。

望月のサイドでのドリブルが気持ちいい。
曽根のシュートが思い切りがいい。
三木の献身的なプレー。
伴の体を張った前線でのキープ。
荻窪の仕掛け。
長尾のディフェンス。
岩田のボールまわし。

みんながそれぞれの持ち味を出してそれが一つになっている。
今日のファイルは本当にいい。

両チームともにシュートまで行くが最後できっちり守りきる。

吉成が腹にボールを受けてうずくまる。
ここでフウガのベンチの関から「吉成がんばれ!」との声が飛ぶ。
この状況の中で、相手のベンチから声を掛けられる。
素晴らしい、関選手!
さすがマカオインドアゲームスの日本代表選手つながり。
健ちゃんありがとう!

12分28秒。中央ボールの競り合いを制し3人を一気に交わした望月が
飛び出してきたゴレイロ大黒に対し舐めてすぐシュート。
大黒触るがボールはゴールに吸い込まれる。(3-1)望月

28望月01


一目散にサポーター席に来て胸を叩いてくれる望月。気持ちが入っている。

29望月02
11望月
12望月


フウガベンチは、失点してもそれを想定内として、
盛り上げる。相手の得点時にも喜ぶ。
これで空気を変えていく。
それをサポーター席目の前でやられているのを逆手に取り、
「フウガベンチもファイルの得点喜んでくれてるよ!」
と叫ぶ。
するとなんとなく喜びが中途半端に…してやったり。

それでも圧倒的なアウェイ墨田区総合体育館。
子供達の声援が自然発生してくる。

大人げなく、子供の声に被せる。
「フウガ頑張れ!」には「ファイル頑張れ!」
「フウガ!(チャチャチャ)フウガ!(チャチャチャ)」には「ファイル!(チャチャチャ)ファイル!(チャチャチャ)」

子供の声援は一番手強い。サポーターよりも手強いというリスペクトから敢えて、対抗してみた。
これはやっぱり一番選手の力になるのではないだろうか。
後から面白かったと言ってくれる人がいたので、少しでも空気を変えられたのではないか。

残り7分 望月が左サイド切れるかと思われたボールに追いつき、
腰を回して折り返したところにフリーで吉成が上手くあわせるも
フウガゴレイロ大黒左足でスーパーセーブ。

この日は難波田劇場。
太見とのマッチアップ。
そしてチーラ!
吼える!

13難波田チーら


残り6分。フウガタイムアウト。

タイムアウトにはブラジルを歌う。
かっさーが叩いてた頃はいつもやっていたことだが、
太鼓が上手くない自分はやったりやらなかったり。
実はブラジルはだいたい1分くらいで歌いきるので、タイムアウトにはちょうどいい長さ。
フウガのベンチが近かったので、ブラジルを歌う。
下手な太鼓で少しは調子を崩してもらえたかな…

圧倒的なアウェイ。
とにかく声を出し続けなければ飲み込まれてしまう。

ファイルの指示は守備だったのだろう。
必死で攻めるフウガ。必死で守るファイル。

きわどいプレーが繰り返される。
いつファールを取られても不思議ではない。やばい。

残り2分3秒。左サイドでマッチアップしていた難波田と太見。
太見が抜け出したところを難波田がついていけず。体をつかんで倒してしまう。
もったいない。が、難波田らしいといえばらしい…。

2枚目のイエローで難波田退場。

31難波田退場
32難波田


ファイル長尾、吉成、平山の3人で守る。
これでやることはかえってはっきりした。
2分間守るだけだ。

ファイルはディフェンスのチーム。
絶対守り切る。

33吉成守備


会場中はフウガコール。
守備の指示を遮らないように、短い言葉で選手を勇気づける。

マイボールも吉成が張ってキープ。
しかし上手くいかないと見ると、投げ捨てるだけに。
とにかく守る。

しかし、相手はフウガ。
残り36秒。中央からドリブル。ケアが遅れる。シュートかと思い吉成が釣り出される。
左サイドにパス。これもダイレでシュートかと距離をつめる。ファーに折り返される。
右サイド神尾が一人かわしてきっちりシュート。決められる。3-2(神尾)

34神尾1
35神尾2
14神尾


ファイルタイムアウト。
そしてサポーター席はブラジルの合唱。

36タイムアウト


あと36秒。守りきれ。
よく3人で1分半耐えた。
よくやった!

しかし相手はフウガ。残り1秒でも油断は禁物。
最後まできっちり。

ファイルキックオフ。
無理をせずにキープ。
フウガ厳しくプレス。

残り10秒 フウガ8番太見の落としからシュートは左へ。

安藤のクリアランスは高いボール。吉成が競るも相手のクリアランスへ。

まさに残り1秒。
新ルールではブザービートがある。
きっちり最後まで集中。

試合終了。

37タイムアップ


圧倒的なアウェイでフウガに勝利。

やってくれました。
本当にいい試合でした。



先週は一人のミスでお互いが不信感を露わにしてチームとしてのまとまりがなかった。
ベンチ外の選手もバラバラで観戦。
一体感がなかった。

自分にできることはなんだろう。
時間を作って練習を見学。
特に話すこともなにもできなかったが、サポーターの存在感。
一緒にいるということが重要だと思ったので。

そしてこのブログで呼び掛け。
選手もスタッフもサポーターもファンもファイルに関わる人達に少しでもまとまってもらいたかった。
これを読んで気持ちに応えたいと思ってくれた選手がいた。
いつもなら遠くに座る選手も、最上段とはいえ同じブロックに座ってくれた。
それだけでも書いてよかったと思う。

それはフウガの須賀監督のブログを読んで。
ブログでも闘うことができる。

試合は40分だけど、試合の前の準備。
それは選手が練習をすることだけではない。
いろいろなフェーズで闘うことはできる。
それを教えてもらった。

最高のアウェイの会場。
ひとつにまとまらざるを得ない状況が、逆によかったのかもしれない。

そして、墨田はサポーター席がベンチ裏になる。
後半はアウェイサポーター席の前にホームチームのベンチがくる。

フウガはファイルに失点するのも想定していて、失点しても落ち込まないように、
ベンチでは喜ぶ。ここを普通に喜ばせてはフウガの思いふ通りになる。
さらに被せて、得点後ひとしきり喜んだあとに、フウガベンチが盛り上がっているのを見て
「フウガベンチも喜んでくれてるよ!」とピッチの選手へ向けて叫ぶ。
伝わってるかはわからないが、フウガが盛り上がっていることも含め
とにかく流れをすべてうちへのポジティブな流れにしたかった。

タイムアウトでのブラジル。

できることはなんでもやろう。
そう思えた一週間だった。

まだまだリーグは続く。

来週は昨年度優勝のカフリンガと対戦。
場所は取手。
手賀の杜から子供達が来る可能性もある。
子供相手にも容赦はしません。

チーム一丸、盛り上げていきましょう。

私の想いに答えてくれた、選手のみなさん、スタッフのみなさん、ファイルファンのみなさん、そしてサポーターの仲間たち、
ありがとうございました。

最高の瞬間をありがとうございました。

前回のブログに書いた、

みんなで闘い
みんなで喜び
みんなで笑って帰ることができました。

38勝利
39勝利
15吉成


この結果、ファイルは3位に浮上。首位は変わらず柏。勝ち点差は3。まだまだ可能性あるね!

第1試合 カフリンガ 1- アルティスタ
第2試合 コロナ 7-2 柏
第3試合 BS 0-4 ゾット
第4試合 フウガ 3-2 ファイル

この結果、関東リーグの順位は

1位 柏イーグルスTOR’82(18・7)
2位 フウガ東京(18・7)
3位 ファイルフォックス府中(15・-1)
4位 ゾット早稲田(12・-2)
5位 カフリンガ東久留米(14・0)
6位 コロナフットボールクラブ権田(11・-6)
7位 ブラックショーツ(10・-4)
8位 アルティスタ埼玉(9・-1)
[ 2011/09/11 15:27 ] 関東リーグ | TB(-) | CM(-)

いよいよ明後日。関東リーグ第10節 フウガ東京 戦。

いよいよ明後日。
関東リーグ第10節 フウガ東京 戦。


前節権田に負けてしまい4位と順位をひとつ落としてしまったファイルフォックス。
もう負けられません。

優勝争いに踏みとどまるためにはもう勝つしかないファイル。

対戦相手は現在2位のフウガ。
勝ち点6差と、勝てばまだ優勝の可能性はあり。

3節では逆転負けをした相手。

そして墨田区総合体育館は相手のホームの体育館。

須賀監督もブログで観戦と拍手や盛り上げを呼びかけています。
完全アウェイが予想されます。

しかし応援は数ではありません。
気持ちをひとつに闘っていきたいと思います。

ベンチ入りした選手もベンチに入れなかった選手もスタッフもサポーターもファンも
チーム一丸で闘えば、ファイルは絶対に強いんです。

前節のファイルは正直気持ちが入ってういないように見えたファイルでした。
しかし、選手が勝ちたいと思ってないわけはないんです。
サポーター以上に選手は勝ちたいはずです。それは絶対に。
ただ、勝てない試合が続いて、自分たちのやり方に無意識に自信が持てず
勝ちたい気持ちが空回りして、悪循環している。

こういうときこそ、気持ちをひとつにして闘っていかなければいけません。

このブログを読んでくれているファイルを好きな方にお願いがあります。

サポーター席の近くで、ひとつに固まって観戦していただけませんか?
太鼓にあわせて拍手をしてくれるだけでも構いません。。
声をだして歌ってくれなくても構いません。

座る場所だけでもひとつになって、
ともに闘ってください。

チーム一丸となって「挑む」姿勢で、勝って笑って帰りましょう。

選手もスタッフもサポーターもファンも、
チーム一丸。
みんなで闘い、
みんなで喜び、
みんなで笑って帰りましょう!

よろしくお願いします。

フウガ東京
http://www.fuga-futsal.com/

[第13回 関東フットサルリーグ1部 第10節]
日程:9月10日(土)
会場:墨田区総合体育館(東京都墨田区)

[第1試合]
11:00 カフリンガ東久留米 vs アルティスタ埼玉
[第2試合]
12:50 コロナFC権田 vs 柏イーグルスTOR’82
[第3試合]
14:40 ブラックショーツ vs ゾット早稲田
[第4試合]
16:30 フウガ東京 vs ファイルフォックス府中

※入場無料!
※3階アリーナ席、4階スタンド席ともに室内履きは必要ありません。
※各試合でハーフタイムショーが行われます。

[ハーフタイムショー]
○第1試合、第3試合のハーフタイム
岩手県宮古市出身のミュージシャン「澤内早苗ミニライブ」

○第2試合、第4試合のハーフタイム
「パイレーツ」によるダンスパフォーマンス

[墨田区総合体育館]
東京都墨田区錦糸4-15-1 錦糸公園内
TEL 03-3623-7273
錦糸町駅より徒歩5分

墨田区総合体育館ホームページ
http://www.sumidacity-gym.com/
[ 2011/09/09 00:33 ] 関東リーグ | TB(-) | CM(-)

9/4(日) 関東フットサルリーグ1部第9節 コロナFC権田戦

9/4(日) 関東フットサルリーグ1部第9節 コロナFC権田戦


ベンチ
2伴、3平山、5北、6難波田、7望月、8高橋、10荻窪、11吉成、13安藤、15長尾、19曽根、24山下

イタリアでプレーをしていた伴がようやく選手登録。
イタリアのチームからの移籍証明書が届かないとかで、これまで教育リーグでしか活躍を見れなかった伴。
いよいよ関東リーグデビュー。

ファイル:3平山、6難波田、8高橋、11吉成、12安藤
コロナ:7朏島賢、20大場、28秋山、30矢嶋、GK21田澤

前半開始。

ファイルのペース。ボールをまわしシュートまでつなぐ。

3分。ファイル中央でカットから難波田が切り返しから右足シュート。
ゴール前で吉成が触ったかに見えたが、記録では難波田のゴール。
左下に決まってファイル先制!1-0。

勢いにのるかに見えたファイルだが、
権田はアグレッシブに前プレ。
この前プレにファイルが押し込まれる。

先制点から1分後。
ファイルってこんなに前プレ回避下手だったっけってくらいバタついている。
コースを限定されてゴール前で横パス。何度も危うい場面だが、ファイルはつなぐことを選択。
それが更にコースを限定されて追い込まれていく。
苦し紛れにだした横パスが弱い。
ゴール前でインターセプト。というかダイレクトで山村が強シュート。
これが決まって1-1の同点。

権田がすかさず追いつく。

ファイルが追加点を狙い、何度となく権田ゴールまで迫るが最後がなかなか合わない。
権田は前プレがはまりファイルにペース渡さない。

8分。権田の攻めに戻りきれずになんとかクリア。集中がきれている。
大場がキックイン。矢島が体で押し込んでゴール。権田逆転。

どうしたんだファイル。
守備の集中ができていない。
切り替えが遅い。

前プレで思うようなプレーができない。
味方のミスで失点。
審判の基準があいまい。
こんなことの積み重ねでイライラが募ってきているのか。
ピッチの中の雰囲気が悪い。

ファイルはディフェンスのチーム。
ディフェンスで連携して守って、吼えて、それでリズムを作りひとつになっていく。

それがまったくできていない。

そしてサポーターもその状況を、その空気を変えることができない。

11分。またしても前プレからボールを奪われる。取られ方がよくない。
ショートカウンターでつながれて朏島(慎)のシュートが決まり1-3。

長尾が、曽根が、高橋が、望月が、吉成がチャンスを作るも後一歩が届かない。

前半残り15秒。権田痛恨のファールで第2PK。
前半に1点取れれば、後半へ弾みがつく。
最高の時間帯の第2PK。

吉成が蹴るがボールは枠の上。

このまま前半終了。

後半開始。
今日のファイルも円陣はなし。
チームが一つになるために重要な儀式だと思うのは俺だけだろうか。

後半2分。
ピッチ中央で難波田が奪い縦にピヴォ当て。
ペナルティエリアでDFを背負って受けた吉成が反転シュート。
決まって2-3!

両チーム激しいプレー。ファールがたまる。後半10分で権田5ファール。
そしてたまってからはファールの基準があいまいになる…。

相変わらず権田の前プレに苦戦するファイル。

後半10分。前掛かりになって攻めるファイル。
ゴール前までいくもまたしても権田に奪われる。
権田ゴレイロ田澤のロングフィード。
ファイル第2PKよりもセンター寄りに落ちる。
裏へ抜け出した斎藤と飛び出した安藤が競るも、
一瞬早く落下点に入った齋藤がヘディング。
これが決まり2-4。
再び2点差。

すぐさま荻窪をゴレイロにパワープレー。

残り9分であるが、優勝戦線に残るためには負けられない。
その気持ちは分かるのだが、選手にその気迫が感じられない…。
気持ちがあるのは知っているのだが、どうも気持ちと体が一致しないみたいだ。
さらには1人1人が勝ちたいと思うだけでは勝てない。
フットサルは1人ではできない。
勝ちたいと思う気持ちと、勝ちたいと思う気持ちが化学反応を起こしてこそ
実力以上の力がでるのだと思う。
今日のファイルは上手く勝ちたい気持ちを表現できていない。

9分も時間があるのに焦って攻めるファイル。
パワープレーはボールを奪われてはいけない。
落ち着いて回して相手のディフェンスをずらさないと…。
シュートまでいくがキャッチされる。

荻窪の切り替えが遅い。
相手ゴレイロのパントキック。
運よく枠を外れたが、パワープレーのゴレイロがDFを忘れてるようではいけない…。

そしてファイルも5ファール。
両チームとも5ファールに。

しかし両チーム激しいプレーになるも笛はならない。

残り6分。
荻窪に変えて吉成をゴレイロにパワープレー。

チャンスはつくるものの、リスクもたくさん。

残り1分38秒。パワープレー返しで秋山が無人のゴールへ流し込んで5-2。

残り1分15秒。長尾のミドルシュートで3-5。
サポ席と反対側のゴールで、誰も喜ばないから入ってないかと思うくらい。
ファイルらしいとは思う。
残り1分で2点差。喜んでる場合ではない。
でも喜ぶことも大事ではないかとも思う。
少なくともベンチや、サポ席にいる選手は喜んで盛り上げてもいいのではないか。
最後まで諦めない。その姿がかっこ悪いことはない。
いや、かっこいいとか悪いとか、どうでもよくないか?
泥臭くても勝ちにこだわりたいと言ってなかったか?

本当になにが正解かはわからない。
サポーターってなんなんだろう。

そうも思う。

残り40秒。
権田の第2PK。
安藤がしっかり防ぐ!

このまま、試合終了かと思われた残り5秒。

パワープレーのゴレイロ吉成からのクリアランス。
時間を見て吉成はボールを前へ転がし自らドリブル。
相手陣内に入ったところでタイムアップ。

当然、クリアランスから再開されたボールは相手チームの選手が触らない限りゴレイロが触ってはならずファール。

しかし流して終了したのかと会場中の誰もが思ったのだが、一瞬の間があり時計が3秒に戻される。

そして間接フリーキックで試合再開。
権田も無理をせずキッカー以外は自陣。
ファイル防ぐもこのままタイムアップ。

最後まで審判はあいまい。

両チームに対してなので悪意はないと思う。

自分も今日の太鼓は最悪。
何度もバチを落としてしまうわ、左手のリズムが全然だめだし。
審判のミスも選手のミスにも文句は言えない。

本当に栃木までなにしに行ったのか。
もっとチームの勝利のためにサポートできることはあるのだと思う。

応援する者は応援される者より強くなければならない。
もっともっと強くならなければ。

次節は墨田でフウガとの対戦。
選手だけでなくサポーターにも準備することがあるはず。
ここで勝たないと本当に優勝が遠くなる。
がんばりましょう!


第1試合 ファイル 3-5 コロナ
第2試合 ゾット 3-2 アルティスタ
第3試合 柏 1-1 フウガ
第4試合 BS 2-4 カフリンガ

この結果、関東リーグの順位は

1位 柏イーグルスTOR’82(18・12)
2位 フウガ東京(18・8)
3位 カフリンガ東久留米(13・0)
4位 ファイルフォックス府中(12・-2)
5位 ゾット早稲田(12・-6)
6位 ブラックショーツ(10・0)
7位 アルティスタ埼玉(8・-1)
8位 コロナフットボールクラブ権田(8・-11)

[ 2011/09/05 16:30 ] 関東リーグ | TB(-) | CM(-)

いよいよ明日。 関東リーグ第9節 コロナFC権田 戦。

いよいよ明日。
関東リーグ第9節 コロナFC権田 戦。


ここ3試合連続引き分け。
首位の柏、2位のフウガが勝利。
4位のカフリンガが敗戦のため、
順位変わらず3位のファイルフォックス府中。

優勝争いに踏みとどまるためにはもう勝つしかないファイル。

対戦相手は権田。
2節では大量得点で勝利した相手。
現在、1勝2分5敗と最下位の権田。
しかしながらフウガに引き分け、カフリンガに勝利と、
侮れない存在。

明日も「挑む」姿勢で、勝ちきって欲しいものです。



コロナFC権田
http://gonda.syncl.jp/

[第13回 関東フットサルリーグ1部 第9節]
日程:9月4日(日)
会場:栃木県立県南体育館(栃木県小山市)

[第1試合]
11:00 ファイルフォックス府中 vs コロナFC権田
[第2試合]
12:50 ゾット早稲田 vs アルティスタ埼玉
[第3試合]
14:40 柏イーグルスTOR’82 vs フウガ東京
[第4試合]
16:30 ブラックショーツ vs カフリンガ東久留米

※入場無料!
※室内履きが必要です。
[栃木県立県南体育館]
栃木県小山市外城371番地1
TEL 0285-21-0021
http://www.pref.tochigi.lg.jp/m07/education/sports/shisetsu/kennantaiikukan.html

<アクセス>

■バス
JR小山駅西口から小山市コミュニティバス(愛称:おーバス)で10分(「温水プール館前」停留所下車)
http://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/kotsu/bus/index.html

間々田線時刻表
http://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/kotsu/bus/rosenbetsujikoku.files/pdf-000.pdf

生井線時刻表
http://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/kotsu/bus/rosenbetsujikoku.files/excel-002.doc

■タクシー
JR小山駅西口からタクシーで10分

栃木県小山市で呼べるタクシー会社
http://www.taxisite.com/cal/addrbook/9/208/1.aspx

関東タクシー株式会社 - 配車室TEL:0285278181
栃木県小山市駅南町4-23-4
タクシー車両数:24台

栃南タクシー有限会社 - 配車室TEL:0120390760
栃木県小山市城山町3-14-19
タクシー車両数:25台

小山合同タクシー株式会社 - 配車室TEL:0120455885
栃木県小山市城山町3-14-25
タクシー車両数:46台

羽川タクシー有限会社 - 配車室TEL:0120241937
栃木県小山市大字羽川164-1
タクシー車両数:18台

富士交通株式会社 - 配車室TEL:0285232211
栃木県小山市大字大行寺995-39
タクシー車両数:16台

小山観晃タクシー株式会社 - 配車室TEL:0120455885
栃木県小山市立木1471-1
タクシー車両数:11台

[ 2011/09/03 23:50 ] 関東リーグ | TB(-) | CM(-)
 
       >    
順位 チーム 勝ち点 得失点 試合数
1 FIREFOX 26 +29 12
2 BlackShorts 23 +11 12
3 ZOTT 21 +3 12
4 LIGARE 19 0 13
5 CAFURINGA 19 +7 12
6 柏TOR 18 -7 13
7 浦安セグンド 17 -3 12
8 FCmm 16 -5 13
9 NOVO MENTE 1 -35 13
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。